海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

ニール・ゲイマン×ブライアン・フラーの新作ドラマ「アメリカン・ゴッズ」新鋭ブルース・ラングレーにインタビュー! 「役を得た時は副業の最中だったんだ」

2017年6月5日
ブルース・ラングレーブルース・ラングレー
ⓒ2017 Amazon.com Inc., or its affiliates
2001年に発表されたニール・ゲイマンによる人気小説「アメリカン・ゴッズ」。遥か昔、世界中から新世界アメリカにわたってきた旧神々たちと、現代文明から生まれた新しい神々の戦いを描く本作は、世界中で多くのファンを獲得した。それが「ハンニバル」のブライアン・フラーによってついに映像化。TVグルーヴは、同作に出演するブルース・ラングレーを直撃した。

5月1日よりAmazonプライム・ビデオにて配信中の「アメリカン・ゴッズ」。主人公シャドウ・ムーンは、ミスター・ウェンズデイと名乗る男のもとで用心棒の職を得るが、やがて自分が不思議な世界の中心にいることを知る。魔力が存在するその隠された世界では、古き神々が、人々の彼らへの無関心と新しき神々の台頭に恐れを抱いていた。ミスター・ウェンズデイは、失われた栄光を取り戻すべく軍隊を作ろうとしていたのだ。

現代人のテクノロジーを信仰する気持ちから生まれた新しき神=テクニカル・ボーイを演じるのは、イギリス出身の俳優ブルース・ラングレー。主に舞台を中心に活躍してきた彼だが、ドラマシリーズへの出演は本作が初めて。初の大役をゲットした時の感想はもちろん、オーディションの裏話や“神”を演じるにあたっての準備などについて語ってもらったほか、日本の視聴者へのコメントを頂いた。


Q. オーディションからキャスティングされるまでの過程を教えて下さい。出演が決まった時のお気持ちは?

ブルース:最初のシーンは、オーディションで演じたシーンなんだ。オーディションに行く前に同じシーンを20回以上録画したよ。「役をゲットしたぞ!」ってマネージャーから電話があったとき、僕は週末の副業で子供のパーティを開いていて、スーツケースはジェダイのローブやスクービー・ドゥーの着ぐるみでいっぱいだったんだ。

子供のパーティを開いていた頃の写真



Q. テクニカル・ボーイは現代社会が生み出した新しい神です。簡単にご自身のキャラクターについて教えて頂けますか?

ブルース:テクニカル・ボーイは新しい神々の一人で、とても若くパワフルなんだ。作中で期待してほしい点は、彼は急にやってきて誰かの一日を台無しにしてしまうような奴だということ。彼は自分のやりたいように生きている。彼に関わる人は歩兵のように使われるか、もっと適切に言うと、彼の能力に使われるアルゴリズムに組み込まれるコードとして利用されるんだ。


Q. 古き神々と違い、役作りには幅はあるように思いますが、自分なりのテクニカル・ボーイをどのように築き上げていったのでしょうか?原作者のニール・ゲイマンさんからご自身のキャラクターについてアドバイスを受けたりしたのでしょうか?

ブルース:僕にとって、役作りはキャラクターが見る世界を、自分も同じフィルターを通して見ることから始まる。キャラクターについて長い質問リストを作って、それを見ながらキャラクターがどのように考え感じるのかを探るんだ。基本的に、僕がリサーチしたことの多くは先端技術に関するもので、それらが社会と神経化学、そして脳にどのように影響を与えるかについてだった。例えばニコラス・カーの「The Shallows」という本ではテクノロジーとインターネットの習慣的な使用が、脳の物理的構造をどう変えているかについて書かれているんだ。


Q. 第1話の登場シーンは、オーディションで演じたシーンだったそうですね。撮影の裏話などあれば教えて下さい。

ブルース:最初の長い撮影日は、僕のオーディションでのシーンだった。何回も練習したシーンだけれど、ちゃんとコスチュームを着て、豪華なセットの中、カメラも風景もリムジンも全て動いていてとても複雑なショットだったんだ。一番初めは、カメラが僕の右目の3センチ手前までズームしてくるカットだったんだけど、最高のスタートだったね!あと、リッキー・ウィトルと一緒に仕事ができて本当に楽しかった。彼は最高だよ! 

リッキー・ウィトルとの写真をインスタグラムにアップ



Q. テクニカル・ボーイ役の好きな点は?

ブルース:いっぱいあるよ!多くの人が、彼が手に負えないからとすぐ離れていくんだ。確かにある程度それは事実かもしれないけど、いい面も悪い面も含め、彼は僕たちと現在のテクノロジーとの関係を象徴する存在だという点を強調したいね。


Q. 数々のヒット作を手がけてきたブライアン・フラーさんとの仕事はいかがでしたか?

ブルース:素晴らしかったよ!どれだけ楽しかったか想像している人、まさにその通り。彼とマイケル・グリーンが作品にかける愛と情熱は本当に大きいものだった。彼らはニール・ゲイマンの大ファンで、その輪がどんどん広がっていくんだ。

共演者、製作陣と共に

So this is happening... #AmericanGods #privatejet I’m geeking out as much as you... no. More.

Bruce Langleyさん(@brucejlangley)がシェアした投稿 -



Q. 日本の視聴者に一言お願いします。

ブルース:皆さんこんにちは!テクニカル・ボーイを演じるブルース・ラングレーです。テクニカル・ボーイは作中で大活躍するので、もし気に入ってくれたら、自撮り写真と一緒に「#AmericanGods」「#TechnicalBoy」のハッシュタグで投稿して、キャラクターに対する愛を見せて欲しいな!


「アメリカン・ゴッズ」は、Amazonプライム・ビデオにて5月1日より好評配信中。


 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。