海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

「キック・アス」ヒットガールでおなじみクロエ・グレース・モレッツが新作「キャリー」舞台あいさつに登場! 笑顔で血まみれの撮影を語る

2013年10月24日
クロエ・グレース・モレッツクロエ・グレース・モレッツ
人気女優クロエ・グレース・モレッツ(16)が、新作映画「キャリー」をひっさげ来日。本作の舞台挨拶に登場した。

本作は、ホラーの帝王 スティーブン・キングの原作を基に、より忠実に作られた、“世界一不幸な少女・キャリー”の青春残酷物語。監督は「ボーイズ・ドント・クライ」でヒラリー・スワンクにアカデミー賞主演女優賞をはじめ、数々の賞もたらしたキンバリー・ピアース。キャリー役には、「キック・アス」のヒットガールで人気に火がつき、ティーン女優NO.1となったクロエ・グレース・モレッツ。そして、キャリーの狂信的な母親を「めぐりあう時間たち」の演技派ジュリアン・ムーアが怪演。全米では10月18日公開、日本では11月8日に全国公開される。

クロエは、10月23日(水)、都内の劇場で行われた舞台あいさつに登場。登場するなり、笑顔で「こんにちは~、クロエちゃんです」と日本語であいさつ。劇場に集まったファンからは、さっそく「かわいい~!」との声が上がった。



最初の来日はクロエが広く知られることとなった大ヒット映画「キック・アス」の公開前だったため、その時には日本にまだクロエを知る人はいなかったという。そのため、今回は観光客としての初来日とは全く違うもので、たくさんのファンと会えてうれしいと話した。

クロエが演じる本作の主人公キャリーは、脆さやナイーブさ無垢さを持っている一方で世界に対して強い興味を持っている女の子。これが3度目の映画化だが、クロエは、76年に制作された映画では表現されなかった側面を、21世紀スタイルの“モダンなキャリー”として演じたいと話した。

さらに今回ジュリアン・ムーアと共演したクロエは彼女について、「女優としてとても成功しているけど、夫も子どももいて幸せな私生活を送っている人。わたしも俳優として様々なことを成し遂げられて、かつ美しい家庭を持てるんだと思った」と話し、自身の将来への期待を語った。

本作では、キャリーが血をかぶる名シーンがある。クロエはこの撮影のために、1か月半も血のりまみれになっていたと明かした。髪や耳、足の先まで血だらけだったという。「血をかぶって『やっとキャリーになれた』と感じた」「準備に2時間、撮影に3時間もかかって大変だったけど、血まみれのキャリーがみんなの知るキャリーだから」と女優魂をのぞかせた。

ちなみに、クロエはこのイベントにミュウミュウの赤い水玉のドレスに、黒いプラダのハイヒールというファッションで登場。「オシャレですね」とMCに言われると、来日のために自分で選んだ服だと明かした。「エネルギーが高くて、日本のファッションは世界中のどこよりも楽しいわ。自分もがんばろうってこの服を選んだの」

クロエはこの日は、原宿で買い物をしていたという。原宿では「6% dokidoki」というショップでユニコーンのセーターをゲット。「とってもステキなの。帰国するときに空港で着るかもね。待ちきれないわ!」ととても気に入っている様子で話した。

最後に、本編中でキャリーがプロム(アメリカやカナダで学年の最後に開かれるフォーマルなダンスパーティー)に誘われるシーンにちなんで「ダンスに誘われるとしたらどんな男の子に誘われたい?」という質問に、クロエは「わぁ~、とってもスウィートね」と満面の笑み。「優しくて楽しい人がいいわ。でも重要なのは、女優だからとしてではなく、ありのままのクロエとして誘ってくれることね」と、16歳の少女クロエとしての本音をもらした。

最後に、「泣いたり笑ったり大声をあげてしまったり、まるでジェットコースターに乗ってるような経験ができる作品よ。是非みてね」と本作をアピール。クロエはイベント中、終始笑顔でファンたちに視線を送り、手を振ったりうなずいたりと、ファンサービス満載でご機嫌の様子だった。



映画「キャリー」は、11月8日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー。

【動画】 映画「キャリー」予告編


■ 公開情報

「キャリー」
11月8日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー

監督:キンバリー・ピアース
出演:クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア
配給:ソニー・ピクチャーズ 
//www.carrie-movie.jp/

“最強少女”クロエ・グレース・モレッツが来日! さっそく日本のハイテクトイレにビックリ!?(2013年10月22日)
映画「キック・アス」シリーズのヒット・ガール役で大ブレイクを果たした人気若手女優クロエ・グレース・モレッツ(16)が、最新主演作「キャリー」のプロモーションのため、3年ぶり2度目の来日を果たした。
あのコワ~いキャリーが本当に現れたら? 巧妙すぎるドッキリ企画に逃げ惑う人たち[動画あり](2013年10月8日)
“ホラーの帝王”スティーブン・キングの小説を基にした映画「キャリー」(1976)。人気ティーン女優クロエ・モレッツを主演に迎え、再映画化された同作の全米公開を10月18日に控え、ニューヨークのとあるカ...
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
English