海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「第一容疑者」リメイクが13話で放送終了

2011年11月16日
今秋より放送がスタートした、英国ドラマ「第一容疑者」のリメイク版新ドラマ「Prime Suspect」が13話で放送終了する見通しとなった。

「Prime Suspect」は、男社会の中で豪腕を発揮していくタフな女性警部ジェーン・テニスンの活躍を描くミステリー・ドラマ。英国ドラマ「第一容疑者」(原題:Prime Suspect」)の米国版リメイクで、米NBCにて9月22日より放送スタートした。

しかし、放送開始時から視聴率は伸び悩み、その後も視聴率が改善することはなく、放送終了の決断が下されたようだ。

英国版オリジナルの「第一容疑者」は、世界中で放映され高い評価を獲得。1991年から2006年までに7シリーズが制作され、主演のヘレン・ミレンは同ドラマでエミー賞を3度も受賞した。しかし、残念ながら、米国版リメイクはそのブランドの恩恵にあずかることなく、わずか数ヶ月で終了することとなった。

この他にも、米国では今シーズン、往年の人気ドラマ「ワンダーウーマン」、「チャーリーズ・エンジェルズ」のリメイク・ドラマが企画されたが、「ワンダーウーマン」はパイロット(第1話)が制作されたものの結局放送には至らなかった。「チャーリーズ・エンジェルズ」は放送ははじまったものの4話を放送した時点で打ち切りが決定した。

これらの例を見るに人気作品のリメイクを成功させることは非常に難しいようだが、一方で、昨年スタートし現在シーズン2に突入している「HAWAII FIVE-0」(「ハワイ5-0」のリメイク)のような例外もある。

「Prime Suspect」の後に放送されるのは、トム・クルーズ主演映画「ザ・ファーム」のTVリメイクドラマ「The Firm」になるという。果たしてこちらは成功するだろうか?
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
English