海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

ザ・ウィークエンドの大ヒット曲「キャント・フィール・マイ・フェイス」、国内クリエイターによる6秒動画アプリ“Vine”の動画がなんと総再生回数250万回突破

2016年3月11日
ザ・ウィークエンドザ・ウィークエンド
全米シングルチャートおよびアルバムチャートで1位を獲得、先日の第58回グラミー賞では2部門を受賞し、グラミー賞の他、アカデミー賞やイギリスのブリット・アワードでもその魅惑的なパフォーマンスを披露し、今まさに世界中から熱い視線を浴びている、ザ・ウィークエンド。

あのトム・クルーズやアリアナ・グランデが、ザ・ウィークエンドの代表曲「キャント・フィール・マイ・フェイス」をパフォーマンスしたことがヒットのきっかけの理由として有名である。

それはアメリカの人気番組「The Tonight Show With Jimmy Fallon」にて昨年放送されたもので、トム・クルーズは同番組内の口パクパフォーマンスを競うコーナーにて、放送当時全米チャートを席巻していた「キャント・フィール・マイ・フェイス」を自身のパフォーマンス楽曲に選曲。まるで自分の持ち歌であるかのようなパフォーマンスに番組共演者も大盛り上がりの模様が収められている。

またアリアナ・グランデは、ルーレットで歌手と曲が選ばれ、その歌手になりきって楽曲を披露するコーナーに出演。その際にセリーヌ・ディオンのモノマネをしながら同楽曲を披露し、持ち前の歌唱力を活かした見事な歌声を披露した様子が公開されている。

こうした映像はまさに世界中を席巻しているザ・ウィークエンドの勢いを物語っており、その勢いが本物であることが顕著に見て取れる映像となっている。

【動画】トム・クルーズによる口パクパフォーマンス映像


【動画】アリアナ・グランデによるものまねパフォーマンス映像


また、その勢いは海外のみに留まらない。現在国内で展開中の、ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」をテーマにした6秒動画アプリ“Vine”クリエイターによる動画の総再生回数が250万回を突破するなど、日本国内でもザ・ウィークエンドが大きな盛り上がりを見せている。

これは、ザ・ウィークエンドが所属する日本のレーベルのユニバーサル インターナショナルが、大関れいかをはじめ数多くのVineクリエイターが所属するGROVE株式会社とタッグを組み実施しているもの。各クリエイターがそれぞれ作品を作成し、3月末までVine上にて随時更新されている。

世界のみならず国内でも話題のザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」を収録した、世界中で大ヒットしているアルバム「ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス」の待望の国内盤が遂に来週発売されるので、話題になること間違いなさそうだ。

★GROVE株式会社所属のクリエイターによる作品集
//www.universal-music.co.jp/the-weeknd/news/vine


ザ・ウィークエンドのアルバム『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』の国内盤は3月16日(水)発売。2016年最注目アーティストと言っても過言ではない彼の勢いを見逃すな!

■リリース情報

全米通算3週No.1シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」収録!
全米3週連続No.1アルバム「ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス」

国内盤発売日: 2016.03.16

ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス~スペシャル・プライス盤
ザ・ウィークエンド ニッキー・ミナージュ
ユニバーサル ミュージック (2016-03-16)
売り上げランキング: 867


価格(税込): 2,376円
品番:UICU-9082

輸入盤発売中/デジタル配信中!

★iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/beauty-behind-the-madness/id1017326322?app=itunes&at=10I3L

【動画】「キャント・フィール・マイ・フェイス」MV



■ザ・ウィークエンド バイオグラフィー

“ザ・ウィークエンド”ことエイベル・テスファイは、1990年2月生まれ(現在26歳)のシングル・マザーに育てられたエチオピア人系カナダ人。高校中退後、「成功するまでは母親に顔を見せられない」と家出をし、トロントを拠点に音楽活動を開始。2011年、自身のレーベルXOから本名と顔を隠した形で無料配信ミックステープ3作『House Of Balloons』『Thursday』『Echoes Of Silence』を発表。取材を拒否し、インターネットを通じたファン・ベースを通じてその評価を確立。メジャー・レーベルへ移籍後、2012年にリリースされたその3部作のボックス・セット『Trilogy』は、全米初登場4位を記録。2013年には初のコマーシャル・アルバム『キッスランド』を発表し、全米初登場2位を記録。

その後、2014年にはアリアナ・グランデの「ラヴ・ミー・ハーダー」にフィーチャーされ、2015年世界中で大ヒットした映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2月公開)にて自身の「アーンド・イット」が起用されては一気にファン層を拡大させる。6月Apple Musicのカンファレンスで新曲「キャント・フィール・マイ・フェイス」を初披露し、7月にはテイラー・スウィフトのニュージャージー公演にて同曲を共演。トム・クルーズが全米人気テレビ番組にて同曲の口パクパフォーマンスを披露する程全米のお茶の間に浸透し、遂にシングルはザ・ウィークエンド自身初の全米No.1へと昇りつめた。
インターネット/ミックステープ時代から一気にメインストリームのミュージックシーンへ挑んだザ・ウィークエンドの、世界中が注目した新作『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』は今年8月に海外で発売となり、全米アルバム・チャート初登場1位を獲得。2016年、第58回グラミー賞にて2部門を受賞するなど、ここ日本でも“ザ・ウィークエンド旋風”が巻き起こること間違いナシだ!

★日本公式ページ: //www.universal-music.co.jp/the-weeknd
 
ザ・ウィークエンド「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー」に出演!官能的なボイスで会場を魅了(2015年11月12日)
人気歌手ザ・ウィークエンドが、現地時間11月10日に開催された、人気下着ブランド...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
English