海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

サラ・バンティング役デイジー・ルイス インタビュー

2016年5月5日
サラ・バンティング役デイジー・ルイス (c)WENN.comサラ・バンティング役デイジー・ルイス (c)WENN.com
※「ダウントン・アビー」シーズン5までのネタバレとなる情報が含まれます。


「ダウントン・アビー」サラ・バンティング役デイジー・ルイス インタビュー

大人気海外ドラマ「ダウントン・アビー」シーズン5が、スターチャンネルにて、2016年5月8日(日)夜11:00より、独占日本初放送。さらにファイナルとなるシーズン6も続いて放送される。

待望の最新シーズンの放送を前にファンの期待は膨らむ一方だが、今回の日本での放送を記念して、「ダウントン・アビー」のキャストや制作者がシーズン5の見どころを語るインタビューを公開する。英国でシーズン5が放送される直前に収録されたインタビューとあって、キャストらは興奮冷めやらぬ様子でシーズン5について語っている。これを読めば、シーズン5の視聴がさらに楽しくなること間違いなし!

今回は、サラ・バンティング役のデイジー・ルイスのインタビューを紹介する。(2014年8月15日、シーズン5プレスジャンケットにて収録)

----------------------------------------

Q.「ダウントン・アビー」シーズン5が放送スタートされますが、シーズン5冒頭でサラはどのような状況に置かれているのですか?

サラはトム・ブランソン(演:アレン・リーチ)と、政治集会で出会ったの。最初はぎくしゃくすることもあったけど、徐々にお互いを知り、惹かれあっていくのね。そして彼女は、研修を受けるために去り、自分の得意な道に進んで職業教師になるの。彼女にとってはそれが天職だと思えるほど誇りと責任を感じているわ。新しい世代の教育を任されたって信じているのよ。


Q.デイジー、あなたが現実世界で教師の仕事をすることになったらできると思いますか?

まさか、私にはできないわ。素敵な仕事だと思うけど、私の性分には合わないわね。彼女(サラ)はとても強くて、勇敢でしょ。不器用なところもあるけど、仲間や若者に対する責任感には感心するわ。

でも私はずっと俳優をやってきて、サラの仕事(教師)と共通点もあると思っているの。どちらも、ただやればいいっていう仕事じゃない。人格が大事でしょ。私にとっては、物語を伝えること、サラにとっては教育することが生きがいなの。


Q.これだけ味わいのある役柄を演じることについてどう思いますか?

まさに女優として夢のような体験よ。すべてのクリスマスが一度にやってきたみたい!まだ駆け出しの俳優にとって、こんな素敵な役をもらって、それを追求することができるって。これ以上何を望めっていうの?とても自信になるわ。


Q.昨年初めて、「ダウントン・アビー」の撮影現場に足を踏み入れた時、どんな気分でしたか?

本当に怖かったわ。前の晩は食事も喉を通らず、夜も眠れなくて、撮影現場から母に5回も電話したの。撮影直前に「お母さん、私できないわ」って。

でも母は私に「うぬぼれないで」って言ったの。「ねえ、ジュリアン・フェローズ(「ダウントン・アビー」の脚本家、クリエイター)が、あなたにできるって言ってくれるんなら、どうしてあなたができないって言える立場なの」って説得してくれたのよ。


Q.「ダウントン・アビー」の時代背景についてリサーチはされたんですか?

リサーチはたくさんしたわ。たぶん当たり前のことを調べているだけだと思うけど、とても楽しかったわ。「ダウントン・アビー」のような作品では、自分が調べたことを演技に生かすことがとても大事よ。(脚本家・クリエイターの)ジュリアン・フェローズは時代背景についてよく知っているし、脚本も手掛けているわ。ただそれは、いわば(物語の)氷山の一角よ。だから俳優としての私の役目は氷山の隠れている部分を見つけ出し、理解し消化することなの。それが私のセリフの中でも活きてくるって訳なのよ。


Q.このサラの役は、今まであなたが取り組んだ役の中でもお気に入りですか?

もちろんよ。私が今までできなかった要素がすべて詰まっているわ。もちろん、ロイヤルコートで上演した「The Westbrigde(原題)」での役も楽しかったわ。2011年にロンドンで起きた暴動を題材にした演劇なんだけど、これも庶民の政治がテーマになっていたのね。人種差別についていくつかの地域が対立するという物語なんだけど、私が演じたのは、上流階級、チェルシー出身のブロンドの女性で、アフリカ系アメリカ人の男性としか付き合わない役だったの(笑)。

私は社会のすみっこにいるようなキャラクターを演じることが多いの。社会の端っこや隙間にいる人たちこそ、一番面白いと思うんです。もちろんそういう役は楽じゃないですけどね。プリンセスじゃないわけだから。


(インタビュー終わり)

■ダウントン・アビー シーズン5

5月8日(日)よる11:00より
スターチャンネルにて独占日本初放送!
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。