海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「ジャスティン・ビーバーはお断り!」 世界各地がスターを拒絶する“事情”まとめ

2017年12月27日
ジャスティン・ビーバージャスティン・ビーバー
WENN.com
高すぎる人気と影響力の弊害か、実は世界中の至るところで「禁止」を食らっているジャスティン・ビーバー(23)。「ジャスティンお断り」を掲げる国や地域を、PagalParrotがまとめている。

【アルゼンチン】
ステージ上における国旗への不敬行為、さらに、ボディガードにフォトグラファーを暴行させた容疑などで、逮捕状が発行、起訴されていた過去が原因。2016年には、「Purpose tour」で同国を訪れようとしたものの、入国拒否の措置をとられたことを、本人自らツイッターで明かしている。

【中東】
米TMZによれば、中東各国、そしてインドネシアでは、アルバム「パーパス」のリリースが拒絶。イスラム教を信仰する国々において、上半身裸、そして十字架のタトゥーが問題視されたことが理由だ。

【イギリスのコマーシャル】
2012年、ケイティ・ペリーと、ジャスティン・ビーバーが広告に起用されたスキンケアラインが発売。ところがアメリカ版と、イギリス版では成分が異なるため、虚偽広告と判断され放送禁止になってしまった。

【ラスベガスのインドア・スカイダイビング】
2013年、6人の友人を引き連れ、クローズ中の施設へやってきたジャスティン。1600ドルの代金の代わりに、インスタグラムへの投稿を約束したはずが、結局なにも投稿されず。今後、施設の利用を禁止されることとなった。

【オーストリアのクラブ】
2013年、「Believe」ツアー中に店を訪れた際、ファンとモメて同行していたボディガードが、カメラや携帯電話を破壊。出入り禁止が言い渡されることとなった。

【中国】
「過去に起こした一連の問題行為」を理由として、北京市の文化局(The Beijing Municipal Bureau of Culture)は、中国国内におけるジャスティン・ビーバーのパフォーマンスを禁止にしている。
 
ジャスティン・ビーバー、中国へは入国禁止だった! その理由は?(2017年7月24日)
ジャスティン・ビーバー(23)が、中国から入国禁止措置を受けていたことが明らかとなった。 現在、敢行中の「Purpose World Tour」では、日本を含めアジア各地での公演を予定しているジャス...
ジャスティン・ビーバー、アルゼンチン入国拒否で現地ファンがデモ! 「私たちにはジャスティンが必要」と裁判所へ行進(2016年5月23日)
人気歌手ジャスティン・ビーバー(22)が、現在行っているツアーのアルゼンチン公演は不可能だと宣告。これに抗議して、現地のファンが裁判所へのデモ活動を行った。 ジャスティンは先週、ツイッターを通じて「...
ジャスティン・ビーバー、新アルバムのカバーがセクシーすぎて一部の国でNG! 「1D」との売上対決のためにもカバー変更へ?(2015年10月14日)
ジャスティン・ビーバー(21)が、先日、発表したばかりの新アルバムのカバーに、一部の国から待ったがかかっているようだ。 ジャスティンの新作「パーパス」のカバーは、上半身裸の彼をフィーチャーしたセクシ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。