海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

ケヴィン・スペイシー、14歳の子役へ性的関係迫った過去を明かされ謝罪、同時にゲイをカミングアウトし非難殺到

2017年10月31日
(左から)ケヴィン・スペイシー、アンソニー・ラップ(左から)ケヴィン・スペイシー、アンソニー・ラップ
WENN.com
大物映画プロデューサー ハーヴェイ・ワインスタインが、何十年にもわたり女優や女性スタッフへ性的嫌がらせを繰り返してきたことが明らかとなり、ハリウッドでは大きな波紋を呼んでいる。そんななか、オスカー俳優ケヴィン・スペイシーが約30年前、当時14歳だった俳優アンソニー・ラップに対しセクハラ行為を行ったと、ラップ本人が米Buzfeedとのインタビューの中で告白した。

「スター・トレック:ディスカバリー」や映画「RENT/レント」への出演で知られるアンソニー・ラップは、自身が14歳の時、当時26歳だったケヴィン・スペイシーのアパートで行われたパーティーに招かれたという。スペイシーはラップを抱きかかえ、ベッドに連れ込み、ラップの上に乗ってきたというのだ。ラップはスペイシーが「性的関係を持とうとしていた」と、その時のことを振り返る。何とかスペイシーから逃れ、帰宅したラップ。「今になっても、その時の出来事を色々と理解することができない」と説明している。

このインタビューを受け、スペイシー本人が自身のツイッターに声明文を発表。ラップが告発した出来事について「30年以上も前のことで、正直なところ、そのことを全く覚えていません。しかし、彼が話しているような振る舞いを行っていたとしたら、心から謝罪をしなくてはいけません。当時、酔っていたことでそんな振る舞いをしてしまったのかもしれない」と書いている。

謝罪に加え、スペイシーはこれまで口を閉ざしていた自身の性的指向についても言及。「今まで男性とも女性とも付き合ってきました。男性を愛し、ロマンチックな関係も重ねてきました。そして、今はゲイの男性として生活することを選びます。このことについて、正直に、そして隠し立てすることなく向き合っていきます。そのために、自身の行動を見つめたいと思います」と続け、自身がゲイであるとカミングアウトした。

しかし、酔ったうえでの軽率な行為だったと謝罪し、今回の告発とは関係のないカミングアウトを謝罪声明のなかで行ったスペイシーに対し、世間からは反発の声が数多く挙がっている。
 
セクハラ疑惑の大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが米アカデミーから追放(2017年10月16日)
複数の女性従業員や女優に、数十年に渡りセクハラ行為をしたと報道が出たハリウッドの超大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン氏がアカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(AMPAS)から追放さ...
カーラ・デルヴィーニュ、セクハラ報道で解雇された大物プロデューサーから女性とのキスを強要されていたことを明かす(2017年10月12日)
女優のカーラ・デルヴィーニュ(25)が、セクハラ行為で解雇されたプロデューサー ハーヴェイ・ワインスタイン氏から受けたセクハラ被害について明かした。 複数の女優や女性従業員に度重なるセクハラ行為を長...
ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインがセクハラ報道で自身の会社から解雇(2017年10月11日)
米ハリウッドの代表的な大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン氏(65)が、複数の女優や女性従業員に度重なるセクハラ行為を長年続けたとし、自身が共同設立した会社から解雇された。 ハーヴェイ・ワ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ