海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

Netflix「13の理由」ディラン·ミネット、アリーシャ・ボー来日スペシャルイベントを開催! 「原宿や渋谷へ行ったよ」と東京を堪能

2018年4月24日
Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」の、シーズン2の製作も進んでいる本作のメインキャスト2人、ディラン·ミネット、アリーシャ・ボーと脚本・エグゼクティブプロデューサー、ブライアン·ヨーキーが来日し《来日スペシャルイベント》が行われた。

Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」は、歌手で女優のセレーナ・ゴメスが原作と出会い6年以上の歳月をかけ、自らが製作総指揮として映像化を実現させたドラマシリーズ。昨年の配信開始以降、若者たちを縛るスマートフォンやSNSを通した友情、恋愛、人間関係など、現代社会の抱える闇をリアルに映し出した作品として、記録的な反響を生んだ。

第1話と第2話を視聴した観客の前に主人公クレイを演じたハリウッド注目の若手俳優ディラン·ミネット、ハンナの元友人で事件の鍵を握るジェシカ役のアリーシャ・ボー、脚本・エグゼクティブプロデューサーを兼任し、トニー賞とピューリッツァー賞に輝いた「Next to Normal (原題)」などを手がけたブライアン·ヨーキーが登場すると会場は歓声に包まれた。

ディランは、世界中で注目を浴び、イッキ見した人が続出した本作の魅力について「年齢に限らず、全員が自分の姿をさらけ出したのです。」と観る人を夢中にさせる面白さ、魅力について語った。

そんな作品が生み出された撮影現場について、アリーシャは「みんなが家族のようだった。自分のもろい部分をさらけ出し、お互いを100パーセント受け入れる安心安全な現場だったわ。」と振り返る。

さらに2017年最も多くツイートされ、ディランや、アリーシャのようなSNS世代がどっぷりハマった本作の製作に至った経緯についてブライアンは「14歳の姪からある本を薦められ、一夜で読み切りました。身の回りの若い人たちについて考えさせられました。この作品が映像化されると聞いたとき、私は何としても関わりたいと思い、自分からオファーしたんです」と語った。

そんな来日ゲスト3名の想い入れたっぷりの本作を観て“衝撃を受けた”という若槻千夏、本作のストーリーのように“SNSによって人生が変わった”というりゅうちぇるが来日のお祝いに駆けつけた。

本作で描かれているようにSNSを通した友情、恋愛、人間関係について、りゅうちぇるは「写真一つで勘違いが生まれる。自分というものを勝手に決めつけられてしまう」と話し「だから最近ではあまり近距離で女の人と写真を撮らないようにしている。“ぺこりんオンリー”だと気を付けています!」と明かして会場を沸かせた。

さらに、若槻は、「SNSに疎い部分があり、始めた当初は5日間くらい自宅の場所が表示されていた。しかも、それに誰もザワつかなかった」と恐怖体験を自虐的に語りつつ、「でも世界中の人と繋がれるのは素晴らしいことだと思います」とSNSの良さも併せてコメント。

そして、現在SNSで流行中の♯高校生の自分に教えたいことについて話題が及ぶとディランは、「高校生時代は感情的になることが多い。そして言葉にはインパクトがある。だから行動や発言する前に考え抜いてほしい」と振り返りながら語った。

さらに、アリーシャは「私は孤独を感じるタイプでしたが、“孤独を感じても良い”、“自分について知ることができる”と当時の自分に教えたい。そして、高校時代にできた友達は、自分を形付ける助けになる。自分を支えて愛してくれる存在です。」と過去の自分にメッセージを送り、観客の共感を得た。

最後に若槻、りゅうちぇるから「もっともっとたくさんの人に『13の理由』を見てもらえることを願って、こちらを用意しました!」と本作がカセットテープが鍵になるストーリーであることにちなみ、<巨大カセットテープ絵馬>が来日ゲストにサプライズでプレゼントされると「タイトルが日本語でクール!」とアリーシャは、興奮を隠し切れない様子。

そしてディランが「シーズン2ではよりキャラクターの魅力が掘り下げられているんですよ」と製作が決定しているシーズン2について少しだけ触れると会場から拍手が巻き起こり、期待値がさらに高まった。

登壇者コメント

ディラン·ミネット
(初来日について):「私とアリーシャは昨日、日本に着きました。原宿や渋谷へ行き、新宿ゴールデン街では小さなバーに入ってみんなと仲良くなりました。」

アリーシャ・ボー
(初来日について):「根津神社に行きました。隣接してフードマーケットがあって、全部食べたいと思いました。1カ月くらい滞在して日本食を楽しみたいくらいです」

ブライアン·ヨーキー
(初来日について):「大学時代に歌舞伎を勉強していたので、歌舞伎を見たいです。もしそれが今回叶わなくても、いつか日本に帰ってきて見たいと思います。そして無印良品へも行きたいです。あとは家族に頼まれたダークチョコレートとミント味のキットカットを買います」

■配信情報:
Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」
独占配信中
 
「13の理由」シーズン2に向けて“注意喚起”動画を公開 「自殺をうながす」と問題視された、シーズン1からの改善策を明らかに(2018年3月22日)
NETFLIXによるドラマ作品「13の理由」が、来たるシーズン2配信開始に向け、注意喚起動画を公開した。 「13の理由」は、自殺した女子高生ハンナ・ベイカー(キャサリン・ラングフォード演)が遺した“...
人気ドラマ「13の理由」著者にセクハラ容疑! 文学組合から追放される(2018年2月14日)
NETFLIXで配信中の人気ドラマ「13の理由」の著者ジェイ・アッシャーがセクシャルハラスメントの容疑で所属する組合を追放されていたことが明らかになった。 「13の理由」はジェイ・アッシャーの小説を...
人気ドラマ「13の理由」ブライアン・ボックスが強盗容疑で逮捕! ドラマの人気を悪用した犯行手口に衝撃が走る(2018年1月10日)
歌手セレーナ・ゴメスが制作指揮を務めたことで話題となった人気ドラマ「13の理由」の出演俳優ブライアン・ボックスが、高齢者を対象に窃盗を行っていたとして逮捕された。J-14が報じている。 「13の理由...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。