海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

本年度アカデミー賞最有力! 映画「キャロル」主演ケイト・ブランシェット、6年ぶりの来日決定

2016年1月6日
ケイト・ブランシェット(右)ケイト・ブランシェット(右)
© NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED
ゴールデングローブ賞最多ノミネートを果たし、アカデミー賞最有力候補の映画「キャロル」が2月11日(木・祝)より全国公開される。

「ドラゴン・タトゥーの女」で、いきなりアカデミー主演女優賞にノミネートされた若手女優ルーニー・マーラと、「ブルー・ジャスミン」でついにアカデミー主演女優賞を射止めた大女優ケイト・ブランシェットが競演。

監督は、「エデンより彼方に」の鬼才トッド・ヘインズ。原作は、「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」の大人気作家パトリシア・ハイスミスが別名義で発表しながらも大ベストセラーとなった幻の小説。

50年代ニューヨークを美しく再現した魅惑的な衣装、名曲の数々、流麗なキャメラ...。まさに夢のような映画にワールドプレミアとなったカンヌは熱狂に包まれ、ルーニー・マーラが見事女優賞の栄冠を手に。

11月20日(金)、アメリカのニューヨークとロサンゼルスの4館で先行公開を迎え、大ヒットスタートを切り、有力紙・批評サイトでは

「ケイトとルーニー、今年のアカデミー賞確実!」
―The Rolling Stone

「エレガントでクール、眩惑的でミステリアスな魅力に震える」
―NYタイムズ

「数々の素晴らしきラブストーリーの殿堂に、新たな傑作が仲間入りした」
―LAタイムズ

など、今年最大級の賛辞で迎えられ、昨年12月10日(木)に発表された、アカデミー賞の行方を占う最大の前哨戦として注目される第73回ゴールデングローブ賞において、本作が作品賞・監督賞・作曲賞、そして異例となるケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの二人が主演女優賞にWノミネートし最多となる4部門5ノミネートを達成し華麗にアカデミー賞レースのトップに立った本作。

この度、主演女優のケイト・ブランシェットが1月22日(金)に来日し、ジャパンプレミアへの登壇と映画のプロモーションを行うことが決定した。ケイト・ブランシェットの来日は2007年11月、2010年1月以来6年ぶり3回目。

そして来日し、映画のプロモーションを行うのは今回が初となる。ケイト・ブランシェットは、当日都内劇場で行われる「キャロル」ジャパンプレミア上映への登壇などのプロモーションを行う予定。


■ケイト・ブランシェット プロフィール

1969年、オーストラリア・メルボルン生まれ。異色のラブ・ストーリー「オスカーとルシンダ」(97)で好評を博す。「エリザベス」(98)で若き女王エリザベス一世を見事に演じ、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門主演女優賞等を受賞。「アビエイター」(04)では大女優キャサリン・ヘプバーンを華やかに演じ、アカデミー賞助演女優賞を初受賞。

その後も「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(07)で主演女優賞、「アイム・ノット・ゼア」(07)で助演女優賞と、同年にそれぞれ主演・助演でアカデミー賞にノミネートされるという快挙を果たし、ついに、「ブルージャスミン」(13)でアカデミー賞主演女優賞に輝いた。

その他の主な出演作は、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ(01-03)、「バベル」(06)、「あるスキャンダルの覚え書き」(06)、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(08)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(08)、「ホビット」シリーズ(12-14)、「シンデレラ」(15)、「ミケランジェロ・プロジェクト」(15)などがある。また、本作では初のエグゼクティブ・プロデューサーを務める。


■ストーリー

1952年、ニューヨーク。クリスマスシーズン。ジャーナリストになる夢をひそかに抱くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。

そんな彼女の前にある日、娘へのプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。このうえなくエレガントで美しく、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すそのひとに、目を奪われるテレーズ。

売り場に皮の手袋を忘れたキャロルのため、テレーズは人形の送り先伝票にあった彼女の住所に手紙を書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、夫は彼女を飾りにしか思っていない事、離婚訴訟の真っ最中で、何より大切な娘の親権を夫に奪われようとしている事を知る。

そして、クリスマス休暇。別居中の夫に娘を連れて行かれ、孤独なキャロルは、車での小旅行にテレーズを誘う。キャロルへの想いが、最初は予想もしなかった感情に変わっている事に気づきながら、テレーズは二人だけの旅に出発。しかしこの時、この旅がきっかけで、二人の運命が大きく動きだす事を二人は知らなかった...。


■公開情報

映画「キャロル」

2016年2月11日(木・祝)より、全国ロードショー

配給 : ファントム・フィルム
監督 : トッド・ヘインズ
出演 : ケイト・ブランシェット、ルーニ・マーラ
原作 : 河出文庫「キャロル」パトリシア・ハイスミス著


■リンク
・公式サイト : carol-movie.com
・公式ツイッター : @carol_movie

© NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED
 
アカデミー賞最有力映画「キャロル」予告編解禁! ケイト・ブランシェット×ルーニー・マーラ競演の心揺さぶる愛の名作(2015年12月2日)
ルーニー・マーラと、大女優ケイト・ブランシェットが競演した映画「キャロル」が20...
第73回ゴールデン・グローブ賞 ノミネート発表[映画部門]「キャロル」が最多4部門5ノミネート! 坂本龍一が作曲賞にノミネート(2015年12月11日)
アメリカ現地時間、12月10日、第73回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが...
ハリウッド女優の豪華すぎる衣装のお値段が明らかに! アカデミー賞授賞式でのケイト・ブランシェットの衣装代は驚愕の18億円(2014年3月19日)
現地時間3月2日(日本時間3月3日)に行われた第86回アカデミー賞受賞式で見事主...
「ドラゴン・タトゥーの女」続編の可能性はなし!? 主演女優ルーニー・マーラが明かす(2015年2月23日)
スティーグ・ラーソン作のベストセラーシリーズ「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。