海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

「キングコング:髑髏島の巨神」ブリー・ラーソン、来日インタビュー! 過酷撮影で過去最強のブリーに!? 「続編があるなら日本で撮りたい!」【前編】

2017年3月23日
ブリー・ラーソンブリー・ラーソン
©YOSHIKO YODA
映画「キングコング:髑髏島の巨神」より、ヒロインを演じた女優ブリー・ラーソン(27)が来日。インタビューにて、映画で演じた役柄や、女優としてのあり方を語った。

映画「キングコング:髑髏島の巨神」は、言わずと知れた映画史が誇る“怪物”キングコングを描く最新作。神話の中にだけ存在するとされた謎の島へ、未知なる生物を発見するため、調査遠征隊が派遣される。だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ)》だった…

一足早く公開された全米では、初週No.1ヒットと、華々しいスタートを切った本作より、主要キャスト3名が、プロモーションのために来日。TVGrooveは、主要キャストのひとり、メイソン・ウィーバー役を演じた、ブリー・ラーソンにインタビュー。映画「ルーム」でのアカデミー主演女優賞より、約1年。彼女が本作で演じたのは、調査隊に同行するフォトグラファーという、まったく異なるキャラクターだ。ジャングルを駆け回る過酷な撮影が、彼女に与えたものとは? キャストとの関係や、女優業に対する考え方など、幅広い質問に答えてくれた。

【インタビュー後編も公開中】

――二度目の来日ですが、日本の印象はいかがですか?

ブリー: 日本は地球上でも大好きな場所のひとつよ。食べ物、文化、ショッピングが大好き。他の場所では感じられない親しみがあって、まるで家みたい。もっと長い時間を過ごしたいし、数ヶ月間、日本に滞在することは、私の夢よ。

(続編のウワサもありますが……?)

ブリー: 私もみなさんと同じくらいのことしか知らないのよ(笑) 「キングコング対ゴジラ」を日本で撮影してくれないかな(笑) ウワサは聞いているから、実現しますように!って願っているの(笑)

【原宿でお買い物】

HAPPY SPRING EQUINOX Thank you Harajuku for the blessing of this sweatshirt.

Brieさん(@brielarson)がシェアした投稿 -



――演じたメイソン・ウィーバーとご自身に、似通った点はありますか?

ブリー:いままで演じてきたキャラクターすべてに、自分が投影できる部分があるわ。私自身や、私の心から生まれ出るものだもの。
でもたいてい、キャラクターを演じることで、自分について学ぶことの方が多いの。ウィーバーを通じては、“声”。自分の信念を、声にして発することがどれだけ大切かを学んだわ。自分が思っていたよりも、私は勇敢だとも気が付けた。
(反対に似ていない点は?)どうかしら? コングに触れるほどの勇気が、私にあるかどうかは謎ね。よほどの信頼がなくちゃ。動物は大好きなんだけど(笑)、100フィート(約30メートル)もあるんだもの。

コングは巨大すぎ?コングは巨大すぎ?
(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED



――ウィーバーとコングの間に、絆が芽生えたようなシーンがありましたね。これはどのように演じたのでしょうか?

ブリー: ただ想像力を使ったの。私にとっての現実は、スクリーンで観られるほど、素敵なものではなかったわ。グリーンスクリーンと、ピンクのテープの前で、(コングと)触れたり見つめあったりしていたの。実際にコングはこういう顔かしら?なんて想像しながら演じていたわ。
(出来上がりを拝見したときは?)驚いたわ! ちゃんと目にするまで、自分が「キングコング」に出演している自覚もできなかったの(笑)

緊迫感あるシーンの連続緊迫感あるシーンの連続
(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED



――LAプレミアで、「本作を通じて自分の強さを学べた」と発言していましたね。具体的にはどんな場面でそう感じたのでしょうか?

ブリー: 毎日10時間、登ったり跳んだりしていたときかな(笑) 疲れきってバタッと眠りに落ちても、2時間やっと寝たら同じことの繰り返し。それを暑い中も寒い中も、半年間繰り返せば、誰だって自分の肉体の強さに気がつけるわ。カラダから“生き抜きたい”という意思を感じるの。ズタズタになっても、一度休めば、より強くなって戻ってこられる。
(本作がご自身の強さを引き出してくれたということですか?)そうね。よりハードな作品だって平気よ。女優の仕事のいいところは、精神的にも肉体的にも、自分の限界をどんどん押し上げてくれるところね。

(ウィーバーはたくましい女性でしたが、ご自身が困難にぶつかった場合、どう乗り越えるでしょう?)

ブリー: 私ならユーモア。それが最良の方法よ。自分の中に葛藤があるとき、身体は解放を望んでいるわ。それは泣くか笑うかだと思うの。泣くことも悪くはないけれど、私は笑う方が好き。
(実際に映画のような状況に陥ったら?)そうね、笑っていたいわ。でも泣かないって意味じゃないわよ!(笑) なるべく笑いたいって意味。笑うことで、恐ろしいものに近づけると思うから。不安を取り除いてくれる効果があると思う。どうであっても、逃げるのではなく、近づいていかなくちゃいけないの。

【本人いわく、「登ったり降りたりで疲れ切っているのに、かわいこぶろうとした1枚」】



――オスカーを受賞した「ルーム」では、事前にかなりトレーニングを行ったと仰っていましたが、今作の役作りのためにしたことは?

ブリー: こんなに身体を使う役はやったことがなかったの。「ルーム」の場合は、精神的なトレーニングを積んだわ。「キングコング」では、6ヶ月の撮影に耐え得るための準備をしたの。私にとっては未知の体験だったから、やり遂げられたことをうれしく思うわ。
(具体的には?)2分間スプリントとウェイトトレーニングをひたすら繰り返すトレーニングと、ピラティスを毎日1時間ずつ。数ヵ月間、毎日ね! 何度かジムで泣いちゃったわ(笑)

(過去の「キングコング」作品はご覧になりましたか?)

ブリー: 観たことはあるわ。大好きな作品だけど、撮影前に、改めて見返すことは敢えてしなかった。影響を受けて、自分の芝居が左右されることが怖かったの。過去の作品には関係なく、自分の演技ができる自由を保ちたかったからよ。

(日本では昨年「シン・ゴジラ」が大ヒットしました。同じ怪獣映画ですが、過去に「ゴジラ」を観た経験は?)

ブリー: ずっと前に観たわ。それから2014年の作品(「GODZILLA ゴジラ」ギャレス・エドワーズ監督)も。モンスター映画が大好きなの。怖いんだけどね(笑)
(もし巨大生物に会えるとしたら、実際に危険を冒しても会ってみたい?)えぇ! 危険は恐れないわ。サメがいることがあっても、スキューバダイビングをやるのが好きなの。

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED



(後編へ続く)


【サミュエル・L・ジャクソンの来日インタビューも公開中】
「キングコング:髑髏島の巨神」サミュエル・L・ジャクソン、来日インタビュー! 次回作ではゴジラとの激闘へ!? 続編について大胆暴露【後編】(2017年3月22日)
映画「キングコング:髑髏島の巨神」より、プレストン・パッカード大佐役を演じたサミ...


■作品情報

「キングコング:髑髏島の巨神」

あらすじ:それは簡単な任務のはずだった・・・・。侵略地拡大のため、調査遠征隊が謎の島に潜入する。しかし、そこは人が決して足を踏み入れてはならない島‐‐‐---髑髏島(ドクロ)島だった。爆弾を落とし、気軽に調査を開始した隊員たちの前に突如として姿を現す、島の守護神“コング”。

巨神の圧倒的なパワーの前に唖然とする隊員たち。骸骨が散らばる島の岸壁には血塗られた巨大な手の痕跡までもが・・・。だが、悪夢はそれだけではなかった。彼らの前には、謎の巨獣たちが次々と現れる。逃げても、隠れても、容赦なく襲いかかる巨獣たちを目の前に、人間は虫ケラに過ぎず為す術もない・・・。

絶体絶命、待ったなしの猛襲が続く中、やがて明らかになる髑髏島の秘密―。果たして、コングは人類にとって悪魔なのか、神なる存在なのか―。人類は生きて、この島から脱出できるのだろうか―

【動画】予告編


出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、MIYAVI、ジョン・C・ライリー、他

監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ

日本語版吹替キャスト:GACKT、佐々木 希、真壁刀義

公開日:3月25日(土) 3D/2D/IMAX ロードショー

公式サイト://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
 
トム・ヒドルストン、「キングコング」ジャパンプレミアに登場! 初めての日本に笑顔「またすぐにお会いしましょう」[動画あり](2017年3月17日)
映画「キングコング:髑髏島の巨神」より主演を務めたトム・ヒドルストン、ブリー・ラ...
「キングコング:髑髏島の巨神」世界を制圧! 全米興行収入70億円で初登場NO.1を獲得&全世界興収は160億円超え(2017年3月14日)
全世界の映画ファンが待望するスクリーンの王者“キングコング”を描くアドベンチャー...
「キングコング:髑髏島の巨神」トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンなど豪華キャストがLAプレミアに集結[写真あり](2017年3月13日)
全世界の映画ファンが待望するスクリーンの王者“キングコング”を描くアドベンチャー...
サミュエル・L・ジャクソン、「キングコング」の撮影で地球の将来が不安に! 妻に太陽光パネルにしようと説得を試みるも・・・(2017年2月27日)
俳優のサミュエル・L・ジャクソンは、「キングコング:髑髏島の巨神」の撮影を通じて...
来日決定のブリー・ラーソン、「キングコング: 髑髏島の巨神」の撮影は超過酷だった! 「極寒なのに衣装はタンクトップで・・」(2017年2月22日)
映画「ルーム」での演技により昨年度アカデミー賞主演女優賞に輝いた米女優のブリー・...
トム・ヒドルストン、トーク番組にゴリラの着ぐるみ姿で登場! 一体何の目的で・・?[動画](2016年11月21日)
英俳優のトム・ヒドルストン(35)が、ゴリラの着ぐるみ姿で新作映画「キングコング...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。