海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

世界の新歌姫アリアナ・グランデ再来日インタビュー[前編]「世界中のどこよりも日本がダイスキ♡」

2014年9月30日
アリアナ・グランデ  (C)TVGroove.comアリアナ・グランデ  (C)TVGroove.com
世界の歌姫として絶大な支持を得ているアリアナ・グランデが、セカンドアルバム「マイ・エヴリシング」のプロモーションのため9月11日に再来日。TVグルーヴは、今年4度目の来日を果たし、自らを親日家と公言するアリアナに2度目の来日インタビューを行った。


デビューアルバム「ユアーズ・トゥルーリー」に続き、8月にリリースされた待望のセカンドアルバム「マイ・エヴリシング」も全米1位を獲得。来年2月からは自身初となるヘッドラインツアー「The Honeymoon Tour」も開催されるなど、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのアリアナ。


TVグルーヴは、再来日したアリアナに単独インタビューを実施! 初来日時にもインタビュアーを務めたさがゆりこさんを再びインタビュアーに迎え、最新アルバム「マイ・エヴリシング」から、ファッションのこだわり、「ミュージックステーション」に出演した感想まで、たっぷり語ってもらった。

★初来日時のインタビューはコチラから★

-------------------------


――今年4度目の来日ですね。日本は好きですか?
ええ、日本が大好き。ほかのどこよりも、この国に来るのがとても好きなの。


――今回の来日で何をしましたか?
まだ数日前(9月11日)に到着したばかりなの。昨日(9月12日)は「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演したわ。1日目は友達とまったり過ごしたの。ダンサーのみんなとは親友のような関係で、ホテル内を散策したり、音楽をかけて踊ったりしたのよ。初日はプライベートな時間を持てたわ。


さがゆりこ(左) (C)TVGroove.comさがゆりこ(左) (C)TVGroove.com



――「ミュージックステーション」はどうでしたか?
とても楽しかったわ。「プロブレム」と「ブレイク・フリー」のメドレーを披露したの。最高だった。


――今日の衣装のコンセプトを教えてください
ネコをイメージしたのよ。ネコって、支配的なところがあるでしょ?そこを表現しているの。ちょっと意地悪なネコって感じなの。


――最新アルバム「マイ・エヴリシング」でお気に入りの曲は?
3つ好きな曲があるの。「ベスト・ミステイク」、「ブレイク・ユア・ハート・ライト・バック」、「マイ・エヴリシング」よ。「ベスト・ミステイク」は男女の恋の話。マンネリな関係を続けていて、関係が続くのかどうかわからないけれど、一緒に過ごしているの。どっちに転ぼうと、相手のことを愛している。だって、今まで犯した間違いのなかで最高の間違いだからってことを歌っているの。

「ブレイク・ユア・ハート・ライト・バック」は、彼氏がほかの男の子と浮気をするの。それで女の子が、男の子に仕返ししようとする。たぶん、彼の秘密を暴いてね。あと、「マイ・エヴリシング」はバラードで、誰かを深く愛していて、その人があなたにとって全てだから、とても恋しく思っていることを歌っているのよ。


――あなたのアルバムはティーンに限らず、幅広い世代に人たちに聴かれていますね。そのことについてどう思う?
とてもうれしいわ。だって、すべての人に楽しんでもらえるように考えて、アルバムを作ったから。だから、あなたからもそう言ってもらえてよかったわ。


(C)TVGroove.com(C)TVGroove.com



――あなたの服はセクシーで、キュートさも兼ね備えていますね。何かコンセプトはありますか?
ありがとう。いつも自分の気持ち次第なの。いつも同じシルエットの服を着ていたけど、最近は少し変化を持たせているの。私って、ひとつのことにハマったら、それをずっと続けていく性格なの。だから、ひとつのスタイルを長い間続けて、少しスタイルに変化を加えると、そのスタイルをまた長い間続けちゃうの。最近は少し長めのスカートが好き。しかも、ちょっぴりタイトなものがいいわ。


(インタビュー前編おわり)

後編では、ファンから募集した質問をアリアナ本人に直撃! 日本でのプライベートな時間の過ごし方から、ファン大注目の来日公演の予定に関してなど、ファン必見のインタビュー後編は後日公開予定です♪

--------------------------------

【動画】アリアナ・グランデ「ブレイク・フリー feat. ゼッド」MV



■リリース情報

アリアナ・グランデ
2nd ALBUM「マイ・エヴリシング」(原題:MY EVERYTHING)
※発売中

<日本独自企画!デラックス盤>【CD+DVD】 3,100円+税
マイ・エヴリシング~デラックス・エディション(DVD付)
アリアナ・グランデ
ユニバーサル ミュージック (2014-08-27)
売り上げランキング: 161

<通常盤>【CD】 2,200円+税
マイ・エヴリシング
マイ・エヴリシング
posted with amazlet at 14.08.06
アリアナ・グランデ
ユニバーサル ミュージック (2014-08-27)
売り上げランキング: 994


■配信情報

2nd ALBUM「マイ・エヴリシング」配信中

https://itunes.apple.com/jp/album/my-everything/id894764366


■トラックリスト

1. イントロ/Intro
2. プロブレム feat. イギ―・アゼリア/Problem - (Feat. Iggy Azalea)
3. ワン・ラスト・タイム/One Last Time
4. ホワイ・トライ/Why Try
5. ブレイク・フリー feat. ゼッド/Break Free - (feat. Zedd)
6. ベスト・ミステイク feat. ビッグ・ショーン/Best Mistake - (feat. Big Sean)
7. ビー・マイ・ベイビー feat. カシミア・キャット/Be My Baby - (feat. Cashmere Cat)
8. ブレイク・ユア・ハート・ライト・バック feat. チャイルディッシュ・ガンビーノ/Break Your Heart Right Back - (feat. Childish Gambino)
9. ラヴ・ミー・ハーダー(by アリアナ・グランデ&ザ・ウィークエンド)/Love Me Harder - (Ariana Grande & The Weeknd)
10. ジャスト・ア・リトル・ビット・オブ・ユア・ハート/A Little Bit Of Your Heart
11. ハンズ・オン・ミー feat. エイサップ・ファーグ/Hands On Me - (feat. A$AP Ferg)
12. マイ・エヴリシング/My Everything
13. バン・バン (by ジェシー・J、アリアナ・グランデ&ニッキー・ミナージュ)/Bang Bang (Jessie J + Ariana Grande + Nicki Minaj)
14. オンリー・ワン/Only 1
15. ユー・ドント・ノウ・ミー/You Don’t Know Me
16. キャディラック・ソング/Cadillac Song
17. トゥー・クロース/Too Close
18. ベイビー・アイ feat. 葉加瀬太郎 ※国内盤ボーナス・トラック


アリアナ・グランデ 日本公式サイト: //www.universal-music.co.jp/ariana-grande

アリアナ・グランデ 日本公式twitter: https://twitter.com/ariana_japan


■アリアナ・グランデ バイオグラフィ
1993年6月26日生まれ、現在21歳のアメリカ人。8歳の時、北米プロアイスホッケーリーグでの国歌斉唱が全米テレビデビューとなり、15歳でブロードウェイの『13』に出演し、その後全米の人気青春ミュージカル・ドラマ『ビクトリアス』でキャット役を演じたことをきっかけに一気に人気上昇し、現在は『サム&キャット』というドラマにて主演を。“ネクスト・マライア”とも言われる程、ズバ抜けた歌唱力の持ち主で、YouTubeでマライアのヒット曲等、数々のカバーを披露して注目を集め、「オンライン上で影響力のある女優」の3位にランクインし、全米ビルボードは「オンライン上影響力のある人物」とも称えている。 ユニバーサル・リパブリックと2011年に契約し、シングル「ザ・ウェイ feat. マック・ミラー」が全米ビルボード10位にランクインし、デビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』が見事全米ビルボード初登場1位獲得!また、アメリカン・ミュージック・アウォーズ2013で最優秀新人賞、そしてPeople’s Choice Awards 2014でもFavorite Breakout Artistを受賞!

今、最も音楽界で急上昇中のアーティストとして世界中のメディアから注目され、最新シングル「プロブレム feat. イギー・アゼリア」は63の国と地域のiTunesにて1位獲得し、全米の初週ダウンロード数は、女性アーティストとして史上最年少記録を更新!
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
English
  • Englishニュースはありません。