海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

「CSI:12 科学捜査班」WOWOWで4月20日~WOWOWで放送スタート! 「ダメージ」テッド・ダンソンが新しいボスに

2013年2月6日
(c)2013 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved
■CSI:12 科学捜査班

4月20日(土)スタート(全22話)[第1話無料放送]
  毎週月曜 夜10:00[二]
  毎週土曜 午前11:00[字]

最新の科学技術を駆使し、凶悪事件に挑むラスベガス警察CSIを描いた、大ヒット犯罪捜査ドラマ。第12シーズンからは『スリーメン&ベビー』のテッド・ダンソンが登場

最新の科学技術を駆使し、難事件に挑むラスベガス警察CSIを描く全米大ヒット犯罪捜査ドラマが、ついに第12シーズンへ(全米ではCBSネットワークで2011年9月~2012年5月に放送)。

全米でも大きな話題になったのは、CSIに新たに2人のメンバーが加わること。1人は、前シーズンを最後にCSIを去ったラングストン(ローレンス・フィッシュバーン)に代わって登場し、CSI夜間シフトの主任になるD・B・ラッセル(『スリーメン&ベビー』やTV「ダメージ」のT・ダンソン)。また、第14話からはジュリー・フィンレイ(『カクテル』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』第2・3作などの映画で知られるエリザベス・シュー)が登場。また、エクリー(マーク・ヴァン)の娘で、前シーズンから登場しているモーガン(TV「ポイントプレザントの悪夢」のエリザベス・ハーノイス)もレギュラーに格上げ。リフレッシュした空気の中、面白さはさらにパワーアップしている。

<ストーリー>
ギャンブルの町として有名な“不夜城”ラスベガス。そこにある警察のCSI(科学捜査班)は全米最高レベルの科学捜査技術を使い、難事件の数々に挑む。前シーズン最後、連続殺人犯ハスケルを死に至らしめた問題の影響で、ラングストン捜査官はCSIを去る。代わって、科学捜査に関して独自の考えを持つラッセルがCSI夜間シフト主任になるが、これまでの主任キャサリン(M・ヘルゲンバーガー)は降格し、彼女を支持するメンバーと関係を築けるのか。ラスベガスでは、若者の顔と老いた体をあわせ持つ遺体が見つかった事件、遺体が材料のアートが作られた事件、新捜査官モーガンが乗ったヘリが失踪した事件などの怪事件が次々と発生する。

製作総指揮:ジェリー・ブラッカイマー
出演:
テッド・ダンソン(D・B・ラッセル役/声:樋浦勉)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ役/声:高島雅羅)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス役/声:家中宏)
エリック・スマンダ(グレッグ・サンダース役/声:村治学)

<関連番組>
「WOWOW 春の無料放送(仮)」にて第1話を先行無料放送 3月2日(土)午前10:30
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ