海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

映画「フォックスキャッチャー」予告解禁! スティーヴ・カレル初のシリアスな怪演でゴールデン・グローブ賞ノミネートの話題作

2015年1月7日
映画「フォックスキャッチャー」ポスター映画「フォックスキャッチャー」ポスター
ベネット・ミラー監督最新作、スティーヴ・カレル主演「フォックスキャッチャー」が2月14日(土)より公開となる。それに先駆け、本作の予告編が解禁された。

映画「フォックスキャッチャー」より
スティーヴ・カレル(左)、チャニング・テイタム映画「フォックスキャッチャー」より
スティーヴ・カレル(左)、チャニング・テイタム
Photo by Scott Garfield (C)MMXIV FAIR HILL LLC. ALL RIGHTS RESERVED


静かなる狂気の人間ドラマ。ベネット・ミラー監督最高傑作! 1996年 デュポン財閥御曹司によるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化

故フィリップ・シーモア・ホフマン主演「カポーティ」(05)では作家トルーマン・カポーティを、ブラッド・ピット主演「マネーボール」(11)では革新的球団運営で野球界の常識を変えたGMを、これまで実在の人物と事件を丹念に描いてきたベネット・ミラー監督。

最新作は、1996年に全米を震撼させた、デュポン財閥御曹司による“レスリング五輪金メダリスト射殺事件”を映画化。孤独、葛藤、富と名声、心の暗部でつながれた大富豪とレスリング金メダリストの病的ともいえる心理を鮮烈に描き、見事カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。

映画「フォックスキャッチャー」より
スティーヴ・カレル映画「フォックスキャッチャー」より
スティーヴ・カレル
Photo by Scott Garfield (C)MMXIV FAIR HILL LLC. ALL RIGHTS RESERVED


先日、日本時間12月11日に発表された米アカデミー賞最大の前哨戦とも言われる第72回米ゴールデン・グローブ賞では「作品賞」「主演男優賞(スティーヴ・カレル)」「助演男優賞(マーク・ラファロ)」の3部門にノミネートを果たした。

とりわけ主演男優賞にノミネートされ、これまで「リトル・ミス・サンシャイン」などのヒットコメディで活躍してきたカレル自身初のシリアスな怪演、さらには存命するメダリストの弟を演じたテイタムの鬼気迫る熱演は、共に批評家から大絶賛を受け、ダブルでの米アカデミー賞ノミネートが有力視されている。

また助演男優賞にノミネートされ「はじまりのうた」(2/7公開)の公開が控えるマーク・ラファロの変貌ぶりも話題となっている。

映画「フォックスキャッチャー」より
チャニング・テイタム(左)、マーク・ラファロ映画「フォックスキャッチャー」より
チャニング・テイタム(左)、マーク・ラファロ
Photo by Scott Garfield (C)MMXIV FAIR HILL LLC. ALL RIGHTS RESERVED


「演じることは挑戦であり少し怖くもあった」カレルの過去作で最も“ダーク”なキャラクター、ジョン・デュポンの狂気が迫りくる予告編

先日発表となった「第72回米ゴールデン・グローブ賞」のノミネーションを受けて、自身“初”となる「主演男優賞ノミネート」についてスティーヴ・カレルは、「これまでの映画の中でも最もダークで、デュポンを演じることは挑戦であると同時に少し怖くもあった。でも、怖いと感じることは挑戦すべきタイプの事柄だと考えるようにしているんだ。経験から多くを学べるからね。そしてそういったことにトライするには、より大きなリスクが伴うものさ」と語る。

映画「フォックスキャッチャー」より
スティーヴ・カレル映画「フォックスキャッチャー」より
スティーヴ・カレル
Photo by Scott Garfield (C)MMXIV FAIR HILL LLC. ALL RIGHTS RESERVED


今回、ゴールデン・グローブ賞ノミネートが発表となった日、「今晩はピザを注文するかもね。それが僕らのパーティーさ」とノミネートのお祝いをお茶目に語ったスティーヴ・カレル。そんなコメントからは想像出来ない、彼自身にさえ演じることが「怖かった」と言わしめた、本作のスティーヴ・カレル史上最も“ダーク”なキャラクターへの挑戦。

第72回米ゴールデン・グローブ賞の受賞式は日本時間1月12日(月・祝)に開催されるが、ノミネートに続き、スティーヴ・カレル史上初となる「主演男優賞」受賞はもたらされるだろうか。その可能性を予告編を通してアナタの目で確かめてみてほしい。

【動画】映画「フォックスキャッチャー」予告編




■ ストーリー

レスリングオリンピック金メダリストでありながら苦しい生計をしいられてるマークは、ある日デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンからソウル・オリンピック金メダル獲得を目指したレスリングチーム“フォックスキャッチャー “の結成プロジェクトに誘われる。自身のトレーニングに専念でき彼が崇拝する兄デイヴの影から抜け出すことを願うマークにとってそれは夢のような話だった。名声、孤独、隠された欠乏感を埋め合うよう惹き付け合うマークとデュポンだったが、デュポンの移り気な性格と不健全なライフスタイルが徐々に2人の風向きを変えていき、同じく金メダリストであるマークの兄デイヴがチームに加わることで、三者は誰もが予測できなかった結末へと駆り立てられていくことになる。 


■ 公開情報

「フォックスキャッチャー」
2015年2月14日(土)より新宿ピカデリー 他 全国公開

本年度カンヌ国際映画祭 監督賞受賞
第72回 米ゴールデン・グローブ賞「作品賞」「主演男優賞」「助演男優賞」3部門ノミネート

PG-12
監督: ベネット・ミラー 「マネーボール」、「カポーティ」     
脚本:E・マックス・フライ、ダン・ファターマン 
出演:スティーヴ・カレル「リトル・ミス・サンシャイン」、チャニング・テイタム「マジック・マイク」、マーク・ラファロ「アベンジャーズ」、シエナ・ミラー「ファクトリー・ガール」
配給:ロングライド
© MMXIV FAIR HILL LLC-ALL RIGHTS RESERVED
www.foxcatcher-movie.jp
 
第72回ゴールデン・グローブ賞 ノミネート発表[映画部門]「バードマン」が最多の7部門ノミネート(2014年12月12日)
アメリカ現地時間、12月11日、第72回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表された。 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン主演の「バードマン あるいは(無知がもたら...
五輪金メダリスト射殺事件を映画化「フォックスキャッチャー」2015年2月14日公開決定! スティーヴ・カレル、チャニング・テイタムら出演(2014年11月21日)
この度、「カポーティ」、「マネーボール」のベネット・ミラー監督最新作「FOXCATCHER」の邦題が「フォックスキャッチャー」に決定し、2015年2月14日に全国公開されることが決定した。 故フィ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ