海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

本日4/15は、ルーク・エヴァンスの誕生日! 「ハイ・ライズ」日本公開に寄せてメッセージ&来日中の貴重写真が公開

2016年4月15日
来日していたルーク・エヴァンス(バリー銀座店にて)来日していたルーク・エヴァンス(バリー銀座店にて)
「マイティ・ソー」シリーズのロキ役で大ブレイクした人気No.1のイケメン俳優トム・ヒドルストン他、世界的人気を誇る英国俳優たちが勢ぞろいし、SF小説の巨匠、J・G・バラードの原作を完全映画化した「ハイ・ライズ」が8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開となる。

上階に行くにつれ住民が富裕層になっていく40階建ての高層マンションで巻き起こる、皮肉な現代社会のヒエラルキーの崩壊。パーティー三昧の贅沢な毎日を過ごしていたセレブたちが堕落し、じわじわと崩壊していく様子をミステリアスかつアーティスティックな映像美で描いていく。

そんな本作で、このマンションに住み始める主人公の医師ロバート(トム・ヒドルストン)と大きく関わることになるワイルダーを演じる、「ホビット」シリーズや「ドラキュラZERO」で人気を博すルーク・エヴァンスが、本日4月15日の誕生日で37歳を迎えた。

エヴァンスは、スイスのラグジュアリーブランド・バリー(BALLY)が銀座に世界最大旗艦店をオープンしたことを記念して、先日開催されたパーティーのために緊急来日。本作「ハイ・ライズ」の日本公開に寄せて写真撮影に応じ、「日本公開は8月なんだよね!『ハイ・ライズ』はクレイジーですごく面白い作品だよ。僕のお気に入りの作品だから、日本の皆に観てもらえるのを楽しみにしているよ!」と熱いコメントも寄せている。

本作は、ヒドルストンやエヴァンスのほか、アカデミー賞受賞俳優ジェレミー・アイアンズ、「アメリカン・スナイパー」のシエナ・ミラーなど英国を代表するスターが勢揃いし、退廃的で官能的、ミステリアスで不条理、そしてどうしようもなく美しい上質なドラマを繰り広げる。監督は、「サイトシアーズ ~殺人者のための英国観光ガイド~」などを手がけ、イギリス内外で評価を高めているベン・ウィートリー。

■作品情報

「ハイ・ライズ」(原題:High-Rise)
8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開!

≪ストーリー≫
階級別にフロアが分けられ、上階に行くほど富裕層となる新築タワーマンション。新たに越してきた医師のロバート(トム・ヒドルストン)は、マンションのコンセプトを考案した建築家アンソニー(ジェレミー・アイアンズ)にも気に入られ、順風満帆な暮らしがスタートするかに思えた。ある時、彼はワイルダー(ルーク・エヴァンス)という住民からマンション内で起こっている異常事態を知らされることに。住民たちの摩擦は、徐々に激化していく。

監督:ベン・ウィートリー(「キル・リスト」「サイトシアーズ ~殺人者のための英国観光ガイド~」)
原作:J・G・バラード(「ハイ-ライズ」「太陽の帝国」「クラッシュ」)
出演:トム・ヒドルストン(「マイティ・ソー」シリーズ)、ルーク・エヴァンス(「ドラキュラZERO」)、ジェレミー・アイアンズ(「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」)、シエナ・ミラー(「アメリカン・スナイパー」)、エリザベス・モス(「マッドメン」)、ステイシー・マーティン(「ニンフォマニアック」)

2015年/イギリス/119分

配給・宣伝:トランスフォーマー

© RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015

公式Facebook: https://www.facebook.com/HighRise.jp/

【動画】「ハイ・ライズ」予告編(海外版)
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ