海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

執事カーソン役ジム・カーター インタビュー

2016年5月5日
執事カーソン役ジム・カーター (c)WENN.com執事カーソン役ジム・カーター (c)WENN.com
※「ダウントン・アビー」シーズン5までのネタバレとなる情報が含まれます。


「ダウントン・アビー」執事カーソン役ジム・カーター インタビュー

大人気海外ドラマ「ダウントン・アビー」シーズン5が、スターチャンネルにて、2016年5月8日(日)夜11:00より、独占日本初放送。さらにファイナルとなるシーズン6も続いて放送される。

待望の最新シーズンの放送を前にファンの期待は膨らむ一方だが、今回の日本での放送を記念して、「ダウントン・アビー」のキャストや制作者がシーズン5の見どころを語るインタビューを公開する。英国でシーズン5が放送される直前に収録されたインタビューとあって、キャストらは興奮冷めやらぬ様子でシーズン5について語っている。これを読めば、シーズン5の視聴がさらに楽しくなること間違いなし!

今回は、執事カーソン役のジム・カーターのインタビューを紹介する。(2014年8月15日、シーズン5プレスジャンケットにて収録)

----------------------------------------

Q.シーズン5の撮影でどんなことが楽しかったですか?

履きなじんだ古いスリッパをすばやく履くような感じなんだよ。敬意を込めて例えるんだけど、映画「恋はデジャ・ブ」みたいに「ほら、また戻ってきた」という感じだね。撮影のロケ地は限られてるからね。映画「ブラス!」でも共演したスー・ジョンストン(グラディス・デンカー役)が加わってくれてすごくうれしいよ。彼女はすぐになじんで、もうすでに家族みたいだよ。


Q.今シーズン、あなたの役はどこから始まるのですか?

いつも通り仕事だね、カーソンは変わらないよ。ほかのキャラクターたちの生活は移り変わるけど、それは階段の上の人たちの話。僕たちはいつも同じパターンさ。

だけどそんなカーソンにも少しばかりの変化が起こるんだ。彼は階上の人と階下の人を結ぶ重要な人物で、全体のドラマをしっかり支えている。もうひとりの父親と言ってもいいぐらいだね。

グランサム伯爵(ヒュー・ボネヴィル)が階上の父親で、カーソンが階下の父親みたいなものさ。きっとみんなが彼には大きく変わってほしくないと思ってる。


Q.撮影現場は陽気な雰囲気ですか?

それが僕たちの仕事のすばらしいところさ。笑っていいんだ。15~20人くらいのキャストがいて、リリー・ジェイムスからマギー・スミスまで、幅広い年齢の人がいる。階級制度がないことが芝居の素晴らしいところだね。ステータスを競っているわけじゃない。きっと会社とかだと、階級制度があって大変なんじゃないかな。僕らは仕事をただ楽しむだけだけど、無秩序にやってるわけじゃなくて、人生は楽しむべきものだから楽しんでいるのさ。

楽しむことは日々をやり過ごすのに必要なんだよ。ときには退屈な日々もあるからね。例えば、2分半のディナーパーティーのシーンを10人で撮影するとしたら、丸1日かかるんだよ。ただただ同じセリフを繰り返す、それには相当な忍耐力が必要なんだ。スタッフたちがリラックスしていてくれて助かるよ。彼らの素晴らしい仕事のおかげで、僕らはよく笑い、いい仕事ができるんだ。キャストだけの問題じゃなく、スタッフとの連携が大事なんだよね。


Q.なぜ本作は国際的に成功したと思いますか?

よくできたホームドラマだからじゃないかな? 色々な年代のさまざまなキャラクターがいて共感できる。いろんな意見があると思うけど、僕なりの見解では、人って色々な人と恋に落ちるよね。トーマスを好きな人も嫌いな人もいるだろうし、ローズに恋する人もいる。カーソンと家政婦帳ヒューズが好きな人もいる…、言葉でうまく説明できなくて、それは一瞬で火がつくようなものなんじゃないかな。


Q.思いがけない場所で視聴者に見つけられたしますか?

この作品が成功したんだなと初めて思ったのは、シーズン1が放送された頃、イギリスがインドとローズ・クリケット・グラウンドで試合をしていた時だね。僕もそこにいたんだけど、それまでインド人コミュニティの人たちには知られてなかったのに、突然インドの人々が「ミスター・カーソンだ!ミスター・カーソンだ!」と叫び出したんだ。

その時、「新しい、変だぞ、今までこんなことなかった」と思ったね。以来、ニューヨークでもカンボジアでもシドニーでもブルージュでもストックホルムでも声をかけられるようになったよ。ストックホルムではある男性が、「ミスター・カーソン。あなたはわたしの理想だ」と言ってきた。スウェーデンでは9人に1人が「ダウントン・アビー」を見ているそうなんだ。それも驚きだね。


Q.長いキャリアの中でも、カーソンが最も世間に認知された役柄なんでしょうか?

本当に光栄だよ。これまでは、「『心理探偵フィッツ』で見た人」とか「あのテリーだ!」とか、何で僕を知ったかもあいまいな人ばかりだった。今ではすっかり“カーソン”として認知されてるよね。

少し恥ずかしい気もするけど、資金調達の際に僕のプロフィールが役立つというのはメリットだね。チャリティの時にたくさんのお金を集められることはすごくありがたい。マダガスカルで自転車のイベントをやるんだけど、それは僕とイメルダが後援している「リチャード・ハウス」という子どもたちのためのホスピスのためなんだ。

他にも、「グリーンフィンガーズ」という子供たちの施設の庭を作るチャリティや、耳の聞こえない子供たちのための組織の副代表もやっていて、たくさんの資金が調達できている。他のチャリティ団体に頼まれて講演などをやることもあるよ。僕はセレブリティ文化って好きじゃないんだけど、扱いようによってはいいこともあるよね。

ただ僕とイメルダにもプライベートはあって、パブリシティに媚びたりもしないし、自分たちのエゴのために利用したりはしないよ。


Q.階上と階下のシーンをうまく両立させるための戦略などあれば教えてください。

召使いの仕事はたくさんあってね。僕とロブ・ジェームズ=コリアー、ケヴィン・ドイルが特に仕事が多くて、あまりオフの時間はないんだ。

僕らが階上にいるとき厨房スタッフは休みで、僕らが階下にいるときは階上の家族たちは休みという感じにね。僕らはいつも仕事に追われているけれど、階下にいるときは忙しくて日々はどんどん過ぎていき、階上にいるときは黙って食事やワインを給仕していて、そういう日々はとにかく忍耐で乗り切るしかないね。


Q.今では洒落たディナーパーティーもお手のものですか?

全然そんなことないよ(笑)。僕の能力は前のまま。ワインをデカンターじゃなくて瓶からそのまま注ぐし、自宅ではテーブルでくつろいでるよ。


Q.実際に従者として働くことは想像できますか?

とんでもないよ(笑)。「自分で食べろ、自分でワインを開けろ、自分でドアを開けろ、大人になれ!」って言いたいね。そんなルーティーンの仕事は気が狂っちゃうよ。芝居でも大変なのに、実際にやるなんて悪夢だよ。

「おお、ワインがなくなったぞ」「はい。だから何?」「銀食器が磨かれてないぞ」「だから何? 落ち着けって!」って感じだね。

僕らはテネリフェ島の素敵なホテルで休暇を過ごしたんだ。部屋がアップグレードされたのはうれしかったんだけど、執事まで提案されて、「冗談だろ?僕らは周りに人に立っていられたくないし、自分のお茶くらい自分でいれられるよ」ってね。あまり人に気を使われるのは大嫌いだね。


Q.シーズンの合間は何をされているのですか?

自転車のチャリティイベントとかするけど、他の仕事を探すことはしないね。もし仕事が舞い込むとしたら、相当いい仕事じゃないとやらないよ。ずっと仕事をしていなくても僕の人生は満たされているからね。

「ダウントン・アビー」のシーズン撮影は6か月かかるから、シーズンの合間は映画を見に行ったり、友達に会ったり、自転車に乗ったり、旅行をしたり、妻の仕事をのぞいたりといった感じかな。若手の役者たちはそこら中を飛び回っているけど、僕には必要ないことだね。


(インタビューおわり)

■ダウントン・アビー シーズン5

5月8日(日)よる11:00より
スターチャンネルにて独占日本初放送!
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。