海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

グラミー賞でのパフォーマンスに世界中が感動!“新生ケシャ”来日公演決定!

2018年2月7日
ケシャケシャ
日本時間1月29日(月)に開催された第60回グラミー賞での感動的なパフォーマンスも記憶に新しいケシャの来日公演が4月に決定した。東京・大阪で計3公演開催される。

全世界トータル・セールス1300万枚以上のセールスを誇る世界的シンガー・ソングライターであるケシャ。元パンク・ロック歌手であり、現在もソングライターを続ける母親の影響で幼いころから自然と曲作りを始めた彼女は、17歳のときにアーティストへの楽曲提供やプロデュース業を開始。

そうした中で、プリンスの自宅に直接デモ・テープを届け、ロサンゼルスの有名な看板に変えるなど、その破天荒な行動や天賦の才能がドクター・ルークの目にとまり、2008年にシングル「ティック・トック」でデビューするやいなや同曲が全米シングル・チャートにおいて9週連続で1位を独占する大ヒットを記録。また、同年に発表したデビュー・アルバム『アニマル』も全米チャート初登場1位を獲得し、そのトータル・セールスが800万枚を超える世界的大ブレイクを果たした。

続く2013年には2ndアルバム「ウォーリア」を発表し、アルバム2作からの「ティック・トック」「ユア・ラヴ・イズ・マイ・ドラッグ」「ダイ・ヤング」と、ピットブルとの共演曲「ティンバー」の計4曲が全米シングル・チャート1位に輝くなど、着実にそのキャリアを積み重ねていた矢先に、2014年に訴訟にまで発展したドクター・ルークとの問題により音楽活動の休止を余儀なくされたが、昨年、約4年振りにリリースした通算3作目のニュー・アルバム「レインボー」が再び全米アルバム・チャート初登場1位を獲得。

“芸術的偉業”(「エンターテインメント・ウィークリー」誌)、“ケシャの最高傑作”(「ローリング・ストーン」誌)、“最強かつ絶対的なベスト”(『USAトゥデイ』紙)といった高い評価とファンの熱烈な歓迎ととともに大復活を遂げたケシャは、アルバムと同じく4年振りの来日も実現し、「サマーソニック2017」出演と名古屋での単独公演を開催した。

そして先週開催されたグラミー賞では、セクハラ問題撲滅を目的に立ちあげられた「Time’s up」運動支援のため、カミラ・カベロ、シンディ・ローパー、ビービー・レクサらとともに、自身のアルバム「レインボー」からのシングル「プレイング」を涙ながらに熱唱。そのパフォーマンスに、会場はもちろん、世界中を感動に震わせた。

数々の全米No.1ヒット、そして“心で泣くバラード”(ビルボード)とも評される「プレイング」をどう披露してくれるのか、人生最大の苦難を乗り越え、さらに強さと魅力を増した“新生ケシャ”の熱く、エモーショナルなステージは必見だ。

【来日情報】
KESHA RAINBOW TOUR 2018
<東京>
4月17日(火)・19日(木) ZEPP TOKYO
1F:スタンディング 2F:指定席
主催: J-WAVE/InterFM897
お問い合わせ: ウドー音楽事務所 03-3402-5999 http://udo.jp/
<大阪>
4月20日(金) ZEPP NAMBA
1F:スタンディング 2F:指定席
主催: FM802
お問い合わせ: 大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506 http://udo.jp/Osaka
<企画・招聘・制作>
ウドー音楽事務所

【リリース情報】
最新アルバム
「レインボー」
発売/配信中(2017年8月発売)
<国内盤CD: 全15曲>
SICP-5573 2,200円+税
日本盤ボーナス・トラック1曲収録
初回仕様限定ステッカー封入
<配信/輸入盤: 全14曲>
●iTunes購入リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1253656856?app=itunes&ls=1
※iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です

【ケシャ: プロフィール】
http://www.sonymusic.co.jp/artist/KESHA/profile/
●全世界トータル・セールス1300万枚以上のセールスを誇る世界的シンガー・ソングライター。元パンク・ロック歌手であり現在もソングライターを続ける母親
●2010年、シングル「ティック・トック」でデビュー。全米シングル・チャート9週連続1位という大ヒットを記録。
●同2010年、デビュー・アルバム「アニマル」を発表。全米アルバム・チャート初登場1位。日本でもオリコンデイリーCDランキング総合1位を獲得し、トータル・セールスが800万枚を突破する世界的大ブレイクを果たした。
●2013年、2ndアルバム「ウォーリア」を発表。
●これまでに「ティック・トック」「ユア・ラヴ・イズ・マイ・ドラッグ」「ダイ・ヤング」、ピットブルとの共演曲「ティンバー」の計4曲で全米シングル・チャート1位獲得。
●2017年8月、約4年ぶりとなる通算3作目の最新アルバム「レインボー」を発表し、同月<サマーソニック2017>に出演するとともに名古屋での単独公演を開催。
●2018年1月、第60回グラミー賞で最新アルバムからのシングル「プレイング」を、カミラ・カベロやシンディ・ローパーらとパフォーマンス。大きな感動を呼んだ。
●2018年4月に来日公演が決定。通算6回目の来日となる。
日本公式サイト: http://www.sonymusic.co.jp/kesha
 
グラミー賞、エド・シーランの受賞にネットが猛反発! ケシャ、ガガらを差し置いての受賞にファンが憤る理由(2018年1月29日)
現地時間1月28日、第60回グラミー賞授賞式が開催。エド・シーラン(26)の受賞に、一部のネットユーザーが難色を示している。 今年のグラミー賞において、シンディ・ローパー、カミラ・カベロら、大勢を引...
ケシャ、映画「グレイテスト・ショーマン」サウンドトラックのカバー曲をリリース[音源あり](2017年12月26日)
ケシャが、ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」サウンドトラックのパワフルなカバー曲「This Is Me」を12月22日にリリースした。 オリジナル版「This I...
これぞNo.1洋楽コンピ!ノミネート作品のみを収録したグラミー賞公式アルバムが発売(2018年1月24日)
今年で開催60周年を迎える世界最高峰の音楽の祭典、グラミー賞。15年ぶりの会場となる米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて、いよいよ日本時間の来週2018年1月29日(月)午前/現地時間1...
ケシャ、アルバム「レインボー」が全米1位に輝く! サマソニ翌日の単独公演でも日本のファンを魅了(2017年8月23日)
トータル・セールス1,300万枚、「ティック・トック」などの世界的ヒットで知られるケシャが、最新アルバム「レインボー」で全米アルバム・チャート初登場1位を獲得した。 長年のパートナーであったプロデュ...
ケシャが来日! ロボットレストランや“水晶”に大コーフン! 今週末にはサマソニ&単独公演(2017年8月17日)
8月16日(水)に4年ぶりとなる3rdアルバム「レインボー」国内盤をリリースしたケシャが、今週末に控えるサマーソニック&単独公演のため来日。さっそく日本をエンジョイしている様子を公開した。 ケシャは...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。