海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

スカーレット・ヨハンソン、「ブラック・ウィドウ」初単独映画の出演料は約17億円か

2018年10月12日
スカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン
WENN.com
現在企画が進行中である、人気キャラクター、ブラック・ウィドウを主役に据えた映画で、主演のスカーレット・ヨハンソンに出演料として1,500万ドル(約17億円)が支払われる見込みだと報じられた。

Hollywood Reporterによると、この金額は、同じマーベル映画作品に出演しているクリス・エヴァンスの「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、クリス・ヘムズワースの「マイティ・ソー バトルロイヤル」でのギャラと同額だという。

マーベル・スタジオは基本的に、最初の作品の時点では高額な出演料を払わないことで知られている。それは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で中心的な人物アイアンマンを演じ、シリーズで欠かせない存在になっているロバート・ダウニー・Jrも例外ではなかった。

「アベンジャーズ」では 5000万ドル(約56億円)を受け取ったと言われている彼だが、1作目「アイアンマン」の出演料は50万ドル(約5600万円)だったという。また、初の単独映画である「ブラック・パンサー」で主演のチャドウィック・ボーズマンの出演料は200万ドル(約2億2500万円)だった。

スカーレット・ヨハンソンが「ブラック・ウィドウ」として、単体の主役を務めるのは初めてではあるが、彼女は、2010年に公開された映画「アイアンマン2」から、ブラック・ウィドウを演じており、その功績が評価され、1,500万ドルという高額の出演料につながったとみられている。

同誌は「複数の詳しい情報源」がこれを認めたと報じている。だが、この件についてマーベル・スタジオは否定。「マーベル・スタジオはこれら報道の正確性に異議を申し立てており、ポリシーとして決して公的に出演料や契約内容を開示することはありません」とコメントした。

初の単独映画である「ブラック・ウィドウ」に関して、ストーリーはまだ不明だが、オーストラリア人であるケイト・ショートランドが監督を務めることがすでに明らかになっている。正式な公開日程はまだ発表されていない。
 
スカーレット・ヨハンソン、【世界でもっとも稼ぐ女優】に! 昨年度トップのエマ・ストーンを破って、首位に(2018年8月20日)
経済誌「Forbes」が、「もっとも稼ぐ女優」トップ10のリストを発表。昨年版1位だったエマ・ストーン(29)を破り、スカーレット・ヨハンソン(33)が首位に立った。 今年のトップは、スカーレット・...
映画「スパイダーマン:ホームカミイング」にアイアンマン役で出演したロバート・ダウニー・Jr、わずか15分間の出演で驚愕のギャラだったことが判明! その額なんと・・(2018年5月11日)
2017年公開のマーベル映画「スパイダーマン:ホームカミング」に出演した、アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jrの出演料が、出演時間に比して破格であることが明らかになった。 映画「スパイダーマン:ホ...
スカーレット・ヨハンソン、批判を受け新作映画のトランスジェンダー役を降板! 「無神経だった」と反省(2018年7月17日)
女優スカーレット・ヨハンソン(33)が、新作映画で演じる予定だったトランスジェンダー役の降板を発表した。 スカーレット・ヨハンソンは、新作「Rub & Tug(原題)」にて、実在のトランスジェンダー...
映画「アベンジャーズ」ロバート・ダウニー・Jr、スカヨハら出演者5人がおそろいのタトゥーを入れる! いったいどんなタトゥーを入れたのか? SNSで写真を披露(2018年5月8日)
映画「アベンジャーズ」シリーズに出演するロバート・ダウニー・Jrら、初代のアベンジャーズのキャストたちが、なんと、なかよくおそろいのタトゥーを入れたようだ。 今回、タトゥーを入れたのは、映画「アベン...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。