海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

アンジェリーナ・ジョリーの娘ヴィヴィアンちゃんが可愛すぎる! 映画「マレフィセント」母子共演シーンの日本語版特別映像が解禁

2014年7月25日
アンジェリーナ・ジョリーとヴィヴィアンちゃんアンジェリーナ・ジョリーとヴィヴィアンちゃん
ディズニー・クラッシック・アニメーションの金字塔として、半世紀以上も世界中で愛され続けている「眠れる森の美女」。…に隠されていた、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛の物語を描いた「マレフィセント」が、現在大ヒット公開中。2012年公開作「レ・ミゼラブル」以来、洋画実写作品で50億円超えの期待が高まる本作のアンジー母子共演シーンの本編特別映像がついに解禁となった。

解禁されたのは、アンジェリーナ・ジョリー演じるマレフィセントが、幼いオーロラを演じるヴィヴィアン・ジョリー・ピットを隠れながら見守っているシーン。

マレフィセントは木に寝そべりながら3人の妖精達とピクニックに来ていた幼いオーロラを見守っている。イタズラ好きな彼女は魔法で3人の妖精を喧嘩するように仕向けると、3人が目を離した隙に、幼いオーロラは蝶々を追って崖の方に走ってしまう。マレフィセント本来のイメージであれば、オーロラが死ぬ願ってもないチャンスなのかもしれないが、彼女は魔法でオーロラを助けるのだ。

さらに、森で傷ついた木を魔法を使い治しているマレフィセントの元に、幼いオーロラが背後から駆け寄るシーン。可愛らしい「こんにちは」の声に驚いた表情で振り向くマレフィセントは「あっち行って、悪いけど子供は嫌いなの」と追い払おうとするが、オーロラはお構いなしに「抱っこ、抱っこ!」とマレフィセントに迫り、その愛しさに、彼女はついオーロラを抱き上げてしまう。

久石譲の娘麻衣が作詞し、大竹しのぶが歌う日本語版「マレフィセント」の主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」の通り、影で見守っていたマレフィセントは、純粋無垢なオーロラの瞳で見つめられ、触れ合うことで深い母性愛に気づく事になる。そして、注目すべきはアンジェリーナ・ジョリーの表情だ。今までのどの映画でも見られなかった“演技ではない母親の表情”になっている事に気がつくだろう。アンジーの愛の深さが産んだ奇跡のシーンとなった。

【動画】映画「マレフィセント」アンジー母子共演シーン


なお、アンジー本人は娘のキャスティングについて以下のように語っている。

「当時娘は4歳だったけれど、候補に挙っていた3〜4歳の子役たちは皆、私のことを怖がって近づこうともしなかった。もう少し年が上の子供達は「カッコいい」って喜んでくれたけど、小さな子たちは全くダメだった。なので、角や牙が生えていようと目が黄色かろうと、怖がらずにマレフィセントと戯れてくれる子がヴィヴィアンしかいなくて、最終的に彼女に演じてもらうことにしたの」

アンジェリーナ・ジョリー、「マレフィセント」に愛娘を出演させた理由は?(2014年3月11日)
アンジェリーナ・ジョリーが、主演映画「マレフィセント」に愛娘ヴィヴィアン・ジョリー=ピットを出演させた理由を明かした。

「マレフィセント」はディズニーのアニメーション映画「眠れる森の...

さらに、SNSでも話題なっているのは日本語版を鑑賞した方々の「福田彩乃がスゴイ!」という非常に多くの反響。中には「物語の驚きと感動よりも福田彩乃が妖精を1人で演じていた事実が何よりも驚いた」という強者まで。福田彩乃は3人の妖精(ノットグラス、フィリットル、シスルウィット)役に対し、モノマネで磨いた技術を駆使してオーロラ姫(エル・ファニング)の世話をする3人の妖精をディズニー史上初の1人3役という荒業に挑戦しており、アフレコ時にもその技術力の高さにスタッフからも驚きの声が上がるほどだった。

「マレフィセント」ではどんな“真実の愛”が描かれるのか?半世紀以上前に発表されたディズニー十八番の<トゥルー・ラブストーリー>はどんな形で現代によみがえるのか?誰も知らなかった悪役マレフィセントの物語を話題の日本語版でも是非映画館で楽しんで欲しい。

映画「マレフィセント」は、全国公開中。

【動画】映画「マレフィセント」予告編



■ 公開情報

「マレフィセント」
全国公開中

監督:ロバート・ストロンバーグ
製作総指揮:アンジェリーナ・ジョリー、ドン・ハーン 他
出演:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャールト・コプリー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
Disney.jp/MALEFICENT
 
ディズニー最新映画「マレフィセント」には娘がいた!? 「Descendants」(原題)2015年、ディズニー・チャンネルにて日本独占初放送決定(2014年7月17日)
ディズニーが誇る名作映画の数々に登場する邪悪な悪役の子どもたちが主人公のディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作「Descendants」(原題)が、2015年にディズニー・チャンネルにて日...
ディズニーの勢いが止まらない! “空飛ぶゾウ”のアニメ映画「ダンボ」の実写化を企画中(2014年7月10日)
映画「アナと雪の女王」に続き、アンジェリーナ・ジョリー(39)の主演作「マレフィセント」が大ヒットを記録し、ノリに乗っているディズニーが、名作映画の実写化を企画中。空飛ぶゾウが、現実に登場!? ディ...
“アナ雪”を抜いた! 映画「マレフィセント」アンジー主演作品史上&週末興行収入NO.1(2014年7月8日)
映画「マレフィセント」が7月5日(土)に公開され、週末2日間で6.91億円を記録。数々の日本映画史の記録を塗り替えた「アナと雪の女王」を抜き、堂々のNO.1スタートを切った。 ディズニー・クラシック...
【マレフィセント 来日記者会見動画】アンジェリーナ・ジョリーの今後とは?エル・ファニングは日本満喫(2014年6月26日)
7月5日(土)より公開となるウォルト・ディズニー創立90周年記念作品「マレフィセント」をひっさげ、同作に出演したアンジェリーナ・ジョリー(39)とエル・ファニング(16)がそろって来日。 6月2...
【マレフィセント ジャパンプレミア動画】アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニングが太鼓判!本作の描く愛とは?(2014年6月24日)
ディズニーの今夏大注目の映画「マレフィセント」のジャパン・プレミア ファン・イベントが、6月23日、都内で開催された。 イベントにはマレフィセント役のアンジェリーナ・ジョリーと、オーロラ役のエル...
映画「マレフィセント」来日記者会見でアンジェリーナ・ジョリー自らの引退について言及! エル・ファニングはチャーミングさ全開で会場を魅了(2014年6月24日)
いよいよ7月5日(土)より公開となるウォルト・ディズニー創立90周年記念作品「マレフィセント」のPRのため、同作に出演したアンジェリーナ・ジョリー(39)とエル・ファニング(16)がそろって来日。6月...
映画「マレフィセント」ジャパン・プレミア、アンジーとエル・ファニング登場で会場は大熱狂(2014年6月23日)
7月5日に公開となる話題の映画「マレフィセント」のジャパン・プレミア ファン・イベントが、6月23日、都内で開催された。イベントにはマレフィセント役のアンジェリーナ・ジョリーと、オーロラ役のエル・ファ...
アンジェリーナ・ジョリーとエル・ファニングが来日! 本日6/23 映画「マレフィセント」ジャパン・プレミアにそろって登場予定(2014年6月23日)
ディズニー・アニメーション最新作「マレフィセント」が、7月5日(土)に公開を迎える。それに先駆け、本作でマレフィセント役のアンジェリーナ・ジョリーと、オーロラ役のエル・ファニングが来日した。 ディズ...
あの歌声は誰?と話題騒然! 映画「マレフィセント」主題歌に大竹しのぶが初挑戦! マレフィセントの“真実の愛”を歌う(2014年6月11日)
映画「マレフィセント」が、7月5日(土)より全国公開となる。それに先駆け、本作の主題歌に大竹しのぶが決定し、初めて映画主題歌に挑むことになった。 ディズニー・クラッシック・アニメーションの金字塔とし...
ディズニーが「アナ雪」の次に仕掛けるのはこの曲! 映画「マレフィセント」日本語吹替版 主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」ミュージック・クリップ解禁(2014年6月5日)
アンジェリーナ・ジョリー主演映画「マレフィセント」が、7月5日(土)より全国公開となる。それに先駆け、本作の日本語吹替版 主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」のミュージック・クリ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ