海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

「ファンタビ」エディ・レッドメインら来日決定! 「日本に魔法をかけに行きます」

2016年10月13日
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」より「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」より
(C)2016 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
解けない魔法のように世界中を魅了しつづける「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(「ファンタビ」)が11月23日 (水・祝)より公開となる。

「ハリポタ」シリーズの原作者J.K.ローリングが、映画のための脚本を書くためにペンを取った渾身の一作。シリーズ4作の監督、デイビッド・イェーツとのタッグとあって、これまでのハリポタの世界観を正当に受け継いだ新シリーズの完成が、世界中で待ち望まれている。

この度、“新シリーズ幕開け”となる記念すべき本作をひっさげ、主演を務める「彼女と博士のセオリー」でアカデミー賞主演男優賞を射止めた、今最も注目を集める実力派俳優のエディ・レッドメインらの来日が決定し、日本のファンに向けてのメッセージも到着した。

【動画】「ファンタビ」キャスト陣による日本のファンに向けたメッセージ


今回、まだ誰も観たことのない初めての魔法を連れて来日するのは、新たな魔法の世界を牽引する新主人公ニュートを演じるエディ・レッドメイン、新たなヒロインを務めるアメリカの魔法使いティナ(ポーペンティナ・ゴールドスタイン)を演じるキャサリン・ウォーターストン、素直で明るいティナの妹の魔法使いクイニ―(クイニ―・ゴールドスタイン)役のアリソン・スドル、魔法の世界に“初めて誘われる人間(マグル=米国ではノーマジ)”で楽観的な性格のジェイコブ(ジェイコブ・コワルスキー)役のダン・フォグラー。さらに、魔法の世界を知り尽くしているイェーツ監督、「ハリー・ポッター」全作や、ゼロ・グラビティなども手掛けている“世界No.1”とも言うべきプロデューサーのデイビッド・ヘイマンも自信作をひっさげ来日する。

6名は、11月21日(月)に作品をイメージした大規模なレッドカーペットイベントを開催。さらには、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ全9スクリーンをジャックしてジャパン・プレミア試写会を大々的に実施する。22日(火)には、マスコミだけでなく、本作公開を待ち望んでいるファンからの質問にも応える公開前日スペシャルナイトイベントにも登壇予定だ。

今回で、映画作品のPRとしては、3度目の来日となるエディと仲間たちから、「11月にみんなで日本に魔法をかけに行きます」とメッセージ映像も到着し、映像で観ることのできるキャスト4名の息の合った掛け合いから、日本でのプロモーションに注目が集まる。前回エディが来日した際は、レッドカーペットの当選確率は20倍、更に日本一の座席数を誇る映画館での舞台挨拶は販売開始わずか7分で完売したというから、今回の魔法使いたちの来日も盛り上がり、文字通り日本中が魔法にかかることることは必至だ。

エディたちは、日本でどんな魔法を放つのか、スケールアップする世界観、進化する魔法、予測不能な大冒険と壮大なドラマ。かつてない魔法の数々に胸躍る本編をひっさげ来日する魔法使いたちに期待が高まる。

■来日情報

日時:11月21日(月)、22日(火)

場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

来日メンバー:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、デイビッド・ヘイマン(プロデューサー)、デイビッド・イェーツ(監督)


■作品情報

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」より「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」より
(C)2016 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED


タイトル:「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

公開日時:11月23日(水・祝)、全国ロードショー

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/
 
「ファンタビ」公開目前! 「ハリポタ」最終章を、“初”の4DX上映が決定(2016年10月3日)
シリーズ累計の世界興行収入が約1兆円という、類を見ないメガヒットを飛ばし、日本で...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ