海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「ハリー・ポッターと呪いの子」に、続編誕生の可能性は? 原作者J・K・ローリングを直撃

2018年4月25日
「Harry Potter and the Cursed Child」ブロードウェイ公演より「Harry Potter and the Cursed Child」ブロードウェイ公演より
@hpplaynyc / Instagram
シリーズ完結後も話題に欠かない「ハリー・ポッター」に、さらなる続編が誕生する可能性はあるのか? 原作者J・K・ローリング(52)の見解は……

7巻から成るシリーズを完結後、J・K・ローリングは舞台作品のため、主人公ハリーの息子たちを軸に置いた「ハリー・ポッターと呪いの子」を書き下ろし。一方でスピンオフ映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズにも参加し、ポッター・ワールドの拡大は留まることを知らない。

2016年に英ロンドンでスタートした舞台は、今月からついに米ブロードウェイへ進出。Varietyのインタビューにおいて、J・K・ローリングは続編の可能性について語っている。

「呪いの子」の中心となっているのは、ハリー・ポッターの次男アルバス。シリーズ最終巻「死の秘宝」のエピローグを書いたとき、アルバスはローリング自身が「より気になったキャラクター」だったとのこと。その思いが、「呪いの子」へつながったことを明かしている。

「じゃあ次はハリーの孫の物語にしようかなんて、かなりシニカルよね。そして私自身も、そんな話を描くことに興味はないの」

どうやら現時点では、「呪いの子」より先の物語は望めない様子。一方で、「ハリー・ポッター」、「ファンタスティック・ビースト」両シリーズを制作・公開するワーナー・ブラザーズが、本作映画化の可能性を探っているとの報道は、かなり早い段階から出てきていた。続編の有無はさておき、シリーズが完全に沈黙する日は、当分こないことだろう。

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
J.K.ローリング ジョン・ティファニー ジャック・ソーン
静山社 (2016-11-11)
売り上げランキング: 2,445
 
「ハリー・ポッター」がテーマの脱出ゲームがデビュー! “神秘部”を舞台に、闇の帝王の野望を打ち砕け[動画](2018年4月11日)
スコットランド・エジンバラに、人気児童書「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにした脱出ゲームがオープン。原作や映画に登場した、“神秘部”がテーマになっている。 神秘部(Department of M...
「ファンタビ」最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」11月23日全国公開決定! 全世界待望の初映像公開、若き日のダンブルドア先生、ホグワーツ魔法学校が初登場[動画あり](2018年3月14日)
世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなって魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした「ハリー・ポッター」魔法シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの...
「ファンタスティック・ビースト」続編では、ダンブルドアとグリンデルバルドのロマンスについては触れない…?(2018年2月1日)
映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編で、登場人物であるダンブルドアの性の話についてはあまり触れないようだ。E!Newsなどが伝えている。 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法...
ダニエル・ラドクリフ、「ファンタビ」新作へのジョニー・デップ起用問題に言及(2018年1月15日)
今年公開予定のシリーズ最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」への、ジョニー・デップ(54)起用をめぐる議論に、ダニエル・ラドクリフ(28)が言及。オリジナルシリーズで、タイトルロー...
「ハリー・ポッターと賢者の石」発売から20周年! 原作者J・K・ローリングがファンに感謝(2017年6月27日)
今もなお全世界を魅了し続ける「ハリー・ポッター」シリーズ。1997年6月26日に第1巻「ハリー・ポッターと賢者の石」が発売されてから、20年が経ち、記念すべき日に原作者のJ・K・ローリングが、ファンに...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。