海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

マーク・ロンソン、ブルーノ・マーズ監督&出演の最新MV「フィール・ライト」が公開1週間で視聴回数230万を突破

2015年5月21日
マーク・ロンソンマーク・ロンソン
最新アルバム「アップタウン・スペシャル」からのファースト・シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が全米シングル・チャート14週連続で1位を獲得、全米チャート史上過去2番目に長いロングヒットを記録し、ここ日本でもUSEN最新洋楽チャートが7週連続で1位を獲得するなど今年最長の大ヒットを記録しているマーク・ロンソン。

全世界のチャートを席巻した大ヒット・シングルに続く待望の最新シングル「フィール・ライト feat. ミスティカル」のMVが先日解禁され、公開からわずか1週間でYouTube視聴回数230万回以上を突破している。

【動画】「フィール・ライト feat. ミスティカル」MV


この映像は学校で地味なタイプの男の子がステージに立ち、ラップすることでスーパースターのような輝きを放つというもので、監督はファースト・シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」同様ブルーノ・マーズが務めているほか、ブルーノのMV(「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」「トレジャー」「ゴリラ」他)を多数手がけているキャメロン・ダディも監督を務めており、映像の最後にはマーク・ロンソン、ブルーノ・マーズ、ミスティカルがカメオ出演している。

マーク・ロンソンはこのニュー・シングルについて「僕が手掛けた楽曲のなかでも特に好きな曲のひとつ」と語っており、彼がこのアルバムをレコーディングする前にアメリカ南部へ音楽の旅をしたときにインスパイアされたサウンドが詰まっている。

マーク・ロンソンは故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め、2008年のグラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」を受賞。ブルーノ・マーズの全世界大ヒット・シングル「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」をプロデュースしているほか、アデル、ポール・マッカートニーなど多くのアーティストのプロデュースを行っており、「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」は自身にとってもブルーノ・マーズにとっても初となる全米シングル・チャート14週連続1位という快挙を成し遂げたばかり。マーク・ロンソンはこの夏世界中のフェスティバルにDJセットで出演予定だ。

【動画】「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」日本語訳入りMV



■ リリース情報

最新アルバム「アップタウン・スペシャル」
Now On Sale スペシャルプライス 2,200円+税

★iTunesリンクはこちら
(※iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。)


■ バイオグラフィー

ロンドン生まれ、NY育ち。義理の父はフォーリナーのミック・ジョーンズ、母はフリーランス・ライター、そしてロンドン/NY社交界の実力者という華やかな家庭環境に育ったマーク。妹のサマンサはDJ、シャーロットは人気ブランド「charlotte ronson」を主宰する若手デザイナーとしてそれぞれ活躍している。8歳の時に母親の再婚がきっかけで家族はNYに移住。幼い頃はステレオのスピーカー前に陣取ってエア・ドラムごっこをするのが大好きだった、というマークの音楽的好奇心は世界最大級の音楽都市=NYに身を置くことによってますます高まることに。

高校入学当初はバンドを結成、ギタリストとして活躍していたが、16歳頃に当時全盛を極めたNYヒップ・ホップやウェッサイの名曲の数々に強い衝撃を受けてDJ活動をスタート、やがてヒップ・ホップDJを志すようになった。

大学に進学する頃には人気クラブにレギュラーDJとして出演するまでに急成長、国際色豊かでクリエイティブなバックグラウンドならではの音楽的引き出しの多さとユニークなDJセンスを買われて、P.ディディといったローカル・セレブリティのプライベート・パーティでもひっぱりだこに。NYクラブ・シーンを代表する人気DJとしてその名を馳せるようになった。

その後も大物アーティストのワールド・ツアーに同行するなどトップ・クラスのDJとして大活躍する一方、プロデューサー業も本格化。91年に女性シンガー、ニッカ・コスタのアルバム「Everybody Got Their Something」のプロデュースに携わったことをきっかけにElektraレーベルとアーティスト契約。

2003年に1stアルバム「Here Comes the Fuzz」でワールドワイド・デビューを飾った。アルバムにはモス・デフ、Q-ティップ、ゴーストフェイス・キラー、ネイト・ドッグからショーン・ポール、WEEZERのヴォーカル=リヴァース・クオモまで多彩なゲストをフィーチャー。シングル「Ooh Wee feat. Ghostface Killah and Nate Dogg」がスマッシュ・ヒットとなった。

プロデューサー/ソングライターとしての才能を見込まれ、2004年にはJ Recordsと共同で自身名義のレーベル=Allido Recordsを設立。2006年には第一弾アーティストとしてカニエ・ウェスト「Jesus Walks」への参加でも知られる実力派リリシスト=ライムフェストと契約、デビュー・アルバム「Blue Collar」が発表。

その後故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め2008年グラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」を受賞。2ndアルバム「アンオーソドックス・ジュークボックス」で第56回グラミー賞「最優秀男性ポップ・ヴォーカル・アルバム」を受賞したブルーノ・マーズの全米No.1ヒット「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」をプロデュース。

今年発売したニュー・アルバム「アップタウン・スペシャル」からのファースト・シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」は全米シングル・チャート14週連続で1位を獲得、ビルボード史上過去2番目に長いロングヒットを記録している。

オフィシャルサイト
//www.sonymusic.co.jp/artist/MarkRonson/
 
「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」大ヒット中のマーク・ロンソンがDJイベント開催! “再来日宣言”に600人のファンが歓喜(2015年3月25日)
最新シングル「アップタウン・ファンクfeat.ブルーノ・マーズ」が全米シングル・チャート11週連続で首位独走中の、グラミー賞受賞のDJ兼プロデューサー マーク・ロンソンが、最新アルバム「アップタウン・...
マーク・ロンソン、ブルーノ・マーズを迎えた最新シングル「アップタウン・ファンク」が全米シングル・チャート1位を獲得! ブルーノは同曲でヴォーカルの他ドラムも担当(2015年1月9日)
故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め、2008年のグラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」を受賞した天才DJ兼プロデューサー=マーク・ロンソン。世界的スーパー・スター=...
ブルーノ・マーズも参加! グラミー受賞マーク・ロンソンの新曲「アップタウン・ファンク」MV解禁! 息ピッタリの2人にご注目(2014年11月21日)
故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め、2008年のグラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」を受賞した天才DJ兼プロデューサー=マーク・ロンソン。 過去にQティップやカ...
グラミー受賞の天才DJマーク・ロンソン、ブルーノ・マーズとコラボした新曲を緊急発表! 新アルバムも2015年初頭にリリース決定(2014年11月11日)
故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め、2008年のグラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」を受賞した天才DJ、マーク・ロンソン。過去にQティップやカサビアン、ロビー・ウ...
全米No.1を独走中「アップタウン・ファンク」のマーク・ロンソン来日インタビュー! ブルーノ・マーズとのコラボが実現した経緯とは・・?(2015年3月27日)
シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が、全米チャートでトップをひた走る中、同曲を世に送り出した、DJ兼プロデューサーのマーク・ロンソン(39)が来日。 ロンドンで生まれ、...
全米No.1を独走中「アップタウン・ファンク」のマーク・ロンソン来日インタビュー動画公開! MVでお気に入りの場面は?(2015年3月31日)
シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が世界中で大ヒットを記録している、DJ兼プロデューサーのマーク・ロンソンに単独インタビューを実施。 ロンドンで生まれ、ニューヨーク...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ