海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

【NETFLIXアメリカ本社突撃記(インタビュー編その4)】6兆円企業のCEOリード・ヘイスティングスを直撃! 「封筒を舐めまくった」意外な(?)苦労話から、成功の秘訣までを語る

2016年6月27日
リード・ヘイスティングスリード・ヘイスティングス
NETFLIXアメリカ本社で行ったインタビューシリーズのトリを飾るのは、同社のCEOリード・ヘイスティングス氏。“企業価値500億ドル(約6兆円)を超える”超大企業を作り上げたCEOは、何を語ってくれるのだろうか?

日本から来たジャーナリストを前に、ヘイスティングスCEOは、「いまこの時は、5年先まで思い出す記憶になる」と話を切り出した。いまこそが「エンターテインメントでの、インターネット・レボリューションのはじまり」だと彼は言う。

ヘイスティングス氏が言うように、インターネットはこれまで「社会やエリア、恋愛、コミュニケーション、新聞など」、ありとあらゆるものに変革をもたらしてきた。一方で彼によれば、NETFLIXが扱う「ビデオ、映画、テレビの変化は、はじまったばかり」。6月3日から全世界同時配信されている日本発の同社オリジナルドラマ「火花」を筆頭に、これまでにはない「新フォーマット、ハイクオリティ」の作品が、今後はネットを通してどんどん世に出てくるという。「この先、数年もすれば、2016年のいまこそが、新しい技術のはじまりだったと振り返るはず」と自信を見せた。

「火花」「火花」



――ライバルは時間!? CEOが名指しした競争相手って?

NETFLIXはインターネットを通じて、ドラマや映画、アニメといったエンターテインメント作品をユーザーに届ける、ストリーミング技術を用いた配信を行っている。業績は好調、向かうところ敵なしにも思えるが、CEOがライバルととらえる存在はいるのだろうか?

この問いに対してヘイスティングス氏が挙げた答えは、他の配信サービスや、テレビなど既存のメディアではなく、「時間」というものだった。

「NETFLIXが取り扱うのは、テレビや映画。スポーツ、ニュースなどは流しません。そのため、ライバルといえるのは時間です」

ヘイスティングス氏いわく、「NETFLIXを観ていないとき、ユーザーはゲームをしているかもしれない。もしかしたらテレビやDVDを観ていたり、お酒を飲みすぎたりしているかも」。このように、NETFLIXはエンターテインメントに限らず「広い範囲でユーザーの“時間”を取り合っている」と見なしているようで、「いろいろなライバルがいるといえば、その通り」とのこと。想像した以上に大きな“敵”と対峙していることを明かした。


――封筒を舐めまくった日々は過去… 意外なNETFLIXの歴史

昨年9月、“ストリーミングサービスの黒船”として日本上陸を果たしたNETFLIXだが、もともとはDVDのレンタル業を行う会社として知れた存在だったことは、日本国内ではあまり知られていない。1998年に郵送によるDVDレンタルサービスを始めたNETFLIXは、やがてインターネットの発展に伴い、オンラインを使ったDVDレンタルサービスを開始。その一方でストリーミング配信サービスをスタートさせ、今年、ついに世界190ヵ国で事業を展開するまでに成長を遂げた。

共同創業者のひとりであるヘイスティングス氏は、当時の苦労話をこう振り返っている。

「毎日毎日、たくさんの(レンタル用)封筒を舐めました。1日に100万本分もね。2005年当時は、全米に郵便局は235か所ありましたが、その半分は訪れたと思う」

だからこそ、NETFLIXのCEOとして立ったコンベンションの大舞台では、「もう封筒を舐めなくていいんだ!」と、神に感謝したとのこと。ではこの躍進の呼び水となったのは、なんだったのか。それは「インターネットのおかげ」と話している。




――需要も供給も無限大! インターネットがもたらしたもの

インターネットのおかげで可能になったこと、それは「パーソナライゼーション」だとヘイスティングス氏は話す。「ここ30年、インターネットの成長を見てきた」という彼は、「スクーリング(学習)、薬、エンターテインメント」など、さまざまなことが個人の需要に沿った形での供給が可能になったと話す。

NETFLIXももちろん例外ではなく、個々人のアカウントには、ユーザー自身の視聴傾向をふまえてレコメンデーションが行われ、またモバイルデバイスでの視聴を可能にすることによって、番組の内容はおろか、観たい時間・場所もユーザー自身の思うがままを実現している。

NETFLIXがニュースやスポーツを扱わないのはこういった理由からであり、リアルタイム放送であることが求められるこれらのジャンルでは、「好きな時に好きなモノを観る」というユーザーのニーズをかなえられないと話してくれた。


最新オリジナル作品「思いやりのススメ」には、ポール・ラッドとセレーナ・ゴメスが出演最新オリジナル作品「思いやりのススメ」には、ポール・ラッドとセレーナ・ゴメスが出演


日本でも6月24日より配信中日本でも6月24日より配信中



――「世界一のコンテンツ」を作るために! クリエイターを信じることで生まれる効果とは

NETFLIXはオリジナル作品の製作に力を入れているが、この方針は「世界中のユーザーに、同じものを同時に提供すれば、同じように見てもらえる」という考えに起因するのだという。ヘイスティングス氏がこのとき例に挙げたのは、世界中で事業を展開するディズニー。同社は国や地域によって権利事項が異なり、同じ作品でも“どこのディズニー”に属するかによって、内容には微細な変化がある。NETFLIXの場合は、権利を自社に集約することによって、国や地域を問わず同じ内容のエンターテインメントを届けようとしている。

新たなユーザー開拓のための戦略を、「世界一のコンテンツを作りだし、ユーザーを楽しませる」とシンプルに説明したヘイスティングス氏。NETFLIXのオリジナル作品は、クリエイター陣の裁量に任せている部分も多く、この自由度の高さは「信頼の土俵がある」としながら、「自由に作ることによって、創造性にインスピレーションを与える」と説明。創造性と相反するものとして、“製造性”という言葉を用いながら、「製造に重きを置くと、要素を削除していくことになる」「創造性に力を置くと、さらなる創造性を呼び込める」と、自社が次々と良質のコンテンツを生み出せる理由を語った。

ヘイスティングス氏本人も、前述の日本発ドラマ「火花」を視聴したそう。日本文化の色濃い内容を楽しんだようで、「ティーチャー&スチューデント(師匠と弟子)のストーリー。弟子の成功には、喜びに加えて悲しさも。人間の中身が描かれている作品」と、同社が提言する国境を越えたエンタメ体験をシェア。経営者としても「クリエイターには、ベストなストーリーを伝えてほしかった。自分の気持ちに忠実な表現をしてほしい。人々を楽しませ、今後、何10年以上にわたって口にのぼる作品」と、作品に太鼓判を押している。


【NETFLIXアメリカ本社突撃記(インタビュー編その3)】ヒット連発のカラクリ暴露! 次なる野望は、各国対抗オリジナルスポーツ番組での頂点(2016年6月13日)
ストリーミングサービスの黒船として日本に上陸したNETFLIXだが、同時に自社で...

【NETFLIXアメリカ本社突撃記(その1)】日本よ、これが世界企業だ! 海外で働きたい人必見! NETFLIXの本社を徹底取材(2016年6月3日)
2015年9月、ストリーミングサービスの黒船として、ついに日本上陸を果たした米企...
【NETFLIXアメリカ本社突撃記(その2)】日本よ、これが世界企業だ! 「初心を忘れない」ポップコーンの持つ意味って?(2016年6月6日)
トロフィーがずらりと並ぶ、荘厳な空間。そんなエントランスからちょっと浮いていたの...
【NETFLIXアメリカ本社突撃記(その3)】日本よ、これが世界企業だ! 「オタク」と名乗ってもいいじゃない! キーワードは「自由と責任」(2016年6月7日)
NETFLIXを象徴するキーワードとして、彼らが繰り返していたのは「自由と責任」...
【NETFLIXアメリカ本社突撃記(その4)】日本よ、これが世界企業だ! 振り返れば社長がいる!? パラソルの下でバリバリお仕事(2016年6月8日)
いわゆる「会社」の様子を思い浮かべてほしい。静まり返ったフロアに、ずらりと並んだ...
【NETFLIXアメリカ本社突撃記(その5)】日本よ、これが世界企業だ! 食べ放題・飲み放題! ロゴだらけ社内の裏話とは(2016年6月9日)
いわゆる共有スペースは、「タウンホール」と呼ばれている。議事堂と訳されるこの空間...
 
「フラーハウス」人気がスゴすぎ! あの「ウォーキング・デッド」に匹敵する視聴者数を獲得(2016年6月8日)
Netflixオリジナルドラマ「フラーハウス」が、今年最も見られたドラマだと報道...
「フラーハウス」シーズン2の制作がついにスタート! キャストが続々と写真を公開(2016年5月6日)
現在Netflixにて好評配信中の「フルハウス」続編の「フラーハウス」。3月には...
復活版「ギルモア・ガールズ」、スーキー役メリッサ・マッカーシーの出演を発表! 「オファーなし」からの急展開(2016年4月8日)
現在制作中の「ギルモア・ガールズ」のリバイバルシリーズに、人気キャラクター スー...
「フラーハウス」長女DJ、次女ステファニー、親友キミーにインタビュー! 「帰りを待っていてくれてありがとう」(2016年4月18日)
大人気海外ドラマ「フルハウス」の続編となる「フラーハウス」が、Netflixにて...
「デアデビル」マット役チャーリー・コックス初来日インタビュー! 撮影で一番キツかったこととは・・?(2016年3月31日)
Netflixのオリジナルドラマ「Marvel デアデビル」でマット・マードック...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。