海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

ベン・アフレック、来年公開の映画「ジャスティス・リーグ」にデスストロークが登場することを示唆!?[動画アリ]

2016年9月1日
ベン・アフレックベン・アフレック
WENN.com
今年3月に公開された映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」からバットマン役を演じているベン・アフレックが、来年公開される「ジャスティス・リーグ」に悪役のデスストロークが登場することを示唆する動画を公開したと話題を集めている。




米Varietyによると、ベンは8月29日朝、SNSに「DCコミック界で人気を誇る悪役デスストロークの動画」を投稿。メッセージや説明文は何もつけられておらず、おそらく来年公開予定の「ジャスティス・リーグ」か、ベンが監督を務めるバッドマンが主役の単独映画に登場することが決定したのではないかという憶測が流れた。

ベンは現在ロンドンで「ジャスティス・リーグ」の撮影を行っていることから、多くの米メディアは「デスストロークが登場するのは『ジャスティス・リーグ』」だと見ている。

デスストロークは、本名スレイド・ウィルソンという元エリート米軍人。軍の非人道的な実験により、超人的な力と頭脳、再生能力を得て、暗殺者となったという設定だ。

バットマンとジャスティス・リーグのほかにもグリーン・アロー、ティーン・タイタンズの敵としても知られている。アメコミ作家として有名なマーヴ・ウルフマンとジョージ・ペレスが共同で創ったキャラクターであり、1980年に発売されたコミック本「The New Teen Titans #2」にてお披露目された。

このデスストロークが登場する可能性が高まった「ジャスティス・リーグ」は、ザック・スナイダーが監督。同作には「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」同様、ベンがバットマンを、ヘンリー・カヴィルがスーパーマンを、ガル・ガドットがワンダーウーマンを演じることになっている。他にも、ジェイソン・モモアがアクアマン、レイ・フィッシャーがサイボーグ、エズラ・ミラーはフラッシュ役で出演する。

「ジャスティス・リーグ」は、2017年11月10日に、アメリカで一般公開される予定。その続編となる「Justice League:Part Two」は2019年6月14日の公開を目指していると伝えられている。
 
ベン・アフレック主演の「バットマン」単独映画が製作へ! アフレックは監督も兼任(2016年4月13日)
ベン・アフレック主演の「バットマン」単独映画が製作されることがわかった。アフレッ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ