海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

刑事ドラマの名手 スティーヴン・ボチコが死去 「ヒルストリート・ブルース」「NYPDブルー」などを手がけ、10度のエミー受賞

2018年4月2日
スティーヴン・ボチコと、ダイナ夫人
2008年撮影スティーヴン・ボチコと、ダイナ夫人
2008年撮影
WENN.com
テレビ番組プロデューサーとして、数々のドラマ作品を手がけてきたスティーヴン・ボチコが死去した。74歳だった。

親族によれば、4月1日、スティーヴン・ボチコは睡眠中に死去。故人は数年にわたり、まれなタイプの白血病と懸命に闘っており、2014年には骨髄移植手術を受けていた。葬儀などの予定は明かされていない。

スティーヴン・ボチコは、「鬼警部アイアンサイド」、「刑事コロンボ」といった1960年代を代表する名作ドラマの脚本家、ストーリーエディターとしてキャリアをスタート。1981年から1987年まで放送されたドラマ「ヒルストリート・ブルース」にプロデューサー、脚本家として参加し、エミー賞を獲得するなど大成功を収めた。その後も「L.A.ロー 七人の弁護士」、「天才少年ドギー・ハウザー」、「NYPDブルー」など、刑事もの、事件ものドラマを数多くプロデュースし、ブレイクさせた。

Varietyは、故人の功績を「さまざまな相手とコラボレートし、20年にわたってテレビでもっとも人気のあるショーを送りだし続け、大勢のアンサンブルキャスト、非一話完結型のストーリーライン、社会を鋭くついたコンテンツなど、現代の1時間ドラマの原型を作り上げた」と称えている。スティーヴン・ボチコは生涯を通じ、プロデューサー、脚本家として、エミー賞に計30回ノミネート、そのうち10回を受賞している。

NYPD Blue: Season 01/ [DVD] [Import]
20th Century Fox (2008-05-20)
売り上げランキング: 189,529
 
「シルク・ドゥ・ソレイユ」公演中の落下事故で団員が死亡 創設史上2人目の悲劇(2018年3月19日)
カナダ発のエンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の団員が、公演中に事故死した。 世界各地で様々な公演を開催している「シルク・ドゥ・ソレイユ」だが、今回の事故が起きたのは、米フロリダ州タンパ...
スティーヴン・ホーキング博士が死去 「博士と彼女のセオリー」エディ・レッドメイン、「ビッグバン★セオリー」キャストらが追悼(2018年3月15日)
現代を代表する天才のひとり、スティーヴン・ホーキングが死去。76歳だった。 彼の死去は、3月14日、3人の子ども名義で「私たちの愛する父が今日、この世を去ったことを、深く悲しんでいます」との声明で明...
故ポール・ウォーカーのドキュメンタリー制作が決定 40年の人生、悲劇的な事故死を描く(2018年2月28日)
2013年に、自動車事故で死去した俳優ポール・ウォーカー(享年40)のドキュメンタリーの制作が決定した。 ポール・ウォーカーは、映画「ワイルド・スピード」シリーズなどで活躍。シリーズ7作目「ワイルド...
「そりゃないぜ!? フレイジャー」マーティン役ジョン・マホーニーが死去 享年77歳(2018年2月6日)
俳優ジョン・マホーニーが死去。77歳だった。 ジョン・マホーニーは、2月4日、米シカゴの自宅にて死去。TMZの報道によると、代理人は「ホスピス(終末期)ケアを受けながら亡くなった」と発表している。詳...
「glee」マーク・サリングの検視結果が明らかに 首吊り自殺による窒息死と断定(2018年2月2日)
先日、死去したマーク・サリング(享年35)の検視結果が公開された。 米ロサンゼルス検視局は、マーク・サリングの死因を、首吊りによる窒息であると発表。また、事件性はなく、自殺であると断定され、捜査の終...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ