海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「glee」にも出演したフィリピンの天才歌手シャリースがレズビアンだとカミングアウト

2013年6月3日
インタビューを受けるシャリースインタビューを受けるシャリース
YouTubeより
人気海外ドラマ「glee/グリー」に出演したこともあるフィリピン出身の歌手シャリース(21)が、レズビアンであるとカミングアウトした。

フィリピン生まれのシャリースは、幼少時代から抜群の歌唱力を生かし、国内のアマチュアコンテストに多数出場。ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンなどの楽曲を大人顔負けの圧倒的な声量と表現力で歌い上げる驚愕の才能は、すぐに国際的にも注目される。米人気トークショーホスト、オプラ・ウィンフリーの番組などに招かれ、披露したパフォーマンスはYouTube上で公開され、驚異的な再生数を記録した。そして、2010年に全米リリースしたアルバム「シャリース」は、アメリカのアルバムチャートで初登場8位を記録。アジア人ソロアーティストとして初のトップ10入りを果たし、人気海外ドラマ「glee/グリー」にも2度出演を果たした。

シャリースは6月2日、母国フィリピンで放送されたテレビ番組「The Buzz」のインタビューのなかで、自身の性的指向について問われ、レズビアンであることを告白した。

【動画】シャリース「みんな公平なの」


シャリースがレズビアンだという噂が真実なのかどうかとの司会者の問いに対し、シャリースは「Opo, tomboy po ako」(はい、私はレズビアンです)と母国語で答えた。

さらに、「今はとても自由を感じています。もう、恐れずに家から外に出かけることができるから」と続けた。

長かった髪を短く切り、ボーイッシュな見た目に変わってから、彼女のセクシャリティについての噂が過去1年囁かれるようになっていた。そして、今回ついにカミングアウトするに至ったシャリースは、スタイルの変化は、反抗したいからではなく、ただシンプルに自分がこうありたいと思う姿でいるだけだと話した。

シャリースは、このカミングアウトを受け入れられない人に対し申し訳ないと涙ぐむ一方で、「私を受け入れてくれる人には心から感謝したいです。私たちはみんな公平で、ゲイであろうとストレートであろうと関係ないんです」と語り、インタビューを締めくくった。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ