海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

ディズニー最新作「ベイマックス」、第27回東京国際映画祭にて世界最速上映! ケア・ロボット“ベイマックス”世界初お目見え

2014年10月24日
第27回東京国際映画祭の模様第27回東京国際映画祭の模様
ディズニー映画「ベイマックス」が、2014年12月20日(土)に全国公開となる。この度、第27回東京国際映画祭が10月23日(木)に開幕し、オープニング作品である本作が世界に先駆け、ワールドプレミアとして上映された。

アメリカのディズニー・スタジオより、第三の黄金期到来と呼ばれるディズニーのアニメーション作品すべてを統括するチーフ・クリエイティブ・オフィサーのジョン・ラセター、本作で監督を務めるドン・ホールとクリス・ウィリアムズ、プロデューサーのロイ・コンリ、そしてディズニー・アニメーション・スタジオのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるアンドリュー・ミルスタイン、日本語吹替版キャストである、主人公ヒロを優しく守る家族の役を演じた菅野美穂(キャス役)、小泉孝太郎(タダシ役)がレッドカーペッドに登場、オープニングイベントを盛り上げた。

「ディズニーの夢がいっぱいでキラキラしたイメージから選んだ」という星のスパンコールが散りばめられたエレガントなドレスに身を包んだ菅野美穂と、小泉孝太郎が「この場にいられることが光栄」とキリッと着こなしたスーツ姿でレッドカーペットを歩くと、観客からは大歓声が巻き起こった。

さらに、本作の主人公“ベイマックス”が世界で初めて公の場に登場。抱きしめたくなるほどやわらかいフワぷにの体でヨチヨチ歩く愛らしいその姿に、会場に集った2800人の観客から「かわいい!!」という大歓声が飛び交った。菅野美穂も“ベイマックス”を見るや抱きつき「マシュマロみたいで気持いい! もっとハグしていたい」とすっかりその魅力にメロメロになっていた。

映画「ベイマックス」は、「アナと雪の女王」で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録しているウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作。早くから、日本文化に色濃く影響されたその舞台やキャラクターに注目が集まり、白くて大きな“フワぷに”なベイマックスが人気を獲得してきたが、ついに、この優しすぎるロボットと最愛の兄を失った少年ヒロの絆を描いた感動アドベンチャーの全容が、このワールドプレミアでそのベールを脱いだ。

日本の文化や街並みを徹底的に研究し、サンフランシスコと東京を融合した都市“サンフランソウキョウ”を舞台とする本作を世界最速上映することについて、「日本でワールドプレミアを迎えることをすごく楽しみにしていたんだ! サンフランソウキョウは僕の大好きな日本とサンフランシスコをマッシュアップした最高に魅力的な街だから、日本に皆さんにも気に入って貰えると嬉しいよ!」と興奮気味にジョン・ラセターは語った。

フォトセッションでは、駆け付けた安部晋三内閣総理大臣と並び、上映前の期待感と熱気に包まれながら、キャストとフィルムメイカーたちが満面の笑みを見せた。

第27回東京国際映画祭の模様第27回東京国際映画祭の模様


オープニング・セレモニーに続いて、待望のワールドプレミア上映が世界に先駆けて行われた。

“ベイマックス”のキュートすぎる姿に会場では笑いが起こり、美しく描かれた“サンフランソウキョウ”の街には驚嘆の声がもれた。そして、会場を後にする頃には観客たちの笑顔と驚きは感動の涙に変わり、ワールドプレミアは大盛況のうちに幕を閉じた。

ハリウッドがかつてないほど“日本”に近づき、徹底的な日本リサーチと、リスペクトの思いを注ぎ込んで誕生させた奇跡の映画「ベイマックス」は、12月20日(土)全国公開。

【動画】映画「ベイマックス」予告編



■ ストーリー

謎の事故によって最愛の兄タダシを失ってしまった14歳の天才少年ヒロ。幼い頃に両親を亡くしたヒロにとって、唯一の理解者であり、最愛の存在であった兄の死は余りにも耐え難く、彼は深く心を閉ざしてしまう。そんな彼の前に突如現れたのは、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つベイマックス。彼は、亡きタダシが人々の心とカラダを守るために開発したケア・ロボットだった。「どのくらい痛いですか?」「泣きたい時は泣いていいのですよ」…ベイマックスの献身によって、ヒロは少しずつ元気を取り戻していく。

兄の死に疑問を持つヒロは手がかりを追うが、何者かに襲われ辛うじて難を逃れる。世界の脅威となる巨悪の存在に気づいた彼は、兄のために戦う決意をするが、彼の味方は人を傷つけることを禁じられ戦うことには全く向かない、優しすぎるケア・ロボットしかいない。だが、ヒロはまだ気づいていなかった。兄タダシがベイマックスに託した、驚くべき“本当の使命”を…。


■ 公開情報

「ベイマックス」
12月20日(土) 全国ロードショー

監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ
製作:ロイ・コンリ
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
声の出演:菅野美穂(キャス役)、小泉孝太郎(タダシ役)
© 2014 Disney. All Rights Reserved
公式サイト:Disney.jp/BAYMAX/
 
ディズニーアニメ最新作「ベイマックス」“日本の夕焼け”をテーマにした美しいポスター解禁(2014年10月20日)
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作であり、愛らしさに満ちた新キャラクターの魅力で注目を集めている「ベイマックス」の本ポスターがついに完成。使用されたビジュアルは今回日本のために製作...
ディズニー・アニメ最新作「ベイマックス」“フワぷに”ボティーが魅力のロボット、ベイマックスが300体も来日中(2014年10月7日)
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作「ベイマックス」が、12月20日(土)に全国公開となる。愛らしさに満ちたその魅力で注目を集めている“ベイマックス”が、なんと300体も来日している...
どこまでも“日本びいき”なディズニー最新作「ベイマックス」最新ポスター解禁! 主人公のフルネームも明らかに(2014年10月1日)
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作であり、愛らしさに満ちた新キャラクターの魅力で注目を集めている「ベイマックス」が、12月20日(土)に全国公開となる。それに先駆け、本作の最新ポス...
ディズニーアニメ最新作「ベイマックス」前売り券が驚異的な売れ行き! 発売開始2日間で「アナ雪」を大きく上回る! 特典の“フワぷにストラップ”も大好評(2014年9月19日)
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作であり、愛らしさに満ちた新キャラクターの魅力で注目を集めている「ベイマックス」(12/20公開)。9月13日(土)から全国の劇場にて、“ベイマック...
菅野美穂&小泉孝太郎、ディズニー声優初挑戦! 映画「ベイマックス」日本語版声優に決定(2014年9月18日)
「アナと雪の女王」で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録しているウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。そのスタジオ最新作であり、早くも愛らしさに満ちたキャラクターの圧倒的な魅力が世界中から注...
世界を席巻するディズニー・アニメ部門のトップ ジョン・ラセター氏の来日が決定! 東京で開催される、最新作「ベイマックス」ワールドプレミア参加へ(2014年8月27日)
ディズニー・アニメーション最新作「ベイマックス」が、12月20日(土)より全国公開を迎える。それに先駆け、本作の製作総指揮であり、ディズニー・アニメーション部門TOPのジョン・ラセターが来日することが...
ディズニー新作アニメにはサンフランシスコと東京を融合して作られた架空都市“サンフランソウキョウ”が登場!その不思議な写真が初解禁(2014年8月26日)
「アナと雪の女王」で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録しているウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。その最新作であり、愛らしさに満ちた新キャラクターの圧倒的な魅力で、既に世界中から注目を集...
日本文化に大きな影響を受けて誕生した感動アドベンチャー! ディズニーアニメ最新作「ベイマックス」予告編公開(2014年7月17日)
ディズニーのアニメーション映画「ベイマックス」が、12月20日(土)に全国公開される。それに先駆け、本作の予告編が解禁となった。 「アナと雪の女王」で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録しているウォ...
ディズニーの最新アニメ映画「ベイマックス」12/20公開決定! 日本にインスパイアされたコンセプトアートも公開(2014年6月13日)
ディズニー・アニメーション映画「ベイマックス」が、12月20日(土)に全国公開されることが決定した。 「アナと雪の女王」で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録しているウォルト・ディズニー・アニメーシ...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。