海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

グレース・ヴァンダーウォール、再来日インタビュー! 改めて明かす、幼少期の意外な夢って? 「歌手になってから、○○の練習がやっと活かせたの」

2017年12月12日
グレース・ヴァンダーウォールグレース・ヴァンダーウォール
(c)TVGroove.com
全世界話題の13歳の天才シンガー・ソングライター グレース・ヴァンダーウォールが、今年6月に続いて早くも再来日。TVGrooveのインタビューに応じてくれた。

グレース・ヴァンダーウォールは、オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」で昨年優勝。勝ち抜く過程で披露した楽曲を中心に収録したデビューEP「パーフェクトリー・インパーフェクト」は、全米ビルボード・アルバムチャートにて、初登場9位を記録。そして11月3日、ついにファン待望のファースト・フルアルバム「ジャスト・ザ・ビギニング」が、世界同時リリースされた。

半年ぶりに再会したグレースは、身長も伸びたようで、すっかり大人びた印象。しかし多忙なプロモーション活動中にも関わらず、明るい笑顔で「これファンからもらったの!」と親し気に語りかけてくれるようなフレンドリーでかわいらしいところは、変わらないまま。インタビュー中も、質問に対して「どういうことが聞きたいの?」と問い返し、内容を深く理解した回答へつなげようと努めてくれるなど、真剣に向き合ってくれた。

(c)TVGroove.com



――約半年ぶりの日本はいかがですか?

グレース: 最高よ。いつだって日本は大好きなの。

(週末には渋谷で発売イベントを開催。握手会を行いましたね)

グレース: すごく楽しかったわ。日本のファンに会うのが大好き。みんな優しくて礼儀正しい。

(中にはグレースさんに会えたことで泣き出してしまうファンもいましたが……)

グレース: オーマイゴッシュ! すごく胸が苦しくなるの。ファンが泣き出しちゃうと、もうどうしたらいいのかわからなくて。「泣かないで~」って。素敵な瞬間だし、私のために泣いてくれるなんて申し訳ない気もするけど、うれしくて舞い上がっちゃうところもあるの。





――11月3日に1stアルバム「ジャスト・ザ・ビギニング」をリリース。本作はどんな作品ですか?

グレース: (EP製作時のレコーディングとは異なり)バンドが(サポートとして)加わったの。作っていてとても楽しかった。新しい要素を取り入れて、みんなに聞いてもらうのが待ちきれなかった。緊張したけれど、エキサイティングな体験だったわ。

(アルバム製作も初めてのことだったと思いますが、一番楽しかったこと、一番大変だったことを覚えていますか?)

グレース: (笑って)一番楽しかったことは、プロデュースしてミックスしていく過程。曲に命を与えていくみたいな作業よ。これまで自分の曲をそうして聞いてみたことがなかったから、「うわ~」って感じで、まるで赤ちゃんが成長していくのを見守るような心境だった。
大変だったことは……うーん……ハードワークだったってことかな。あちこち旅していたし、私、仕事をしているわ!って感じだった。

【グレース「明日がアルバム発売だって気が付いたとき」】

When you realize #justthebeginning comes out tomorrow

Grace VanderWaalさん(@gracevanderwaal)がシェアした投稿 -




――「ジャスト・ザ・ビギニング」収録作品の中で、特に思い入れが深い1曲はありますか?

グレース: 「ムーンライト」ね。“最初”の1曲だから。オーディションで歌ってきた曲もあるんだけど、この曲がプロデュースから最後まで手がけた、真の“最初の1曲”だと思っているの。だからいつまでも心に残っているし、私にとって大きな意味を持っているの。初MV、初シングル、数えきれないくらいの思い出が詰まっている。もっと思い出を増やしていきたいな。

(ちょうど「ムーンライト」は、前回来日のタイミングで初公開でしたね。MVの撮影はどうでしたか?)

グレース: 実は小さいころは、俳優になりたいと思っていたのよね。泣く方法を身に着けなくちゃと思って、5歳くらいのころには、鏡の前に座って涙を流す練習していたこともあるの。それでベビーシッターをビックリさせたことも(笑)。シッターへのイタズラ以外の用途で、やっとこれを使う時がきたぞ!って感じではあったわね(笑)

【動画】演技の練習が実った初MV! グレース・ヴァンダーウォール「ムーンライト」



――初めてのツアーもスタート。チケットもすでにソールドアウトしましたが、どう感じましたか?

グレース: すごく楽しいの。もう、もうもうワクワクしっぱなし! とにかく楽しくて仕方がないの! 日本にもすぐにツアーで戻ってくるからね、すぐによ! それも絶対に楽しめるものになる! いまは会場からホテル、家に移動って感じだけど、2月には本物の“ツアーバス”に乗るの。全部が新鮮で、興味津々だし、エキサイティング。何より楽しいはずよ。



(日本でのツアー公演で、ファンにはこうしてもらいたい!という希望はありますか?)

グレース: うーん……ダンス! みんなが踊っているのを見るのって、最高じゃない? これまでパフォーマンスしてきた中には、踊るのに躊躇しちゃう観客が多い街もあったのよね。歌いながら心の中で、「なんで? ノー、大丈夫よ! 踊っちゃいなよ!」って(笑)。みんなが踊ってくれると、私の自信にもつながるの。楽しいじゃない? だからもっとたくさんのみんなにダンスしてほしいの!




――ティーン・チョイス・アワードや、ビルボードの「21 Under 21」に選出されるなど、同年代を率いる存在として注目されることをどう思っていますか?

グレース: プレッシャーはかなりある。だからって大きな変化はないの。パパラッチに追いかけまわされるなんてこともないし(笑)。落ち着いて、自分らしい生活をしているわ。(クールですね、と言われ)努力しているの(笑)

(撮影や授賞式で、ザラ・ラーソン(歌手)や、ミリー・ボビー・ブラウン(女優)など、同世代の有名人と顔を合わせる機会もあったかと思いますが、彼女たちとはどんな関係なのでしょうか?)

グレース: 同じ業界の同世代の女の子たちとの間には、特別な絆があるの。特にミリーや、マディー(・ジーグラー、ダンサー)はね。私たちは毎晩お泊り会をしているわけじゃないけれど(笑)、それでも“特別”って思えるの。

teen choice awards with my homies

Grace VanderWaalさん(@gracevanderwaal)がシェアした投稿 -


Love

Grace VanderWaalさん(@gracevanderwaal)がシェアした投稿 -




――アルバム収録曲「シック・オブ・ビーイング・トールド」は、ちょっと反抗的なティーンの曲だと感じました。この場を借りて、ご両親に言っておきたいことがあればぜひ。

グレース: 鼻ピアスを開けさせて!(笑)


――アルバム収録曲「ジャスト・ア・クラッシュ」は、甘酸っぱい恋心を歌ったような内容。実体験に基づく楽曲なんでしょうか?

グレース: もちろん、ノー(笑)。創作よ。自分の部屋で遊んでいて、パッと浮かんだの。とてもシンプルな曲よ。スタジオに持って行って、「いいね!」ってなったら楽器が加わって、出来上がり。

(c)TVGroove.com



――IMGモデルズと契約したことで、今後はモデルとしての活動も。歌手活動と合わせて、どんな抱負を持っている?

グレース: ファッションが大好きなの。服やヘアなんかが大好き。何にワクワクしているって、私自身、ありのままで撮影に臨めるってところ。自分を隠さなくてもいいの。ハイファッションの変なところが好きだし、スーパーモデルになるのも夢だったし、こんなことになるなんて思っていなかったから、ただおもしろそうって思っていたくらい。すごくクールだよね。早く私にも、そんなことがやれる機会があるといいんだけど。

【ブランドとコラボしたアクセサリーやTシャツを販売】



(今日の恰好もカワイイ衣装ですが、ポイントは?)

グレース: 誰でも着こなせるから、ポイントなんてないの。店に入って気に入ったものがあれば買う! 誰が何をいっても気にしない。どう?ってね。それだけよ。

(c)TVGroove.com



――ファンへのメッセージをお願いします。

グレース: TVGrooveをご覧のみなさん、グレース・ヴァンダーウォールよ! このインタビューを観てくれて、そしていつも応援してくれてありがとう。近い将来、みんなと会えますように!


(インタビュー、終わり)

ウクレレを持っているということは…後日公開予定の動画をお楽しみに!ウクレレを持っているということは…後日公開予定の動画をお楽しみに!
(c)TVGroove.com


【リリース情報】

「ジャスト・ザ・ビギニング」
絶賛発売中
ジャスト・ザ・ビギニング(期間生産限定盤)
日本盤のみ歌詞対訳、ライナーノーツ付、ボーナス・トラック4曲収録
期間生産限定盤のみ、日本盤オリジナルジャケ写、三方背BOX仕様
期間限定スペシャル・プライス 1,920+税

iTunes購入リンク https://itunes.apple.com/jp/album/just-the-beginning/id1281124911?app=iTunes

※収録曲
1. ムーンライト
2. シック・オブ・ビーイング・トールド
3. バーント
4. ジャスト・ア・クラッシュ
5. ソー・マッチ・モア・ザン・ディス
6. エスケープ・マイ・マインド
7. トーク・グッド
8. フローレッツ
9. インセイン・サムタイムズ
10. ア・ベター・ライフ
11. シティ・ソング
12. ダークネス・キープス・チェイシング・ミー

※日本盤ボーナス・トラック
13. オーバー・ザ・レインボー(虹の彼方に)※Honda Nシリーズ CMソング
14. アイ・ドント・ノウ・マイ・ネーム
15. ラングス
16. ホープ・フォー・チェンジ

【動画】最新ミュージックビデオ 「ソー・マッチ・モア・ザン・ディス」



【関連ウェブサイト】

公式HP(日本語)
http://www.sonymusic.co.jp/artist/gracevanderwaal/

公式HP(英語)
http://www.gracevanderwaalofficial.com

Facebook
http://www.facebook.com/GraceVanderWaalMusic

Twitter
http://twitter.com/GraceVanderWaal

Snapchat
http://snapchat.com/add/grace_kawaii

Instagram
http://instagram.com/gracevanderwaal

Youtube
https://www.youtube.com/c/OhNevermindItsJustMe
https://www.youtube.com/GraceVanderWaalVEVO


【Spotifyプレイリスト: Laid Back Afternoon with Grace VanderWaal】
http://spoti.fi/gracev
 
グレース・ヴァンダーウォール、初来日インタビュー! 13歳の天才少女が思い描く将来とは?[動画あり](2017年6月23日)
13歳の天才シンガーソングライター、グレース・ヴァンダーウォールが初来日を果たした。 グレース・ヴァンダーウォールは昨年、米人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント(AGT)」第11シー...
グレース・ヴァンダーウォール、優勝したオーディション番組で新曲「「ムーンライト」披露! 素晴らしい歌声に会場総立ち[動画あり](2017年8月18日)
13歳の天才シンガーソングライター グレース・ヴァンダーウォールが、デビューするきっかけとなったオーディション番組に出演。新曲「ムーンライト」のパフォーマンスを披露した。 グレース・ヴァンダーウォー...
“未来のテイラー・スウィフト”グレース・ヴァンダーウォール、結婚を控えたカップルのために特別パフォーマンスを披露[動画あり](2017年2月14日)
昨年出演した米NBCテレビの大人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント(第11シーズン)」で見事優勝を果たし、「未来のテイラー・スウィフト」と呼ばれている歌手グレース・ヴァンダーウォール(...
全米で話題沸騰中の12歳の歌手 グレース・ヴァンダーウォール、“未来のテイラー・スウィフト”と呼ばれることに不満!? 「テイラーになりたいワケじゃない」(2016年12月19日)
オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に出演し、審査員から大絶賛を受け、全米から大注目されている12歳のシンガー・ソングライター グレース・ヴァンダーウォールだが、“未来のテイラー・スウィ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。