海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

トム・ホランド、スパイダーマンの「秘密を守れるところ」を尊敬! 来日ファンミーティングにて、自らの口の軽さをさんざん話題に[イベントレポート]

2018年4月17日
トム・ホランドトム・ホランド
(c)TVGroove.com
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」プロモーションのため、監督を務めたアンソニー・ルッソ(48)と、スパイダーマン/ピーター・パーカー役トム・ホランド(21)が来日。4月16日、都内にてスペシャル・ファンミーティングが行われた。

かつて誰も観たことがない無限大のアクション・エンターテイメント、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が、いよいよ4月27日(金)日本公開。今回、最強ヒーローによる究極のドリームチーム・アベンジャーズの前に立ちはだかるのは、最凶最悪の“ラスボス”サノス。6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーンをめぐり、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。

会場には、ふたりをひと目見ようと大勢の観客が詰めかけた。中にはアベンジャーズの面々に扮した“コスプレ”姿のファンも。この日のイベントは二部構成で、最初に行われたのは日本では「ここだけ」でしか観られない、23分間のフッテージ映像上映。弟ジョーとともに本作を監督したアンソニー・ルッソ監督が上映開始前にサプライズ登場すると、大きな歓声が。本作を含む一連のシリーズ作品「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)にとって、『インフィニティ・ウォー』は、最重要な作品となるだろう」と映画を紹介した。

肝心のフッテージの内容について、詳細を記すことは許されていない。ただ、23分という短い映像が流される間、客席が笑い、息をのみ、そして歓声を上げるシーンが何度もあった。間違いなく「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」への期待感が高まる映像だった。


フッテージ上映会後には、ゲストを招いてのトークイベントがスタート。再びのアンソニー・ルッソ監督、そして待ちに待ったトム・ホランドの登場を、会場中の完成と拍手が迎えた。

作中ではチーム最年少ということもあり、ラフな学生ルックが多いトムも、この日はネクタイなしながらシックなスーツスタイル。二度目の来日とあって、まずは「コンバンハ」と日本語でご挨拶。本編は公開日までお預け状態の観客へ「早く観たいよね」と共感しながら、「今日はみなさん、ありがとうございます」と礼を述べた。

(c)TVGroove.com


一方、今回が初来日だというルッソ監督。「なぜもっと早く来なかったのか」と日本愛を語りつつ、ここで重大なアナウンスが。まだタイトルすら発表されていない「インフィニティ・ウォー」の続編「アベンジャーズ4(仮)」では、「日本が特別フィーチャーされる」との“ネタバレ”を行ったのだ。ざわめく会場に、いつもは誰より率先してついポロッとやりがちなトム・ホランドが「彼はいいんだよ、ぼくはダメだけど彼はいいんだよ」と擁護し、笑いを誘った。

「(ネタバレは)言えないよ~」
お茶目なアンソニー・ルッソ監督「(ネタバレは)言えないよ~」
お茶目なアンソニー・ルッソ監督
(c)TVGroove.com



“憧れのヒーロー”を尋ねられたとき、トムが真っ先に名前を挙げたのは、もちろん、「スパイダーマン!」。彼のようなスーパーパワーを手にしたとき、「自分だったらすぐインスタグラムに公開しちゃう。黙っていられるなんてすごい」と、ここでも自身のポロリ癖をネタに。役を得る前からあこがれてきた役柄であり、「5歳のころにはベッドでスパイダーマンごっこをしていた」と明かし、「ぼくがスパイダーマン」と名乗れる現状は「シュール」でもあるとはにかんだ。

一方、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016)でも監督を務めたルッソ兄弟が、トム・ホランドを抜擢した理由は? 本人を前にした2ショットイベントゆえの気まずさを強調しながらも、「期待値が高く、歴史もある役だけに、キャスティングは難しかった」とアンソニー。スパイダーマン役に求めた要件として、「若さや純粋性」を上げ、トムのオーディションを見たときに「彼だと直感した」ことを告白。これにはトム本人から、「じゃあなんで何度もオーディションを重ねたの? ストレスがすごかったんだよ!」と苦情が。

聞きたくないトム・ホランドvsしゃべりたいアンソニー・ルッソ監督聞きたくないトム・ホランドvsしゃべりたいアンソニー・ルッソ監督
(c)TVGroove.com


「慎重を期さなければいけなかった」と弁解したルッソ監督も、ここでひとつ裏話を暴露。彼の身体能力の高さを示すエピソードとして、オーディションへやってきたトム・ホランドが、いきなり「宙返りで登場するシーンを再現してもいいか」と申し入れてきたことを明かした。これには度肝を抜かれたルッソ兄弟、安全上の観点から「え、うーん、いいよ?」と及び腰だったと話すが、トムによれば「法的にはイエスと言えないが、自己責任でやりたいのならばやってくれ」と返答されたのだとか。

ちなみにトム・ホランドとしては、共演者との相性を探るため何度か重ねた読み合わせにて、「アイアンマン役ロバート・ダウニーJrと初対面だったのに、自分の髪型がすごく変だった」ことが心に残っているとのこと。別の作品を撮り終えた直後だった、当時はかっこいいと思っていたと言い訳をしながら、「まるでモップ。本当にあのころは何を考えていたんだか」とぼやく始末。これを監督は「そんなこと、きみしか気にしていないよ」と一蹴し、息の合ったトークで会場を盛り上げた。

(c)TVGroove.com



「アベンジャーズ」シリーズには、現在のハリウッドを代表する大勢のキャストが登場する。この点は監督のアンソニー・ルッソ自ら「他にはない」と自負するところで、長年別の作品それぞれのキャラクターを演じていたキャストたちが一堂に会する本作を「私たち自身にとっても貴重な機会だった」としている。本作には主人公は存在せず、お互い助け合って一本の作品を作り上げていくという“チームワーク”を強調した。

これには出演者の立場から、トムも同意。「どのキャラクターにも輝くチャンスがある」としながらも、撮影現場は「まるで子どもの群れ」だと告白。これを取りまとめる監督の手腕を称賛し、労った。

最後に自らも「マーベルのファンだった」というアンソニー・ルッソ監督から、「ぜひ本作を楽しんでほしい」とファンへ向けたメッセージが贈られた。また、キャストやスタッフ一同を代表し、トム・ホランドが日本のファンへ向け、「みんなありがとう。また会おうね」と挨拶し、短いながらも濃密なイベントは幕を閉じた。

(c)TVGroove.com


(c)TVGroove.com


ファルコン役吹替えキャスト・溝端淳平、ファン代表・佐野岳とファルコン役吹替えキャスト・溝端淳平、ファン代表・佐野岳と
(c)TVGroove.com


「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」
4月27日(金)全国公開
原題:Avengers: Infinity War  
監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ 
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ロバート・ダウニーJr./クリス・エヴァンス/ベネディクト・カンバーバッチ/トム・ホランド
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©Marvel Studios 2018
 
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ネタバレ対策が強力すぎて、出演者たちは「共演者が誰かすら知らなかった」(2018年4月9日)
いよいよ今月末に公開が迫った「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」。試写はほぼ行わないなど、徹底したネタバレ対策を行っている本作だが、これにはキャストたちも巻き込まれていた。 超大作ならではの厳...
ゼンデイヤ、2人のスパイダーマンとデート!? トム・ホランドともう一人は・・・?[写真あり](2018年4月2日)
女優のゼンデイヤが「スパイダーマン:ホームカミング」で共演したトム・ホランドと出かけている場面がキャッチされた。 ゼンデイヤとトム・ホランドは過去に幾度となく一緒にショッピングをしたり、お互いのSN...
日本よ、これがオールスターだ! マーベル、10周年を記念した主要キャスト&スタッフ総勢79名の集合写真を公開(2018年2月9日)
もはやスターがインフレ状態? マーベルが、自社シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」10周年を記念して、主要キャストや、監督たち総勢79名の集合写真を公開した。 「よくぞここまでのメンツを...
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」 全宇宙を滅ぼす力を持つインフィニティ・ストーンカラーに染まるキャラクターポスター5種解禁! ストーリーに関するヒントが隠されている・・?(2018年4月6日)
「地球よ、これがトドメだ」──かつて誰も観たことがない無限大のアクション・エンターテイメント、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」。「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」を超えた、世界興行収...
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」公開直前! 5大都市で前夜祭特別上映決定(2018年4月4日)
「地球よ、これがトドメだ」──かつて誰も観たことがない無限大のアクション・エンターテイメント、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」。「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」を超えた、世界興行収...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。