海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

ウェブの闇に潜む凶悪犯罪に挑む「CSI:サイバー2」WOWOWにて11/5スタート

2016年10月3日
「CSI:サイバー2」より「CSI:サイバー2」より
(c)2016 CBS Studios Inc. All Rights Reserved.
2000年に全米放送が始まり、15年もロングランを記録した大ヒット犯罪捜査ドラマ「CSI:科学捜査班」。そこから生まれた3番目のスピンオフで、“第4の「CSI:」”である「CSI:サイバー」。惜しくもその最終章となり、16年間続いた「CSI:」4シリーズの最後を飾るシーズン2を日本初公開。最新テクノロジーを悪用してネットの闇に潜む凶悪犯たちを相手に戦う、FBIサイバー犯罪課の活躍を描く。
 
チームを率いる頭脳明晰な捜査官エイヴリー・ライアン役を演じるのは、映画「6才のボクが、大人になるまで。」の好演で第87回アカデミー賞の助演女優賞に輝いた人気女優パトリシア・アークエット。新シーズンでは、FBIサイバー犯罪課を去るシフター(ピーター・マクニコル)に代わり、「~科学捜査班」シーズン12~15でラスベガスCSIの主任だったD・B・ラッセル(テッド・ダンソン)がFBIに転属し、チームの強力な戦力になる。

■作品概要

タイトル:「CSI:サイバー2」

あらすじ:全米各地で急増する、ITなどの最新テクノロジーが絡んだ凶悪犯罪。事件が発生するや犯行現場に向かうFBI(米連邦捜査局)サイバー犯罪課のプロたちは、最先端の科学技術と心理学を駆使して捜査を展開する。顔ぶれは、心理学の深い知識を持つ主任エイヴリー、父親ががんに侵されたと知って動揺するイライジャ、前シーズンの最後で姉フランシーヌが両親を殺した犯人を殺害する事態に衝撃を受けたクラミッツ、ともに悪玉ハッカーだった過去を持ち、隠れて恋愛関係を結ぶレイヴンとネルソン。長官補佐のシフターが栄転してチームを去り、ラスベガスCSI主任だったベテラン、D・B・ラッセルが新戦力として登場する。

製作総指揮:ジェリー・ブラッカイマー

出演:パトリシア・アークエット/テッド・ダンソン/ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク/チャーリー・クーンツ ほか

初回放送日:11月5日(土)スタート(全18話)[第1話無料放送]

放送日:毎週土曜 夜11:00[二][字]、毎週水曜 夜10:00(字幕版)

☆お得なWOWOW加入はこちら
 
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」TV初登場! 日本初!シリーズ全7作品がWOWOWにて一挙放送(2016年9月20日)
1977年公開の「スター・ウォーズ」(のちに副題“エピソード4/新たなる希望”が...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ