海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

人気日本ドラマ「電車男」がハリウッドでリメイク決定! 「ヘアスプレー」のアダム・シャンクマンが監督に

2018年10月18日
アダム・シャンクマンアダム・シャンクマン
WENN.com
日本の人気ドラマ『電車男』(2005年7月期)のハリウッドリメーク版のミュージカルドラマの制作が開始されることが明らかになった。

フジテレビからも、 コンテンツ事業室の久保田哲史がプロデューサーの一人として参加。 日本の地上波放送局が制作したドラマが、 ハリウッドでリメークされるのは初めてとなる。。

“電車男”は2004年3月、 インターネットの巨大掲示板で生まれた実話である。「彼女いない歴=年齢」で、 アニメとゲームを愛するオタク男性が、 電車の中で酔っ払いに絡まれている女性を、 勇気を振り絞って助ける。

オタク男性は彼女に一目ぼれしたものの、 女性に免疫がありません。 彼は、 ハンドルネーム(ネット上のニックネーム)“電車男”と名乗り、 掲示板に彼女との出会いのきっかけや彼女への誠実で切実な思いを書き込んでいく。

彼女との仲がうまくいくには、 どうすればいいのか悩んだ“電話男”は、 掲示板の住人達にアドバイスを求め、 彼のつたなくもいちずな気持ちに共感したネット住人の応援を受けて、 ついには彼女と結ばれるという話だ。

このネットから生まれた純愛物語は、 まとめサイトにもなり、 多くのブログで紹介されるなど、 急速に広がっていった。 そして、 2004年11月には「電車男」(新潮社 著:中野独人)として書籍化。 フジテレビがテレビドラマ化すると、 最高視聴率25.5%、 全11話の平均視聴率21.2%の大ヒットとなったのである。

また、 2006年7月には英語訳書籍「Train Man」が発売されるなど、 世界にもこの物語が広まった。 そして、 ついにハリウッド版・ドラマ『Train Man』として、 さらに大きく世界へと羽ばたいていく、 日本作品としてこれまでにない展開となる。

このプロジェクトは、 マッチングイベント「J-CREATION: A FIRST LOOK SHOWCASE」(※)を通じて実現したもので、 「J-CREATION」にとっても、 日本のIP(知的財産)をリメークするプロジェクトの第一号になる。

※「J-CREATION: A FIRST LOOK SHOWCASE」とは Amuse Group USAが主催するマッチングイベント。 次世代の世界的なヒット作を生み出すビジネスチャンス創出の場として、 毎年アメリカ・ロサンゼルスで開催される。 ハリウッドのメジャースタジオ・TVネットワーク・制作会社エージェントなどを対象に日本の優れたエンターテインメント・コンテンツを紹介する。


フジテレビの名作ドラマがハリウッドの豪華制作陣によってリメーク始動!!
 ハリウッド版・ドラマ『電車男』の制作スタッフ陣は、 制作総指揮にエミー賞を受賞したこともあるフィル・ローゼンタール(代表作:『Everybody Loves Raymond(HEY!レイモンド)』(1996年~2005年)、 プロデューサーにアカデミー作品賞も受賞した映画「The Departed(ディパーテッド)」(2006年)や日本でもおなじみの映画「The Ring(ザ・リング)」(2002年)、 「The Lego Movie(LEGO(R) ムービー)」(2014年)などをプロデュースしたロイ・リー(アメリカ・ヴァーティゴエンターテイメント)。

監督は「Hairspray(ヘアスプレー)」(2007年)、 「Step Up(ステップ・アップ)」(2006年)などを演出したアダム・シャンクマン(アメリカ・オフスプリングエンターテインメント)と豪華スタッフが集結する予定だ。


ハリウッド版ドラマ『電車男(Train Man)』制作陣コメント>
制作総指揮 フィル・ローゼンタール
「長年にわたる日本版『電車男』のファンとして、 アダムと共に、 愛の力、 勇気、 コミュニティーといった、 希望と普遍的なメッセージに満ちたこのドラマを、 我々の解釈でお見せできることに胸が高鳴ります。 オタクの世界から飛び出そうと奮闘する主人公、 そして匿名のネット住民たちの応援は、 10年前にドラマを見た頃と変わらず、 今でも感動的であり、 共感できるものです」

監督 アダム・シャンクマン(アメリカ・オフスプリングエンターテインメント)
「この素晴らしいチームの一員になれて、 心からワクワクしています。 フィルは、 業界の中で一番面白く、 温かい心を持った人です。 誰もが抱き、 経験してきた希望、 夢、 成功、 失敗に訴えかけるこのプロジェクトに参加できる日を心待ちにしております。 『電車男』のコンセプト、 彼のオモテとウラの顔、 恐怖心と弱点は、 音楽を奏でるようなシリーズ化に最適の要素です。 ユニークかつ爆発的に人気なこの世界は、 独特なストーリーテリングを可能にしてくれる、 豊かな環境です」

プロデューサー ロイ・リー(アメリカ・ヴァーティゴエンターテイメント)
「私は長年にわたり、 外国語作品のリメークを多数手がけてきました。 フジテレビのパートナーとして手がける初めての作品が『電車男』で大変うれしく思います。 このプロジェクトを何年にもわたって見守ってきましたが、 才能あふれるクリエイターたちを集められた時、 ようやく愛すべきこのプロジェクトを市場に出す日が来たのだと確信しました。 フィル、 アダムのビジョンを形にする手助けができることを楽しみにしております」
 
アンセル・エルゴート、リメイク版「ウエスト・サイド物語」の主演に決定(2018年10月2日)
あの巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督がリメイクすることで話題の大人気ミュージカル「ウエスト・サイド物語」の主演に俳優でDJのアンセル・エルゴート(24)が決定した。多数のメディアが報じている。 「...
チャッキーが帰ってくる! ホラー映画「チャイルド・プレイ」が「IT」プロデューサーらによってリメイクされることが決定(2018年7月5日)
1988年のホラー映画「チャイルド・プレイ」のリメイクが決定。昨年「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」をヒットさせたプロデューサーが手掛ける。 映画「チャイルド・プレイ」は、殺人鬼の魂が宿...
今度こそ? 大友克洋作「AKIRA」、「マイティ・ソー バトルロイヤル」タイカ・ワイティティ監督によってハリウッド実写映画化か(2018年4月11日)
大友克洋(63)が原作の漫画「AKIRA」が、今度こそハリウッドで実写映画化か。映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ(42)が監督を務める可能性が浮上している。 「AKIRA...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。