海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

ベネディクト・カンバーバッチはなぜあの厳正なアカデミー賞の会場でフォトボムをやってしまったのか? 今その真相が明らかに

2014年10月3日
ツイッターより
今年3月に行われた「第86回アカデミー賞授賞式」で話題となった、ベネディクト・カンバーバッチのフォトボム。あれから7か月が経ち、その真相をベネディクト本人が明かした。

今年、セレブの間で写真に写り込むフォトボムやセルフィー(自撮り写真)がちょっとしたブームとなっているが、アカデミー賞で一際メディアの注目を集めたのが、ベネディクトのフォトボム。U2の後ろで大ジャンプをして、集合写真に写り込んでいた。




一体どのような経緯でフォトボムをすることになったのだろう?ベネディクト本人が「Time Out」のインタビューで、「すべてはエレン・デジェネレス(今年度アカデミー賞司会者)のせい」だと明かした。

「U2にフォトボムをしたんだ。でも、あれは全部エレン・デジェネレスのせいなんだ。だって、彼女はレッドカーペット上のみんなにウォッカを飲ませていたんだからね」

「彼女のスタッフが小瓶を配っていたんだよ。それに、友人は僕にU2と写真を撮ってきてほしいと思っていたから、その機会があったから行動に出たまでだよ」

「彼らが立っているのを見たとき、『最高だ!』と思った。予定にはなかったことだけど、やっちゃったんだ」

今年のアカデミー賞授賞式では、生放送中にピザのデリバリーが届いたり、史上最高リツイート数を目指して大物俳優陣とともにセルフィーを撮るなど、見どころもハプニングも満載となったが、それもすべてエレンの巧妙な仕掛け(?)のおかげだったようだ。
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ