海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

「ガール・ミーツ・ワールド」ローワン・ブランチャードが「非ストレート、非ゲイ」を公言! 14歳にして「性的指向を定義しない」生き方を表明

2016年1月19日
ローワン・ブランチャードローワン・ブランチャード
WENN.com
ディズニーチャンネルで放送中の人気海外ドラマ「ガール・ミーツ・ワールド」の主人公ライリーを演じる、ローワン・ブランチャード(14)が、自らの性的指向について言及。あえて定義をしないことについて語っている。

人気ドラマのヒロインとして、同世代を中心にブレイク中のローワン。女優としての活動の一方で、国連組織UNウィメンの会議という大舞台で性別の平等についてスピーチを行うなど、社会問題にも積極的に取り組む姿勢を見せており、慈善活動にも励んでいる。

ローワンは先週末、自身が「クィア※」であると、ツイッターを通じて名言。自身の性的指向に関するカムアウトを行った。

※クィア(queer) …… セクシュアル・マイノリティ(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスセクシュアル・トランスジェンダーなど)の人々を表すため、使用されている言葉。本来の意味は、「風変わりな」「妙な」「変な」といったところ

ローワンは「私はこれまでの人生で、男の子を好きになった経験しかないけれど」と前置きをした上で、自分自身についてつづっている。

「それでも私は個人的に、自分のことをストレートであれ、ゲイであれ、そんなような言葉で定義したくない。だから私は自分に、そんなようなラベルを貼り付けたりしないの。ただ存在しているってだけよ」

さらにローワンは、ファンからの反応と問いに答える形で、「どんな性の相手と付き合っても、オープンでいること」、『ガール・ミーツ・ワールド』で自身が演じるライリーも、「バイセクシュアル(両性愛者)であると描かれればいいのに」といった意見を明らかにしている。

これらのツイートは、ローワンが「Rookie」に寄せたエッセイに付随して発表されたもの。一連のツイートの中で、「私はクィア」と認めているローワンだが、そのことについて「私にとって、クィアであるということは、自分のセクシャリティを定義しないというだけのこと。ただ存在する、ということよ」としている。
 
なぜ女の子は写真で笑わないといけないの? 「ガール・ミーツ・ワールド」ローワン・ブランチャードがモノ申す(2015年12月8日)
米ディズニー・チャンネルのドラマ「ガール・ミーツ・ワールド」のローワン・ブランチ...
「ガール・ミーツ・ワールド」ローワン・ブランチャード、“ホワイト・フェミニズム”について熱弁! エマ・ワトソンも賞賛(2015年8月27日)
90年代に放送された人気青春コメディ「ボーイ・ミーツ・ワールド」の続編「ガール・...
ジョニデ娘リリー=ローズ・デップ(16)、「自分はストレートではない」宣言! LGBTQの支援キャンペーンに参加(2015年8月26日)
人気俳優ジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・デップ(16)が、セクシャルマイノ...
クリステン・スチュワート、自身のセクシャリティについて言及! 「隠していないから検索してみて」(2015年8月14日)
女性との交際がウワサされている、女優のクリステン・スチュワート(25)が、自身の...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。