海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

アカデミー賞 世紀の凡ミスから1年越しのリベンジ! ウォーレン・ベイティ&フェイ・ダナウェイが再びプレゼンターとして登場! 「またお会いできて光栄です」[動画あり]

2018年3月5日
ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイ
@enews / Twitter
現地時間3月4日に、映画の祭典「第90回アカデミー賞授賞式」が開催。昨年、作品賞の発表で別の作品名を読み上げるという大失態を犯した、ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイが今年も作品賞のプレゼンターとして登壇し話題となった。E!Newsなどが伝えている。

昨年開催された第89回アカデミー賞において、作品賞のプレゼンターを担当したウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイ。1967年の名作「俺たちに明日はない」の50周年を記念した抜擢であり、“ボニーとクライド”の再共演に、多くの映画ファンたちは大いに盛り上がった。

ところが、スタッフが主演女優賞(「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーン)の封筒と取り違え、フェイは作品賞獲得作品を「ラ・ラ・ランド」と発表。関係者のスピーチ中に、本当の受賞作は「ムーンライト」であることが判明し、歴史的な大失敗となった。

そんなウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイが、なんと今年も作品賞のプレゼンターを担当することに。ふたりが登場すると会場は爆笑、そしてスタンディングオベーションに。

ウォーレンは「ありがとうございます。みなさんにまたお会いできて光栄です(笑)」と、ジョークを飛ばした。さらにフェイは「よく言われるように、2度もプレゼンターができるなんてさらにステキなことですよね」とコメント。

そしてふたりは、今回見事作品賞を受賞した「シェイプ・オブ・ウォーター」をちゃんと間違えることなく発表。去年の名誉挽回を果たした。

また「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督は、発表されて登壇した後、ウォーレンに「これ見ていい?」とたずね、作品が書かれたエンヴェロップを再び確認するというおちゃめな姿を見せた。


 
アカデミー賞での発表ミスは担当者が仕事そっちのけでツイッターに興じていたことが原因!?(2017年2月28日)
第89回アカデミー賞授賞式で起きた作品賞の発表ミスの原因は、受賞結果の入った封筒を渡す人物がツイートに忙しかったからではないかと報じられた。 米時間2月26日に開催された同授賞式で、作品賞は「ラ・ラ...
第89回アカデミー賞で世紀の凡ミス! 作品賞をあやまって発表し大混乱、いったい何が起きたのか・・?[動画あり](2017年2月27日)
第89回アカデミー賞授賞式が、米時間2月26日、ハリウッドのドルビーシアターにて開催された。作品賞発表時、「ラ・ラ・ランド」と読み上げられたものの、本当の受賞作は「ムーンライト」だったことが判明。一時...
「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーン、アカデミー賞の発表ミスは「人生最悪の瞬間の1つ」(2017年3月1日)
女優のエマ・ストーンは、アカデミー賞(R)授賞式で作品賞の発表にミスがあったハプニングは「人生最悪の瞬間の1つ」だったとふり返った。 2月26日夜に開催された授賞式で作品賞のプレゼンターを務めたウォ...
アカデミー賞 司会ジミー・キンメル、大混乱の授賞式を振り返る! 「あんな終わり方って『LOST』以来だよ」[動画あり](2017年3月1日)
米時間2月26日に開催された第89回アカデミー賞授賞式でホストを務めたジミー・キンメルが、作品賞の誤発表で大混乱となった同イベントを振り返った。 自身の番組「Jimmy Kimmel Live」に登...
エマ・ストーンも思わず「オー・マイ・ガッド!」 アカデミー作品賞を逃した瞬間の「ラ・ラ・ランド」関係者の反応を動画・写真で振り返る(2017年2月28日)
現地時間2月26日に開催された第89回アカデミー賞授賞式。アカデミー賞授賞式のクライマックスである、作品賞の発表時、本来の受賞作品は「ムーンライト」であったが、「ラ・ラ・ランド」と間違って発表されると...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
English
  • Englishニュースはありません。