海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

トム・クルーズ、日本のファンから「元気もらった」 1日で3都市まわる弾丸PRツアー成功を報告

2014年6月28日
トム・クルーズトム・クルーズ
(c)TVGroove.com
来日中の米俳優トム・クルーズが6月27日(金)、都内で記者会見を行い、主演最新作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」をアピールした。前日には大阪~福岡~東京の3大都市を1日で訪問する弾丸プロモーションを敢行し、約1万2000人のファンと対面したばかり。「疲れたかって? むしろ日本のファンから元気をもらったよ。昨日のことは一生忘れない」と上機嫌だった。

映画は日本発の小説「All You Need Is Kill」(桜坂洋著)を実写化したSFアクション超大作。トムが演じる主人公・ケイジが「死ぬたびに、生き返る」というタイムループに巻き込まれながら、人生をリセットするたびに強くなり、人類の救世主に成長するという壮大なストーリーだ。

大阪・道頓堀で歓声に応えるトム・クルーズ大阪・道頓堀で歓声に応えるトム・クルーズ


トムといえば、親日家で知られ、今回の来日プロモーションは記念すべき20回目。さらに大好きな日本が生んだ小説の映画化とあって「この作品を日本のみんなとシェアできるのが本当に嬉しいよ。僕自身、とても胸が高まっている」と興奮気味に語った。

映画製作の際には、常に全力投球することで知られるトムだが、今回はいつも以上に気合いが入っていたようで「撮影が始まる前に、現場のクルーと『チャレンジ精神を忘れず、同じ目的を目指してベストを尽くそう』と約束したんだ。みんな、自分の知識と技術、そして芸術性を100%発揮してくれた」とコメントにも自然と熱がこもる!

(左から)ダグ・ライマン監督、トム・クルーズ、プロデューサーのアーウィン・ストフ(左から)ダグ・ライマン監督、トム・クルーズ、プロデューサーのアーウィン・ストフ
(c)TVGroove.com


また、共演したエミリー・ブラントの感想を聞かれると、「僕はどんなに忙しくても1日1本は映画を見るんだ」と告白。「もちろん、エミリーの出演作も全部見ている。確かな演技力で、幅広い役柄を演じる女優だと思うし、身体能力も高いから、激しいアクションが多いこの作品にも対応できる。トレーニングは厳しかったみたいで『涙が出そうになった』と言っていたけどね」と語っていた。

会見にはトムに加えて、ダグ・ライマン監督、プロデューサーのアーウィン・ストフ氏も出席した。ライマン監督は「トムは常に日本のファンを最優先に考えながら、この映画を製作してきた。例えば、日本語字幕のタイミングや位置にも細心の注意を払っていた。『ここで字幕が出ちゃうと、せっかくの見せ場に視線がいかないな』っていう具合にね」。さらに「原作の魅力は主人公が最初の10分で死んでしまうこと。こんなトム・クルーズ、きっと誰も見たことないはずだよ」と自信を示した。

来日のトム・クルーズ、1日で3都市縦断する前代未聞の映画PRを敢行! 最終地・六本木ではファンからの“特大サプライズ”に感激(2014年6月27日)
日本発のライトノベルを原作とした主演作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を引っ...
トム・クルーズ、最新作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」ひっさげ関空より入国! サービス精神全開、50分間たっぷりファンと触れ合う(2014年6月26日)
トム・クルーズ主演最新作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が、7月4日(金)に...
“ワールドプレミア”の発案者はトム・クルーズだった!? 今では1日に3か国でプレミアを開くタフガイに(2014年6月6日)
いくつになっても魅力を損なわない端正な顔立ちと気さくな人柄で、日本でも屈指のビッ...
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。