海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

「エージェント・オブ・シールド」デイジー役クロエ・ベネットに直撃インタビュー! クラーク・グレッグからもらったベスト・アドバイスとは?[後編]

2017年1月27日
クロエ・ベネットクロエ・ベネット
© 2016 MARVEL & ABC Studios
大ヒット映画「アベンジャーズ」のスピンオフとして放送が始まった「エージェント・オブ・シールド」。1月21日から全国無料のBSテレビ局Dlifeで放送を開始し、2月3日には最新シーズン3のブルーレイ&DVDの発売が控えるなか、TVグルーヴはシールドのヘッドクォーターを訪問!デイジー役を演じるクロエ・ベネットにインタビューを行った。

最新シーズン3では、スーパーパワーを使える“インヒューマンズ”が世界中で覚醒。彼らの存在により世界が混乱する中、コールソン率いるシールド(国際平和維持組織)メンバーらが、彼らを保護すべく奮闘する。

インタビュー前編では、初の大役となったデイジー役を得るまでの過程や、デイジー役を通して学んだことなどを語ってくれたベネット。後編では、シーズン3で登場するインヒューマンズについて、ドラマシリーズにレギュラー出演することの苦労やオフの時間の過ごし方、共演者であるクラーク・グレッグ(コールソン役)からもらったアドバイスなどを伺った。


Q: シーズン3ではインヒューマンズが多く登場します。インヒューマンズについて少し説明して下さい。

クロエ: 変な呼び方よね。インヒューマンズと呼んでも、彼らはヒューマンなんだもの。私たちは皆ヒューマンなのに、特別なパワー、普通とは違うパワーを持っていることから、インヒューマンズとして差別されてしまう。ちょうど今の社会の中でLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)が差別されるのに似てるわね。他と違うから差別される。インヒューマンズが差別されるのは皆と違うところがあるからなの。違うことだけに重きを置いて、「なんで皆と同じようにできないのか?」と思われてるの。でもインヒューマンズは、普通と違うパワーがあるからこそ凄く面白いのよ。


Q: このシリーズに縛られていることで自由時間があまりないとは思いますが、仕事をしてない時の貴重な時間をどんなふうに過ごしていますか?

クロエ: 犬を飼ってるの!犬に夢中なの。ちょっと夢中になり過ぎてるかもしれないけど犬の虜になってるの(笑)。いつもいつも一緒にいるわ(笑)。
 
2匹飼っているんだけどすごく可愛いのよ。写真を見せたいわ。本当にキュートなんだから。名前は、ウォリーとアーサーっていうの。犬の話、ちゃんと記事の中に入れてね。日本で有名な犬になって欲しいから(笑)。

撮影現場にいる時間がとっても長いの。この役の為に身体を鍛えるようにしてるから、自由時間にはエクササイズしていることが多いわね。ファイトシーンが多いから。あとは、食べたり、テレビを見たりしてるわ。テレビシリーズをイッキ見(binge-watching)するの。「ザ・クラウン」(エリザベス2世について描くNetflixオリジナルシリーズ)や、リアリティ・ショーの「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」 などを見るの。カーダシアン家について見るのが好きなのよ(笑)。あんまり良い番組じゃないわよね。ファンに言っちゃダメよ(笑)。

© 2016 MARVEL & ABC Studios


Q: このシリーズの撮影現場にいる時間がすごく長いと仰っていましたが、共演者はファミリーのような存在なのではないですか?

クロエ: イエス!クラーク(・グレッグ)は最悪なのよ。私を虐めるの(笑)。良い共演者に囲まれてラッキーだと思う。家族と過ごす時間より、ずっとずっと長い時間をみんなと一緒に過ごしているの。このシリーズのキャストは私のファミリーなの。クラークは先輩であり、話を聞いてくれる大切な仲間であり、いろいろなことを教えてくれる師でもあるの。


Q: 劇中のコールソンは、デイジーに対しとても過保護なところがあります。普段でもコールソンを演じるクラークは、あなたを見守ってくれるのですね?

クロエ: そうよ。彼はいつも私を応援してくれてるの。作品の中でも、普段でも守ってくれてるわ。本当にラッキーだと思ってる。私にとってこのシリーズは初めての大役で、経験が浅いことから戸惑う事ことも多いけれど、彼が守ってくれることで随分助かっているの。彼を見ていて、いろいろ学ぶことばかり。こういう大きなシリーズの中で、日々の出来事にどんなふうに対処して行くか?周りの人とどんなふうに接していくか?というような、撮影現場で一緒に仕事をする人たちと上手くやって行くコツを彼から学んでいるのよ。人には良くするっていうことの大切さを教えてくれたわ。撮影現場では、主役の彼はリーダーだもの。彼の人との接し方を見て、随分と学ぶことが多かったわ。


Q: クラークさんがあなたにくれたベスト・アドバイスは何ですか?

クロエ: 彼は私に数え切れない程のアドバイスをくれたわ。ベスト・アドバイスは「自分を大切にしなさい」かな。こんな大掛かりなシリーズに関わるのが初めての私は、時々自分を見失いそうになっていたの。役が求める私、ファンが求める私、このシリーズが求める私、それがごちゃまぜになって襲って来て、自分を見失ってしまいそうになったり、周りに吸い込まれそうになったり、自分自身が消えてしまいそうになってしまった。そんな時にクラークが、自分を見失わないようにねっていう感じで言った言葉が「自分を大事にしなさい(Take care of yourself)」 だったのよ。

クロエ・ベネットとクラーク・グレッグクロエ・ベネットとクラーク・グレッグ
© 2016 MARVEL & ABC Studios


Q: シーズン3にはさらに個性的なキャラクターが登場します。シーズン1&2と比べて、あなた自身も慣れてきたということも含めて、シーズン3の撮影現場の変化や印象を教えて下さい。

クロエ: シーズン3の撮影現場は今までとは全く違うと言っていいくらい、いろいろなことが変化したの。シーズン3は、シールドの一つのチャプターが終わるって感じね。今までで一番凄い事が起こるの。シーズン3の後は、シールド・チームは今までと同じ状態に戻ることはないわ。それほど沢山の“出来事”が満載なのよ。今のシールドを十分楽しんでおいた方がいいわ。シーズン4のシールド・チームはかなり違うものになっているんだから。


Q: 人気シリーズのレギュラーをやっていて困ることは何ですか?

クロエ: そうね、時間が長いことかな。時々「大変だな」ってため息が出ることがあるわ。でも大変な分だけ、喜びも大きいの。慣れるのに時間がかかったことは、相手無しで演技しなければならないこと。自分だけなのに相手がいるように装って大げさに反応したり、地面が揺れている想定で立っていられない振りをしたり(笑)。

それからハイヒールが辛いわ。長い時間ハイヒールで立っていると、脚が疲れて死にそうに辛いの。家に帰って脚を投げ出すまでが本当に辛い。日本に行きたいわ。行くチャンスがあったのに今回は行けなくて諦めたの。美味しい日本食が食べたかったのに...日本食が大好きなの!


Q: アメコミベースの映画やテレビシリーズなどの人気が、年々増しています。どうしてだと思いますか?

クロエ: まずは、ヒーローと呼ばれてる人達にも弱いところや完璧じゃないところがあるという部分が人を惹きつける理由の一つだと思う。特にマーベル・シネマティック・ユニバースのヒーローには、いろいろな形、タイプ、力があって、必ずしもスーパーヒーローと呼ばれているキャラクターだけがヒーローではないでしょ?そんなところに見る人は惹かれるのだと思う。スーパーヒーローだったとしても常に完璧じゃなくて、弱いところも苦手なことも、もろい所もあるっていうことね。それがマーベル・ユニバースに惹かれる部分じゃないかしら?スーパーなんだけど完璧じゃないっていうところがアメコミの面白さだと思う。

スーパーパワーは、いいことばかりをもたらすわけではないってこと。オーディションで使った言葉なんだけど、「スーパーパワーは余計な予期しないゴタゴタも一緒に連れて来る」って言う台詞が、とても大好きな言葉なの。スーパーパワーがなければ起こらない余計なゴタゴタ。それを山程持ってやって来るのがスーパーパワーっていうことね。そんなところが見る人を惹きつけると思っているわ。


Q: ファンに声をかけられたりしますか?

クロエ: イエス。話しかけてくる人はいるわね。始めた時に比べて髪の毛がどんどん短くなっているから、「あなた『エージェント・オブ・シールド』のスカイが髪の毛を短くしたって感じね」なんて言われるの。そんな時「あなたはシーズン3を見てないわね?!」って思っちゃった。だって、シーズン3のデイジーは、髪のが短いんだもの(笑)。


Q: シーズン3をこれから見る日本のファンに何かメッセージをお願いします。

クロエ: 日本のファンの皆さん。シーズン3は、とんでもなく色々なことが起こる、非常にワイルドなシーズンです。ティッシュの箱を抱えて、テレビの前に座って下さい。悲しいことが沢山起こります。見ごたえのあるシーズンです。みんなのことが大好き!


(インタビュー、おわり)

© 2016 MARVEL & ABC Studios

-----------------------------------------------

次回は、コールソン役クラーク・グレッグのインタビュー(前編)をお送りする。


◆「エージェント・オブ・シールド シーズン3」
2017年2月3日(金) ブルーレイ COMPLETE BOX(20,000円+税)、DVD Part1(4,700円+税)発売!第1弾DVDレンタル、一挙デジタル配信開始!
2017年2月17日(金) DVD Part2、Part3(各4,700円+税)発売!第2弾DVDレンタル開始!

© 2016 MARVEL & ABC Studios


「マーベル エージェント・オブ・シールド 3」
全国無料のBSテレビ局Dlife(ディーライフ/BS258)にて1月21日(土)放送スタート
毎週土曜21:00~22:00 / (字)毎週金曜27:00~28:00

◆作品情報(シーズン3)
シールド VS 特殊能力者(インヒューマンズ) 
新たな脅威から世界を救えるのか?マーベルが贈る「アベンジャーズ」のスピンオフ、新シーズン登場!
あの「アベンジャーズ」シリーズや、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」など、数々の世界的大ヒット映画を製作するマーベルがお贈りする、本格アクション・ドラマ「エージェント・オブ・シールド」。待望のシーズン3では、悪の秘密結社ヒドラ、そして「インヒューマンズ(特殊能力者)」との死闘の末、世界中に拡散されてしまった未知の物質テリジェン。その影響により人類が次々とインヒューマンズとして覚醒。世界は混乱し始め、シールドはこれまでにない脅威に立ち向かうため、新たなチームの結成を目指します。

【動画】「エージェント・オブ・シールド シーズン3」予告編


◆公式サイト
//marvel-japan.jp/shield/

© 2016 MARVEL & ABC Studios
 
マーベル「インヒューマンズ」、映画ではなくTVドラマに! 米ABCにて2017年秋に放送へ(2016年11月15日)
マーベルは、特殊能力を持つ超人的な種族“インヒューマンズ”を描くTVシリーズ「M...
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編のトレイラーが初公開! 異色のヒーロー軍団が帰ってきた[動画](2016年10月20日)
2014年に大ヒットを記録したマーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」...
オスカー女優ブリー・ラーソン、キャプテン・マーベル役に決定(2016年7月26日)
映画「ルーム」でアカデミー主演女優賞を獲得した、女優で歌手のブリー・ラーソンが、...
スカーレット・ヨハンソン演じるマーベルの人気キャラ「ブラック・ウィドウ」の単独主演映画、実現か(2016年5月10日)
「アベンジャーズ」「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」シリーズに登場するマー...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
English
  • Englishニュースはありません。