海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

「アメリカン・アイドル」出場者Yoji Pop Asanoスペシャルインタビュー(4)

2011年3月14日
■オンエアを見て:「アメアイ」には感謝しています


Q そして、「アメリカン・アイドル」がついにオンエアされました。自分の映像が映るのか映らないのか、自分がどういう風に取り上げられるかという情報は全くなかったんですよね?

A 全くなかったですね。向こう(制作スタッフ)は面白い映像にしようとしてきます。収録の時には、あまり言いなりにならないように、言われて嫌だと思ったことは、嫌だと意思表示をしました。鳥を追いかけているシーンあるでしょ。あれは自分のアイディアなんです。鳥を追いかけて飛ばさせる予定だったんですけど、飛んでくれませんでした(笑)。


Q 実際オンエアでは、浅野さんはかなりスポットを当てられていました。

A それは大変嬉しいです。今回のことに関して、人種差別されているとか言われますが、僕は全くそう感じませんでした。というより、かなりの尊敬と愛情を感じました。本当に差別するなら、最後のジャッジにボロカス言われていて、悲しい顔をしている僕の顔を映すはずです。それもカットしてくれていて、視聴者の中には受かったんじゃないか!?とまで想像する人まで出て来ています。

名前の、「YOJI POP ASANO」に関しても僕はその名前で登録していません。「YOJI ASANO」で登録していたんですが、本番で僕が「YOJI POP」と言っただけで、編集で付け加えてくれました。(テロップで)出身地を「Brooklyn/Japan」としっかり書いてくれたのも日本への尊敬の一つの現れだと思います。

あの映像は、かなり僕の印象を上げられるように作ってくれていると思います。今回のこの放送に対して、アイドルにはとても感謝しています。


■オンエア後の反応:「ラジオ局から電話がいっぱいかかってきた」


Q オンエア後の周りの反応はどうでした?  

A 身内は大体ポジティブでしたね。

どこで電話番号を調べるのか、ラジオ局からいっぱい電話がかかってきました。TMZ.comという海外ウェブサイトからも電話がかかってきてインタビューを受け、記事が掲載されました。CNNでも放送されていたみたいです。

【TMZ.comの記事】’Idol’ Reject Yoji Pop -- I CAN Dance Like MJ!


ニューヨークタイムズにも載りましが、そこでは全部で5人の参加者が取り上げられていたんですが、5人全員変わってるやつなんですよ(笑)。

僕はその変わった人たちの一人という取り上げられ方だったので、(評価は)100点中5点くらいかな。

ちなみに、実はすでにBillboardで一位取ってるんですよね。これが人生初のBillboard一位!ただ次は自分のシングルとアルバムで一位を取らないと。

【Billboardの記事】’American Idol’ Premiere: Top 5 Auditions, from Yoji ’Pop’ to Devyn Rush


Q 今はインターネット時代ですから、YouTubeとかブログとかTwitterなどでの反応がすさまじかったですが、日本の反応は気になりますか?

A そうですね。だいたい周りからこんなこと書かれているよと教えられて調べ始めるんですけど。やっぱり気になりますよね。今のところ日本の恥になっていますけど(笑)。


Q ご家族の反応は?  

A 喜んでますよ。清水さんの書いてくださった記事も家族に送ったんですけど、喜んでいましたね。


Q その後のメディア出演依頼は?  

A (アメリカの)テレビ出演依頼はないですね。日本の民放と報道番組からはいくつかありましたが、まだ日本に出るのは早いかなと思って断りました。まだ中途半端なので、日本の人はあれを見てまだ理解できないと思うんですよ。日本での僕のとらえ方というのは、「日本初のアメリカン・アイドル出場者」という感じなんですよ。でもアメリカだとすでに「Yoji Pop」という一人のアーティストとして見てくれるんです。その差がまだあります。清水さんの場合も、個人として書いてくださったのでインタビュー受けさせていただいたんですけど、日本のテレビに今出ると自分が間違った方向にいきそうなので断りました。


Q オンエアを機に、クラブの出演などは増えましたか?  

A 増えてないです。今はダンスよりも歌を中心に活動して、自分の曲を売っているという感じです。


■ミュージシャンとして本格始動、シングルをリリース


Q iTunesで売られているのはオリジナル曲ですよね?  

A はい。作詞・作曲、トラックも全部作りました。多少プロデューサーのアイディアもありますけど、ほぼ全部、自分で作りました。ファーストシングルは「The Power」という曲で、結構アメリカ人ウケがいいんです。日本の方の反応はまだわからないですけど。


Q これからの目標は?  

A 今はレコーディング契約をとることが目標です。そこに神経を集中しないと。


Q どういうプロセスで実現をしようと考えてますか?  

A 考えてもどうしようもないですよ。感覚です。時期を待つという。もちろんこっちから向かっていきますが、時期には逆らえないので、人事を尽くして天命を待つという事です。


Q 地道に曲作りに励み、クラブの出演も続けていくと。  

A そうですね。


NEXT:(5)「Party in the USA」はもうやらない!? >>

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ]
 
「アメリカン・アイドル」出場者Yoji Pop Asanoスペシャルインタビュー(1)(2011年3月14日)
全米視聴率No.1の人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」。(日本ではFOXチャンネルで放送中) 今シーズンから審査員にスティーブン・タイラーとジェニファー・ロペスを迎えて、新たな陣容でスタ...
「アメリカン・アイドル」出場者Yoji Pop Asanoスペシャルインタビュー(2)(2011年3月14日)
■「アメアイ」に挑む – 第1審査 Q 「アメリカン・アイドル」のオーディションを受けたのは今回が初めてですか?きっかけは何でしたか? A 今回が初めてです。知り合いから受けろと薦められていたんで...
「アメリカン・アイドル」出場者Yoji Pop Asanoスペシャルインタビュー(3)(2011年3月14日)
■運命の本番審査 Q そして、いよいよ本番の審査に進みました。その日のことを教えてください。 A 本番の審査は9月の下旬に2日間にわたって行われました。僕は2日目で9月29日でした。その時...
「アメリカン・アイドル」出場者Yoji Pop Asanoスペシャルインタビュー(4)(2011年3月14日)
■オンエアを見て:「アメアイ」には感謝しています Q そして、「アメリカン・アイドル」がついにオンエアされました。自分の映像が映るのか映らないのか、自分がどういう風に取り上げられるかという情報は全...
「アメリカン・アイドル」出場者Yoji Pop Asanoスペシャルインタビュー(5)(2011年3月14日)
■もう「Party in the USA」は歌わない Q 「アメリカン・アイドル」の話題にもどって、あれはとても影響力のある番組で、オンエアされたあのパフォーマンスがみんなの脳裏に焼き付いていると...
【スペシャル動画】YOJI POP ASANOからメッセージ(2011年3月14日)
■【スペシャル動画】YOJI POP ASANOからメッセージ ■YOJI POP ASANO プロフィール 昭和60年/1985年6月1日生まれ 二才からマイケル・ジャクソ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
English
  • Englishニュースはありません。