海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

不屈の歌姫レイチェル・プラッテンが再び勇気と愛をプレゼント! 新アルバム『WAVES|ウェイヴス』をリリース

2017年11月8日
レイチェル・プラッテンレイチェル・プラッテン
ゴールドディスクを獲得したデビュー・アルバム『ワイルドファイア』(‘16)に続き、ファン待望のセカンド・アルバム『WAVES|ウェイヴス』(国内盤11月8日/輸入盤10月27日発売)をリリースしたレイチェル・プラッテン。10年以上もの下積み時代を経て「ファイト・ソング」でブレイクした不屈の歌姫が、ニューアルバムのために書き下ろした新曲「ブロークン・グラス」も、聴く人々を勇気づける強力なパワーを持つともっぱらの評判だ。彼女の曲が、これほどまでに世界中の人々を感動させるのはなぜなのか?そして、ニューアルバムに秘められた切なる思いとは?


音楽の中ですくすく成長。実はラップも大得意!

ボストンで育ったレイチェルは、幼少時代は両親の影響でビートルズやサム・クックの曲を口ずさみながら育ち、10代になるとヒップホップや女性シンガーソングライターから強い影響を受けるようになった。「私のレコードコレクションは、トーリ・エイモス、パッティー・グリフィン。そしてア・トライブ・コールド・クエストにナズ」「全く異なるジャンルに属するアーティストたちだけど、自分の弱さを告白する脆弱な歌詞、という共通点があるのよ」と、昔から“歌詞重視派”だったことを明かしている。

なお、グラミー賞に10回以上ノミネートされているラッパー、ナズからはかなりの影響を受けており、ラップも大の得意。米芸能誌「Usウィークリー」のインタビューで、「ビートボックスできるのよ」「高校時代は男友達とフリースタイルラップしていたわ」と告白している。ライブでも大御所ラッパーのスヌープ・ドッグやガールズ・ラップ・グループ、ソルト・ン・ペパの人気曲を、彼女風にアレンジして披露することもあり、「意外な才能!」だとファンを喜ばせている。

【動画】レイチェル・プラッテン ビートボックス披露



自分を信じてこられたのは、周囲の支えのおかげ

下積み時代が15年間と非常に長かったレイチェル。自分が成功すると信じて歌い続けてきたが、あまりにも長い期間、芽がでなかったため、何度も挫折しそうになったという。それでも諦めなかったのは、両親、姉、祖父、夫、友人たちの支えがあったからだった。

幼い頃からレイチェルの気持ちと意思を否定せずに尊重し、彼女を「自信が持てる人間」に育ててくれたセラピストの母と心理学博士の父。両親は彼女を支え続け、くじけそうになっても自分を信じる力を与えてくれたという。レイチェルが「歌がとても上手いのよ」と絶賛する妹のメラニアや、90歳を過ぎている最愛の祖母(今年他界)も、彼女の才能を信じて応援してくれた。2006年に「お互い一目惚れ」で交際を始め2012年に結婚した夫も、彼女の「歌手として成功したい」という夢を応援。周りの人間は、誰一人としてレイチェルに「落ち着きなさい」「現実を見なさい」とは言わなかった。

Nana singing fight song.

Rachel Plattenさん(@rachelplatten)がシェアした投稿 -




Happy anniversary to my love!

Rachel Plattenさん(@rachelplatten)がシェアした投稿 -



また、彼女が歌うことを決して諦めなかったのは、下積み時代に自主ツアーをしていた多くのショーで、観客を感動させる喜びを味わったため。20人程度の観客しかいないショーばかりだったが、誰もが彼女の歌に満足し拍手をしてくれたとのことで、「自分が続けていることは間違いではない」「もっともっと多くの人の心を揺さぶりたい」と思い、頑張り続けられたのだという。



口コミ&選挙で「ファイト・ソング」が大ブレイク

そんな彼女の夢を叶えたのは、2014年にネット上で発表した「ファイト・ソング」だった。レイチェルは米NBCの朝の情報番組「TODAY」に出演した際、「ずっとヒット曲を書こうって努力してきたけど、ダメだった。ある日、創作しようと努力しても無駄なんじゃないかって気付いたの。自分の経験を、自分の物語を、自分の言葉で伝えなければみんなには響かないんだって」「『ファイト・ソング』は、そうして生まれた曲なの。“自分自身を信じて、前向きに突き進ませてくれる曲”、そう、私にとっての応援歌なの」と説明。「ファイト・ソング」はレイチェルだけでなく、ネットで曲を聴いた多くの人たちにとっても応援歌となり、「ものすごく元気になれる曲がある!」と口コミで一気に広まった。

【動画】「ファイト・ソング」MV(日本語字幕入り)


そして2015年、「ファイト・ソング」はメジャー・レーベルのコロンビア・レコードから正式にリリースされることに。若者に人気の青春ミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』の挿入歌として使われたり、テイラー・スウィフトのツアーに招かれステージでデュエットしたりと世界的な知名度を得るようになった。昨年の米大統領選挙では女性初の米大統領を目指して立候補したヒラリー・クリントンの非公式応援歌に選ばれ、数多くのセレブたちが「ファイト・ソング」を歌うビデオを制作。ポップに馴染みのない年配層からも「素晴らしい曲」「元気がでる」と評価され、レイチェルは幅広い年齢層から支持されるアーティストとなった。

【動画】Democratic National Convention – Our Fight Song



大スターになっても飾らず自然体

大ブレイクしてからも、飾らず自然体なレイチェルはいく先々で人々を魅了している。昨年5月にデビュー・アルバム「ワイルドファイア」のプロモーションのため初来日した際、TVグルーヴが企画した「青山学院大学のヴォーカルエンターテイメントグループUnited Rhythm Carriersの部室にサプライズ登場」でも、大スターのオーラを持ちながらもフレンドリーな笑顔を振りまいていた。部員一人一人にこぼれるような笑顔でハグをし、心を込めたエールを送り、みんなと一緒に「ファイト・ソング」を大合唱。「いい人を演じる」スターが多い中、レイチェルは表裏がなく誰にでも同じフレンドリーな態度で接する。そんな性格の良さに惹かれ、彼女の曲の虜になる人も多いようだ。

【動画】レイチェル・プラッテンがいきなり青山学院大学に登場! 学生たちは超ビックリ&大感激


大学卒業後、世界で最も民族の多様化が進んでいるニューヨークを拠点に音楽活動をしていたこともあり、彼女はどんなカルチャーも偏見なく受け入れることができる柔軟さを身につけている。アメリカでは人種差別や男女差別、それに加えて業界の権力者によりセクハラなどが問題になっているが、レイチェルが伝えたいメッセージは「そういう人もいるよね。色々な考えを持つ人がいるけど、振り回されることなく、自分は自分で頑張り続ければいいんだよ!」ということなのだろうか。そんな彼女のまっすぐな姿勢も、幅広い年齢層から愛される理由だと言えよう。



ファースト・シングル「ブロークン・グラス」は、全ての女性への応援歌

レイチェルが、今年8月にリリースしたニューシングル「ブロークン・グラス」は、ヒラリーが敗北宣言した際に口にした言葉「最も困難なガラスの天井(注:女性の社会進出を阻む見えない壁を意味する)は打ち破れなかった」からの“ガラス”を打ち破ろう!と呼びかける曲。自分を信じて頑張っている女性たちに送る応援アンセムだ。

【動画】「ブロークン・グラス」MV(日本語字幕入り)


この「ブロークン・グラス」は、新作アルバム『WAVES|ウェイヴス』からのファースト・シングル曲である。アルバムの成功を大きく左右するファースト・シングル曲に、なぜこの曲を選んだのか?レイチェルは米音楽専門誌Billboardのインタビューの中で、「多くの人にとってこの1年間は、本当にクレイジーな年だったよね」と前置きをした上で、こう語っている。

「『女性の権利デモ』(今年1月21日に開催)に参加したとき、小さな女の子がお父さんに肩車してもらって、自分で描いた絵を掲げていたの。その姿を見て、私も音楽を通して希望のメッセージを伝え続けることで、女子パワーを推進したいなって思ったの。みんなにね、何があっても私が後ろについているから大丈夫だよ!って伝えたくて」「男性と女性が平等になるにはまだまだ長い道のりがあると思うのね。でも確実に良くなってきていると思う。女の子みんなでお互いを高め合うことができたら、最高にドープじゃない?」「『ブロークン・グラス』はそんなメッセージを込めた曲なの」と熱弁。



また、女性向けのファッション・ライフスタイルメディアRefinery29に寄稿したエッセイでは、「人生で私が学んできたことは、“どんなに辛い時もそこには光がある”ということ。私にとって『ブロークン・グラス』は、解放、癒し、高揚、希望、喜びのスローガンでもあるの」「私たち女性は一人でも強い。みんな一緒になったら、もう誰にも止めることはできない」と述べ、女性の意思はとてつもなく強いのだと力説。

「私の母や祖母も強い意思を持ち、その時代の女性として経験したガラスの天井を粉々に打ち砕いた。これこそが私を導くエネルギー、パワー、そして遺産なの。これを私自身の言葉と声で広く伝えたいと思っている」と熱く語っていた。


新たな伝説に! 新アルバム『WAVES|ウェイヴス』は本日発売

全世界の「頑張るみんな」を応援したいと走り続けるレイチェルのニューアルバム『WAVES|ウェイヴス』の国内盤は、本日11月8日(輸入盤10月27日)発売。現代を生きる人々にとって大きな励みになる伝説的な作品になることは間違いなさそうだ。


【リリース情報】
レイチェル・プラッテン
最新アルバム『Waves|ウェイヴス』
●国内盤CD(全16曲)
発売中
国内盤ボーナス・トラック3曲収録
歌詞・対訳・解説付き
SICP-5624
価格2,200円+税
購入リンク:
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=0921&cd=SICP000005624



<国内盤トラックリスト>
01. Perfect For You / パーフェクト・フォー・ユー
02. Whole Heart / ホール・ハート
03. Collide / コライド
04. Keep Up / キープ・アップ
05. Broken Glass / ブロークン・グラス ※1stシングル
06. Shivers / シヴァーズ
07. Loose Ends / ルース・エンズ
08. Labels / レーベルズ
09. Loveback / ラヴバック
10. Hands / ハンズ
11. Fooling You / フーリング・ユー
12. Good Life / グッド・ライフ
13. Grace / グレイス
<ボーナス・トラック>
14. Even If It Hurts / イーヴン・イフ・イット・ハーツ
15. Without You / ウィザウト・ユー
16. Wild / ワイルド

●配信(全13曲)
https://itunes.apple.com/jp/album/id1291444413?at=10lpgB&ct=886446783901_al&app=itunes
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

●輸入盤CD (全13曲)
発売中
 
「ファイト・ソング」が世界中で大ヒットのレイチェル・プラッテン、初来日インタビュー! デビュー・アルバムは「日記みたいなもの」(2016年5月2日)
2003年に音楽活動をスタートさせてから後苦節12年、夢を諦めず、自分を信じる想いを胸に力強く歌った“自分応援ソング”こと「ファイト・ソング」が大ヒットを遂げた“不屈”のシンガー・ソングライター、レイ...
“不屈”のシンガー・ソングライター レイチェル・プラッテン初来日インタビュー! 学生時代の忘れられない思い出とは・・?(2016年5月6日)
自分を勇気づけるために書き上げた楽曲「ファイト・ソング」が、多くの人たちの心に火を点けたシンガー・ソングライター レイチェル・プラッテンが、日本デビュー・アルバム「ワイルドファイア」を携え初来日。TV...
「ファイト・ソング」大ヒット中のレイチェル・プラッテン、初来日スペシャル・ショーケース・ライブを開催! 観客の大合唱に「なんでみんな歌詞を知ってるの?」と大興奮(2016年4月28日)
今年最高の“自分応援歌”として、「ファイト・ソング」が大ヒット中のレイチェル・プラッテン(34)が、初来日。都内某所で、スペシャル・ショーケース・ライブを開催した。 いまでこそ話題沸騰中のレイチェ...
「ファイト・ソング」レイチェル・プラッテンがいきなり青山学院大学に登場! 学生たちは超ビックリ&大感激【感動サプライズ動画】(2016年5月19日)
2003年に音楽活動をスタートさせてから後苦節12年、夢を諦めず、自分を信じる想いを胸に力強く歌った“自分応援ソング”こと「ファイト・ソング」が大ヒットを遂げた“不屈”のシンガー・ソングライター、レイ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。