海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

レア・セドゥ、「007」最新作にボンドガールとして再登板! レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスも続投決定

2018年12月10日
レア・セドゥレア・セドゥ
WENN.com
スパイ映画の金字塔「007」の最新作「Bond 25(原題)」に、レア・セドゥ(33)が再びボンドガールとして出演することが決定した。

DailyMailは、ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグの希望により、前作「007 スペクター」(2015)に引き続き、レア・セドゥがヒロイン役で新作に出演することが決定したと報道。マドレーヌ・スワン役を続投することとなった。

同メディアは合わせて、レイフ・ファインズ(M役)、ベン・ウィショー(Q役)、ナオミ・ハリス(ミス・マネーペニー役)ら、シリーズレギュラー陣も、同じ役柄で新作に出演すると報道。フクナガ監督は「世界最高の俳優がそろっているんだから、復帰させないなんて手はないよ」と語っている。

しかしその一方で、2008年公開作「007 慰めの報酬」以来、ビル・タナー役でシリーズに出演を続けるロリー・キニアは、ダニー・ボイルの降板騒動に伴い、自身の出演について「不確定。脚本ができ次第わかるだろう」であると述べていた。

本作は当初、ダニー・ボイルが監督として決定していたが、今年8月、制作面での食い違いを理由に、脚本家とともに降板。代打として、キャリー・フクナガ監督が、アメリカ人として初めてシリーズを率いることが決定した。

「007」シリーズ25作目となる「Bond 25」は、2019年3月に撮影をスタート、2020年2月の公開が予定されている。
 
「007」新監督にキャリー・フクナガ監督が抜擢! イケメンすぎて起きた勘違いとは・・?(2018年9月21日)
先月、映画「007」シリーズの最新作よりダニー・ボイル監督(61)が降板したことが話題になったが、新しい監督としてキャリー・フクナガ(41)が就任した。映画の公式ツイッターで発表された。 フクナガ監...
「ワンダーウーマン」サイード・タグマウイ、「007」次回作に悪役として内定していた! ところが監督降板で、先行き不安定に(2018年9月11日)
映画「ワンダーウーマン」に、サミーア役で出演したサイード・タグマウイ(45)が、「007」シリーズ次回作に、敵役として出演する予定だったことが明らかになった。 フランス出身、元ボクサーという経歴を持...
「007」ダニー・ボイル監督降板は、「ジェームズ・ボンドの死」を希望するダニエル・クレイグらとの対立が原因か?(2018年8月28日)
映画「007」シリーズの最新作より、ダニー・ボイル監督(61)が降りた理由は、「ジェームズ・ボンドの死」をめぐる対立が原因だった? 映画「007」シリーズ第25作「Bond 25(原題)」の監督に決...
「007」シリーズ最新作、ダニー・ボイル監督に続いて脚本家も降板発表! 降板理由と、後任のウワサが話題の中心に(2018年8月23日)
スパイ映画の金字塔「007」シリーズの最新作「Bond 25(原題)」より、ダニー・ボイル監督(61)に続いて、脚本家の降板が発表された。 イアン・フレミングの小説を原作に、1962年から“世界一有...
「007」シリーズ最新作から、ダニー・ボイル監督が降板(2018年8月22日)
“世界一有名なスパイ”ジェームズ・ボンドの活躍を描く「007」シリーズの、記念すべき25作目に暗雲が。ダニー・ボイル(61)が監督を降りると発表した。 1962年からスタートした「007」シリーズに...