海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

窪塚洋介、ハリウッドデビュー作「沈黙-サイレンス-」をユーモア交え、堂々PR

2017年1月13日
窪塚洋介窪塚洋介
(C)TVGroove.com
巨匠マーティン・スコセッシが、遠藤周作の名著「沈黙」(新潮文庫刊)と出会ってから28年。ついに映画化された「沈黙-サイレンス-」が、1月21日(土)より、全国ロードショーとなる。日本公開を間近に控えた1月12日(木)、日本外国特派員協会にて記者会見が行われ、同作に出演した浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形が登壇した。

「沈黙-サイレンス-」は、江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師フェレイラ(演:リーアム・ニーソン)の真実を確かめるために日本へと渡った宣教師ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)の目に映った、≪想像を絶する≫日本を、壮大な映像で描いた歴史大作。本年度のアカデミー賞において最有力候補と目されている作品だ。

12日に実施された記者会見には、主人公ロドリゴに棄教を迫る通辞(通訳)役の浅野忠信、物語の重要なカギを握るキチジロー役をオーディションで勝ち取りハリウッドデビューを飾った窪塚洋介、キリシタン弾圧を図る井上筑後守を演じ、LA批判家協会賞《助演男優賞》次点となったイッセー尾形が登壇。本作の魅力や、自身の役柄、スコセッシ監督について語ってくれた。

浅野忠信浅野忠信
(C)TVGroove.com


登壇早々、「英語があまりできないのに、通訳を演じました」と自虐を交えあいさつした浅野。それに続く形で、劇中で何度も“踏み絵”を踏むキチジローを演じた窪塚が「僕は“踏み絵マスター”です」とジョークを飛ばすと、会場は大爆笑。和やかなムードの中、会見がスタートした。

1966年に出版、1969年に英訳されて以来、世界各地でさまざまな言語による翻訳版が登場し、“20世紀最高峰の小説の一つ”とも言われている「沈黙」。若い頃に読破を試みるも挫折してしまったというイッセーは、同作の映画版に出演するにあたり、今一度自身が演じる“井上”を中心に読み直したそう。しかしながら、「一番心惹かれるキャラクターはキチジロー」だったという。

一番自分に近いキャラクターもキチジローであると話したイッセーだが、自身の演じた役柄についても言及。「小説の中だけではわからなかった“井上”をスコセッシ監督は想像の限りを尽くして描いてくれた。なので、とても自由に演じることができました」と、井上を演じきれたのは、ひとえにスコセッシ監督のおかげであることを明かした。

イッセー尾形イッセー尾形
(C)TVGroove.com


キチジローを演じた当の窪塚は、同キャラクターについて「原作にもありますが、(キチジローは)弱きもので、醜くて、ズルくて、汚くて、弱い役」「僕自身のキャラクターとキチジローという役の間にあったキーワードは“イノセントさ”だったのかなと今思います」と分析。また、「この映画が持っている力を世界中の人々に見てもらいたい」「この映画の力で、より良い明日が来ることを願っているし、信じている」と、本作を力強くPRした。

そんな窪塚は、スコセッシ監督について「現場では王様みたいなんですが、その場にいてくれるだけで演技がしやすくなる。(…)自分がすばらしい役者になったような気分にさせてくれる」と絶賛。さらに、監督との交流について「(スコセッシ)監督に『ニューヨークに来たら、家においでよ』と2回も言っていただいたので、この間NYに行ったときに、(監督の)マネージャーにメールしたらそれはスルーされてしまいました」とオチをつけ話すと、会場は再び笑いに包まれた。

一方「スコセッシ監督と出会えたことで成長できた」と話した浅野は、本作について「アカデミー賞には選ばれると思います!」とニンマリ。「もしこれで選ばれていないなんてことがあるとすれば、“神様”が審査員に余計なことを喋ったのだと思います」とユーモラスな回答をした浅野だが、その表情からは自信のほどが窺い知れた。

(C)TVGroove.com(C)TVGroove.com


「沈黙-サイレンス-」は、1月21日(土)より全国ロードショー。

【動画】「沈黙-サイレンス-」予告編 (60秒)


【動画】「沈黙-サイレンス-」予告編 (30秒)


■作品情報

「沈黙-サイレンス-」
2017年1月21日(土) 全国ロードショー

≪ストーリー≫
17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。
日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。
次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―

監督:マーティン・スコセッシ 

脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ

出演:アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー 窪塚洋介 浅野忠信 イッセー尾形 塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシほか

配給:KADOKAWA

公式サイト: //chinmoku.jp/

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
 
巨匠マーティン・スコセッシが、遠藤周作の「沈黙」に魅了され続けた理由とは・・?(2017年1月11日)
マーティン・スコセッシが遠藤周作の名著「沈黙」と出会ってから28年、監督としての...
マーティン・スコセッシ監督最新作「沈黙-サイレンス-」の日本版ポスターが完成&特報も同時解禁(2016年12月15日)
刊行から50年、遠藤周作没後20年の2016年。世界の映画人たちに尊敬され、アカ...
巨匠マーティン・スコセッシが、アンドリュー・ガーフィールドを飛躍させる! 難役に挑んだ若き俳優にオスカーは微笑むのか!?(2016年11月16日)
2007年のロバート・レッドフォード監督作品「大いなる陰謀」で映画デビューを飾っ...
マーティン・スコセッシ監督作「沈黙−サイレンス−」に、青木崇高、EXLIE AKIRAが出演! 日本人キャスト情報が一挙解禁(2016年12月9日)
刊行から50年、遠藤周作没後20年の2016年。世界の映画人たちに最も尊敬され、...
「沈黙-サイレンス-」アメリカ版予告映像、ついに解禁! 若き宣教師が目にした“想像を絶する日本”とは・・?(2016年11月28日)
戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫刊)を、「タクシード...
構想28年! 映画「沈黙-サイレンス-」が完成間近! 巨匠マーティン・スコセッシが本作に込めた想いとは・・?(2016年11月17日)
戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫刊)を、「タクシード...
マーティン・スコセッシ監督来日! 日本を舞台に描く渾身の一作「沈黙ーサイレンスー」公開が2017年1月21日に決定(2016年10月28日)
アメリカ映画界の巨匠、マーティン・スコセッシ監督が来日。日本を舞台に描く最新作「...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
English
  • Englishニュースはありません。